新しい電力会社に興味はあるけど、色々調べるのがメンドウ。

そんなあなたも、これを読めば、あなたに最適な電力会社が5分で分かります。
※2018年7月1日以降の新料金で計算しています。
新電力の選び方

結論は? 最安値は?

新電力のシェア上位15社+新登場1社を料金で比較した結果です。
(詳細の比較表は記事後半に掲載しています。)

あしたでんき、Looopでんきが安い

目安として2人以上の家族(月の電気使用量300kWh以上)では、最安値が「あしたでんき」。
僅差で「Looopでんき」になります。

あしたでんきに切り替えた場合、
月300kWh使用: 年間約6,500円お得!
月400kWH使用: 年間約1万5,200円お得!
月500kWH使用: 年間約2万3,900円お得!!
月600kWH使用: 年間約3万2,600円お得!!!

電気を使う量が多いほど、切り替えるとお得です!

あしたでんきとは

あしたでんき
あしたでんきは、東京電力グループの新電力で2018年5月にスタートしたばかり。

基本料金0円で従量料金が一定の標準プランと、基本料金が3,000円で従量料金が安くなるプランの2種類があります。

解約時の違約金もないので人気です。

あしたでんきについて詳しくはこちら
「あしたでんき」のメリットと注意点を、わかりやすく解説!

いますぐ公式サイトでシミュレーションしてみるならこちら
あしたでんき

Looopでんきとは

looopでんき
Looopでんきは、東日本大震災をきっかけに設立された太陽光発電の電力会社で、新電力のシェア10位。
経済産業省2018年12月14日発表資料より)

基本料が0円のプランを他社に先行して始めたのですが、最近は他社に真似されて苦戦しています。

メリットとして、電気代節約チェッカーという機能があり、切り替え前にくらべてどのくらい電気代がお得になったのかひと目で分かるのが好評です。

解約時の違約金もないので、とりあえず試してみて、納得して使い続ける人が多いようです。

Looopでんきについて詳しくはこちら
Looopでんきは基本料金0円? 申し込む前に注意点と評判をチェック!

いますぐ公式サイトでシミュレーションして見るならこちら
基本料金「0円」の【Looopでんき】料金シミュレーション

主要新電力の電力料金比較

新電力のシェア上位15社を中心に、主要な新電力の電気料金を比較してみるとこちら。
経済産業省2018年12月14日発表資料より)

【主要電力会社の電気料金比較】
関西電力エリア

※表は横にスクロールします→
全国
シェア
電力会社 お得度 2人家族
月300kWh
3人家族
月400kWh
4人家族
月500kWh
5人家族
月600kWh
6人家族
月700kWh
備考
(計算条件)
1位
(20%)
東京ガス
※関東のみ
2位
(11%)
auでんき
詳細
× 6,777円 9,367円 12,097円 14,828円 17,558円 ※5千〜8千円で3%、8千円以上で5%ポイント還元
-212円 -498円 -644円 -789円 -935円
3位
(10%)
大阪ガス
詳細
× 6,776円 9,365円 12,098円 14,831円 17,564円 ※都市ガスとセットのベースプランA-G
-213円 -500円 -643円 -786円 -929円
4位
(6%)
ENEOSでんき
詳細
6,522円 9,119円 11,717円 14,315円 16,913円 ※Tポイント200円毎1P還元
※2年とくとく割0.2円/kWh割引
解約金1,080円
-467円 -745円 -1,024円 -1,302円 -1,580円
5位
(6%)
ハルエネでんき
詳細
× 6,972円 9,848円 12,724円 15,600円 18,476円
-17円 -17円 -17円 -17円 -17円
6位
(4%)
ソフトバンクでんき
詳細
6,900円 9,200円 11,500円 13,800円 16,100円
-89円 -665円 -1,241円 -1,817円 -2,393円
7位
(2%)
エネワンでんき
※エリア外
8位
(2%)
イーレックス
詳細
× 6,807円 9,485円 12,163円 14,841円 17,519円
-182円 -380円 -578円 -776円 -974円
9位
(2%)
J:COM関西 × 6,989円 9,865円 12,741円 15,617円 18,493円
0円 0円 0円 0円 0円
10位
(2%)
Looopでんき
詳細
6,600円 8,800円 11,000円 13,200円 15,400円
-389円 -1,065円 -1,741円 -2,417円 -3,093円
11位
(2%)
東急でんき
※関東のみ
12位
(1%)
J:COM関東
※関東のみ
13位
(1%)
じぶん電力
※受付停止中
14位
(1%)
eoでんき
詳細
× 6,638円 9,370円 12,102円 14,834円 17,566円 ※eo光ネットとセット利用プラン
-351円 -495円 -639円 -783円 -927円
15位
(1%)
ミツウロコでんき
詳細
6,913円 9,438円 11,963円 14,488円 17,013円
-76円 -427円 -778円 -1,129円 -1,480円
新登場 あしたでんき
詳細
最安 6,450円 8,600円 10,750円 12,900円 15,050円
最安値
-539円
最安値
-1,265円
最安値
-1,991円
最安値
-2,717円
最安値
-3,443円
参考 関西電力新プラン
(eおとくプラン)
詳細
× 6,702円 9,492円 12,282円 15,072円 17,862円 ※ガスセットで2%割引
※はぴeみる電の省エネアドバイス利用で年900P還元
-287円 -373円 -459円 -545円 -631円
基準 関西電力
従量電灯A
6,989円 9,865円 12,741円 15,617円 18,493円

※再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額は各社同額なので除く。

これを見ると分かるように、関西電力旧プラン(従量電灯A)の人は、

  • どこの新電力にしても、とにかく乗り換えた方がお得。
  • 電気を多く使う家庭ほど、乗り換えるとお得。
  • 最安値はあしたでんき。僅差でLooopでんき。

ということが分かります。

電力会社選びのポイント3つ

電力会社を選ぶポイントをまとめました。

ポイント1:運営会社の実績

電力会社を選ぶ際の1つ目のポイントは運営会社の実績。

契約件数が1万件を超えているか、大手の電力会社を選びましょう。

この点、シェア上位15社なら最低でも契約件数は4万件以上。

その他の電力会社も大手が運営しています。

新電力と呼ばれる会社は300社以上、いくら電気代が安くなっても、誤請求などがある会社はやはり不安ですよね。

一応、契約先が倒産した場合でも電気の供給が止まることはありませんが、無用な心配は避けましょう。

ポイント2:解約時の違約金なし

電力会社を選ぶ2つ目のポイントは解約時の違約金が無いこと。

会社によっては違約金が発生するところもあります。

【解約違約金が発生する電力会社】
1年未満の解約で違約金
H.I.Sのでんき(2,000円)
eo電気(3,000円)
契約期間内解約で違約金
J:COM関西(最大2万円・コースによって異なる)

違約金の額は携帯電話やインターネットに比べると安いですが、契約時にはよく確認しておきましょう。

ポイント3:使用量が最大の月(2月)で比較

電力会社を選ぶ3つ目のポイントは、電気使用量の比較を一番多い月(2月)で比較すること。

実は家庭によって、電気使用量の季節差は大きく変わります。

電気料金をチェックするときは、一年で一番多い使用量の月で比較するのがオススメです。

季節による使用量の差は平均1.8倍

一般的に、電気使用量は2月が最大。

総務省の調査によると、2月の電気使用量は1.8倍に!

【一般世帯(2人以上)の1ヶ月平均電気使用量】

電気使用量の季節変化

(総務省統計局/家計調査より)

暖房に何を使うかでそれ以上の差になることもあります。

こうなると電気代も大きく変わってしまうんです。

シミュレーションも誤差が多い

電力会社の比較サイトなどでは、電気料金のシミュレーションができますが、あくまでも目安。

電気の使い方や季節による使用量の差は家庭によって大きく違うため、誤差が大きいのです。

最大使用量で比較する理由は、電気代が最も高い時期にどれだけ節約できるかが分かるから。

あなたのご家庭では季節ごとの電気使用量がどれだけ違うのか、まずはチェックしてみてくださいね。

電気使用量が少ない家庭はセット割とポイント

電気の使用量が少ない家庭は、セット割やポイントサービスも含めて電力会社を比較しましょう。

電気代に比べるとお得度は低いですが、チリも積もれば…といいますからね。

【電力会社のポイント一覧】
表はスクロールします→
 TポイントPonta楽天nanacoWAONdポイントPASMOANAマイルJALマイル
東京ガス1.5%1.5%1.5%1.5%1.5%1.5%---
auでんき---------
大阪ガス---------
ENEOSでんき0.5%------0.5%-
エネワンでんき-0.5%---0.5%--0.25%
東急でんき------1%0.75%0.5%
J:COM関西---------
ソフトバンクでんき5kWhにつき50ポイント--------
eoでんき---------
Looopでんき---------
まちエネ-1%---1%--0.5%
J:COM関東---------
じぶん電気
北海道ガス---------
楽天でんき--0.5%------
HISのでんき---------
北海道電力-------
東北電力------
東京電力0.5%0.5%-0.5%0.5%----
中部電力0.5%--0.5%0.5%0.5%--0.25%
関西電力-0.64%0.64%0.64%0.64%0.64%-0.4%-
中国電力----0.5%----
九州電力---------

都市ガスとのセット割

大阪ガス

新電力シェア3位の大阪ガス。

都市ガスとのセット利用だと、電気料金がお得になります。

ただお得といっても、先程の比較表の様に、他の新電力ほどお得にはなりません。

ほとんどの場合は、あしたでんき、Looopでんきの方がお得になります。

ガスと電気のセットについてはこちらも合わせてお読み下さい。
関西電力と大阪ガスの料金比較!〜電気ガスセット割〜

大阪ガスについて詳しくはこちらの公式サイトで
大阪ガスのでんき

料金でなく自然エネルギー100%で選ぶなら

もしあなたが、電気料金は今のままで良いので、子どもたちの世代に豊かな地球を残したいと思うなら、実質100%自然エネルギーという選択肢もあります。

自然電力のでんきでは、今までの従来電力料金とほぼ同じ料金で、実質100%自然エネルギーの二酸化炭素(CO2)排出ゼロの電気を選ぶことができます。

シミュレーション・お申込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自然電力のでんきについて詳しくはこちら
「自然エネルギー100%の電気」自然電力のでんきを選ぶメリットとは

まとめ

関西電力エリアでは、セット割を含めて考えても、ほとんどの場合であしたでんきが最安という結果になりました。

大阪ガスは、大量に広告を出しているのでシェアは3位ですが、あまりお得にならないのが気になります。

あしたでんきは、東京電力のグループ会社。

Looopでんきは、大阪ガスに比べると知名度は低いですが全国シェア11位。

楽天電気は、あの楽天が運営。

どれも安心して選べるかと思います。

契約も解約も無料なので、まずは試しに利用してみるのもありですね。

いますぐ公式サイトでシミュレーションしてみるならこちら
あしたでんき
Looopでんき