旅行会社としておなじみのH.I.S.では、電力自由化に伴い電気の販売をスタートしました。

全国どこでも5%安くなるという分かりやすい料金設定が好評です。

旅行会社と電気という意外な組み合わせに気になることもたくさん。その特徴や注意点などを解説します。

いまさら聞けないH.I.S.ってどんな会社?

旅行業界大手である「H.I.S.」。誰もが一度くらいはその名前を聞いたことがあることでしょう。

1980年に澤田秀雄氏がドイツ留学の経験から創業した旅行ベンチャー企業。
1996年には航空会社スカイマークエアラインズを設立。
2004年に東証一部上場
2010年には倒産寸前の長崎ハウステンボスを買取り、V字回復で国内有数の人気テーマパークに。
2011年にJTBグループを抜いて旅行会社のNo.1になりました。

そのH.I.S.が2016年4月から電気の販売を始めました。契約件数は2016年4月に1万件を突破しています。

なぜ電力事業?

旅行会社と電気、一見無関係にも思えますが、H.I.S.ではどのように電気を調達し、どのような料金体系となっているのでしょうか。

ハウステンボス生まれの会社

ご存知の方も多いと思いますが、H.I.S.は長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」を運営しています。このハウステンボスでは、優れた下水処理施設や生ごみリサイクルのコンポストシステムといった、環境に優しい取り組みを行っています。

そんなハウステンボスでは、2015年に電力事業を行うHTBエナジー株式会社を創設。主な発電方法は再生可能エネルギーやLNG火力発電、地熱発電といった環境に優しいものとなっています。

H.I.S.ではこのHTBエナジーから電気を調達し、私たちに販売しています。

供給エリアと電気料金

H.I.S.では、現時点で北陸電力、四国電力、沖縄電力管内を除いたエリアに電気を供給。電気料金についても、従来の電力会社のエリアごとに料金が設定されています。

いずれのエリアも、従来の電力会社による料金と比較して5%安い料金設定となっています。

北海道電力管内向けプラン

【北海道電力管内向け料金】
料金区分 北海道かにプラン
従量電灯B
基本料金30A954.18円
40A1,272.24円
50A1,590.030円
60A1,908.36円
従量料金〜120kWh22.37円/kWh
120kWh
~280kWh
28.24円/kWh
280kWh〜31.71円/kWh
従量電灯C
基本料金1kVAあたり318.06円/kVA
従量料金〜120kWh22.37円/kWh
120kWh
~280kWh
28.24円/kWh
280kWh〜31.71円/kWh

北海道電力管内向けプランとして「たのしいでんき 北海道かにプラン」があります。

プラン名がユニークだと感じるかもしれませんが、北海道以外のエリアについても、各エリアの名産品や有名な物の名称がプラン名につけられています。旅行会社ならでは! という感じもしますね。

東北・東京・中部・九州電力管内向けプラン

【東北・東京・中部・九州電力管内の料金】
 東北なまはげプラン東京大江戸プラン中部しゃちほこプラン九州めんたいこプラン
従量電灯B
基本料金
30A
923.40円800.28円800.28円831.06円
40A1,231.20円1,067.04円1,067.04円1,108.08円
50A1,539.00円1,333.80円1,333.80円1,385.10円
60A1,846.80円1,600.56円1,600.56円1,662.12円
従量料金
〜120kWh@17.33円@18.46円@19.65円@16.28円
120kWh
~300kWh
@23.63円@24.62円@23.83円@21.50円
300kWh〜@27.32円@28.44円@26.58円@24.30円
従量電灯C
基本料金
1kVAあたり
307.80円266.76円266.76円277.02円
従量料金
〜120kWh@17.33円@18.46円@19.65円@16.28円
120kWh
~300kWh
@23.63円@24.62円@23.83円@21.50円
300kWh〜@27.32円@28.44円@26.58円@24.30円

東北・東京・中部・九州電力管内向けのプランはそれぞれ、「たのしいでんき 東北なまはげプラン」「たのしいでんき 東京大江戸プラン」「たのしいでんき 中部しゃちほこプラン」「たのしいでんき 九州めんたいこプラン」となっています。

いずれのプランも、各電力会社の従来料金よりも5%安い価格設定となっています。

関西・中国電力管内向けプラン

【関西・中国電力管内の料金】
 関西たこやきプラン中国もみじプラン
従量電灯A
最低料金
最初の15kWhまで
355.05円313.75円
従量料金
15kWh
~120kWhまで
@21.69円@19.33円
120kWh
~300kWh
@27.80円@25.56円
300kWh〜@31.66円@27.54円
従量電灯B
基本料金
1kVAあたり
369.36円379.62円
従量料金
〜120kWh@19.45円@16.82円
120kWh
~300kWh
@23.52円@22.50円
300kWh〜@26.92円@24.25円

残る関西・中国電力向けのプランは「たのしいでんき 関西たこやきプラン」と「たのしいでんき 中国もみじプラン」。もちろん、こちらも料金設定は従来のものと比べて5%安くなっています。

特典はある?

電力自由化で注目したいポイントの一つである、様々なサービスや特典。H.I.S.の場合はどうかというと、残念ながら、現時点ではこれといったものがない状況です。

ただし、期間限定のキャンペーンなどは行われています。

例えば、期間限定で旅行と電気を同時に申込むと旅行代金が割引になるようなもの。割引額は海外旅行が2,000円、国内旅行が1,000円です。海外旅行なら5万円以上、国内旅行なら3万円以上のツアーが対象です。

日常的な特典などがないのは残念な感じもありますが、電気料金自体が従来の5%引きと安いH.I.S.。つまり、ただ電気を使うだけでも十分にお得な電力会社なんですね。

こんな家庭におすすめ

H.I.S.の電気がおすすめなのはこんな家庭。

「難しいことは抜きで、とにかく電気代を安くしたい!」と考えている家庭

H.I.S.の電気は基本料金や最低料金、従量料金のどれを見ても、従来の電力会社の料金の5%引き。つまり、電気の使用量に関係なく、乗り換えることで電気料金を抑えることが可能です。

実は他の多くの電力会社の場合、電気をあまり使わない家庭では乗り換えると電気料金が高くなってしまうような料金設定となっています。電気をたくさん使う家庭ほど、お得になるというパターンが多かったのです。

同じ家庭でも、エアコンを多用する夏と冬は電気代が安くなるけど、春と秋は電気使用量が少ないので電気代が高くなる。結局1年間でどうなってるかよくわからない…ということもありえます。

H.I.S.の場合はこういった心配もなし。契約容量が30A以上という制限はあるものの、使用量に関わらず電気代を安くできます。

こんな家庭は要注意

逆に要注意なのはこんな家庭。

オール電化の家庭。
契約容量が20A以下の家庭

H.I.S.の電気は基本料金や従量料金自体が安く設定されているとはいえ、どんな家庭でも乗り換えられるわけではありません。

例えば、オール電化住宅に住んでいる場合。オール電化住宅の場合は電気の使い方自体が独特なので、オール電化住宅向けのプランを利用した方が断然お得です。

また、契約容量が20Aなど小さい家庭の場合、事前に契約容量を変更すれば乗り換えることは可能です。しかし、容量が増えた分基本料金も上がってしまうので、電気料金が上がってしまうことに。乗り換えはオススメできません。

その他、太陽光発電を導入していたり、時間帯別電灯といったプランを利用している場合も、H.I.S.の電気を利用することはできません。

申込み方法や支払方法は?

H.I.S.の電気を利用するには、まずは申込みが必要です。インターネットまたはH.I.S.の店頭のいずれかで申込めます。

H.I.S.の旅行を申込む予定があれば、そのときに店頭で一緒に申込むというのもアリですが、特に予定がなければインターネットの方が手軽ですね。申込む場合は、手元に検針票を準備しておきましょう。

電気料金の支払いには、クレジットカードかコンビニ支払のどちらかが利用できます。コンビニ支払の場合は、手数料として200円が別途必要。手数料のことを考えると、クレジットカード払いにすることをオススメします。

契約するなら1年以上利用しよう

従来よりも電気料金が5%安くなる、H.I.S.の電気。今より5%安くなるのは魅力的ですが、解約違約金が発生する場合もあります。

解約違約金が発生するのは、電力供給開始日から1年未満での解約の場合。この場合、9,000円(税別)の解約違約金がかかります。基準となるのは契約が完了した日ではなく、電気の供給がスタートした日になる点も注意が必要です。

なお、1年目以降であれば、この解約違約金は不要です。

環境に優しい電気を使いたい人にもオススメ

旅行会社でありながら、HTBエナジーという電力会社も運営しているH.I.S.。このため、従来の5%引きという安い料金で、電気を安定的に供給することができているんですね。

電気代が安くなるだけでなく、メインとなる発電方法はどれも環境に優しいものばかり。環境に優しい電気をお得に利用できるのが、H.I.S.の電気です。

環境に優しい電気を使いたい! と考えている人にもオススメのH.I.S.。あなたも早速、申込んでみませんか。