ENEOS都市ガス
2019年2月から一般家庭向けに都市ガスの販売を始めたENEOS。

ENEOSではすでに「ENEOSでんき」が新電力シェア4位と人気ですが、ENEOS都市ガスはどうでしょうか。

結論から言うと、ENEOS都市ガスは電気とガスのセット割がないので、電気とガスをまとめるメリットはありません。

電気とガスは、それぞれ個別に検討した方が良いでしょう。

しかし、ある一部の人は、ENEOSの都市ガスと電気のセットを選ぶとお得になります。

また2019年3月31日まで行っているキャンペーンがかなりお得なので、これだけでも切り替える価値は十分にあります。

詳しく解説します。

(ENEOSでんきについてはこちらの記事で解説しています。
ENEOSでんきに申し込む前に! 注意点と評判をチェック!

圧倒的にお得なキャンペーン

ENEOSキャンペーン
ENEOSでは2019年3月31日までの期間限定で、新規加入キャンペーンを実施しています。

  • ENEOSでんき加入特典:基本料金3ヶ月分無料
  • ENEOS都市ガス加入特典:ガス料金最大2,000円分割引(月額400円×最長5ヶ月間、繰越なし)
  • ENEOSでんき・ガス加入特典:ガス料金最大3,000円分割引(月額600円×5ヶ月間、繰越あり)

つまり、ENEOSでんきと都市ガスに同時に新規申し込みで、電気料金は基本料金3ヶ月分が、都市ガスは最大5,000円割引になります。

ENEOSの都市ガス・でんきを利用するなら、今が申し込みのチャンスと言えるでしょう。

他の新電力のキャンペーンはこちら
電力会社のキャンペーンまとめ

ENEOSでんき+ENEOS都市ガスのシミュレーションはこちら
ENEOSでんき

ENEOS都市ガス+ENEOSでんきが向いている家庭

キャンペーンを考えない場合、ENEOSのセット利用が向いている家庭は、以下の2つの条件が当てはまる家庭です。

  • ガス代と電気代の支払いにENEOSカードを利用
  • 車を持っていて、給油の際にはENEOSをメインで利用

ENEOSカード利用で毎月100円引

ENEOSカード
まず「ガス代と電気代の支払いにENEOSカードを利用」という点について。

これは支払いにENEOSカードを利用することで、ガス代と電気代がそれぞれ100円引きになるためです。

セットで利用すると合わせて毎月200円引きに。

なお、ENEOSではガス代・電気代の利用料金200円につき1ポイントのTポイントが貯まる特典もありますが、ENEOSカード払いの場合はTポイントは貯まりません。

ENEOSカードについてはこちらで解説しています。
ENEOSカードに申し込む前に! 注意点と評判をチェック!

ENEOSカードのお申込みはこちらの公式サイトから
ENEOSカード

ガソリンが1円/リットル割引

次に「車を持っていて、給油の際にはENEOSをメインで利用」という点について。

「ENEOSでんき」の特典として、ENEOSでの給油の際にENEOSカードを使うことで、ガソリンが1リットルにつき1円割引になります(最大150リットル/月まで)。

この特典はENEOSカードに元々付いているガソリン代割引の特典と併用できるので、ENEOSをメインで利用している人に向いているというわけです。

はなはな

この2項目に当てはまらないなら、他社の方がお得になる可能性が高いって事?

節約神節約神

そうだね。ENEOS都市ガスやENEOSでんきは、ENEOSの他のサービスも含めて利用することでどんどんお得になるという感じなんだ

確かに、ENEOSでガスと電気をセット利用すれば、従来の東京ガス+東京電力の組み合わせよりは光熱費が安くなる可能性があります。

しかし、最安というわけでもありません。

特に車を持っていない家庭であれば、他社を利用した方がお得です。

使用量が少ない一人暮らしの選択肢とは?

一人暮らしでは、検討する候補は、次の2つ。

  • ENEOS
  • 東京電力

この2つなら、少なくとも損をすることはありません。

ただし、ENEOSの場合はENEOSカードでガス代・電気代を支払う事と、2年間の継続利用が条件です。

また、東電にはスタート割という割引がありますが、この割引が適用されるのは最初の1年間だけ。

2年目以降は割引がなくなってしまうので、その点を考慮すると東京ガスも十分な選択肢となります。

※詳細の比較表は後で記載しています。

ENEOSでんき+ENEOS都市ガスのシミュレーションはこちら
ENEOSでんき
東京電力のシミュレーションはこちら
東京電力

一人暮らしで電気ガスセットを選ぶ場合に注意したいのは、使用量が少なすぎる場合に、切り替えて逆に損する場合があること。

目安として、最も電気の使用量が少ない月(6月・7月・10月・11月)の電気使用量が100kWhを切る場合は、公式サイトでシミュレーションをしてから切替えましょう。

電気使用量の季節変化

電気使用量の季節変化

特にニチガスは200kWh以下の時の電気代がかなり割高になるため要注意。

そもそもひとり暮らしなど使用量が少ない家庭の場合は、新電力への切り替えの選択肢が少なく、切り替えても節約できる金額は限られています。

はなはな

電気使用量は1年間の平均使用量を確認すれば良いのかな?

節約神節約神

電気使用量は年間の平均ではなく、使用量が少なくなる春と秋にどれくらい使うかを確認するのがポイントだよ

月使用量800kWh超におすすめの選択肢

1ヶ月あたりの電気使用量が800kWhを超える家庭が選ぶべきは、こちら

  • 東京ガス

さらにお得なのは、電気とガスをセットにバラバラに契約する方法で、具体的にはこちらの組み合わせ。

  • あしたでんき+東京ガス

東京ガスは新電力シェア第1位で顧客数もダントツに多いのが強み。

新規申し込みキャンペーンも豊富です。

東京ガスの公式サイトはこちら
東京ガスなら電気もまとめることでおトクに!

東京ガスについて詳しくはこちら
東京ガスの電気の詳細

はなはな

電気とガスをまとめてセット割にするのが一番お得な気もするけれど、組み合わせ次第ではもっと安くなる可能性もあるんだね

節約神節約神

実はそうなんだ。
あしたでんきは、東京電力の関連会社だから、安心だよ。

あしたでんきとは

あしたでんき
あしたでんきは、東京電力グループの新電力で2018年5月にスタートしたばかり。

実績はこれからですが、東電グループの信頼性と低価格でシンプルな料金設定から、現在急成長中。

基本料金0円で従量料金が一定の標準プランと、基本料金が3,000円で従量料金が安くなるプランの2種類があります。

解約時の違約金もないので人気です。

あしたでんきについて詳しくはこちら
「あしたでんき」のメリットと注意点を、わかりやすく解説!

いますぐ公式サイトでシミュレーションしてみるならこちら
あしたでんき

その他の家庭はキャンペーンも含めて検討

電気使用量が300〜700kWh程度の家庭は、ENEOSをはじめどの電力会社でもそこまで大きな差は見られません。

ガソリン代の割引まで含めて考えると、ENEOSをセット利用するのもオススメです。

また、お得に切り替えることを考えるなら、各社が実施しているキャンペーンも含めて検討すると良いでしょう。

新電力各社のキャンペーンはこちらを参考に
電力会社のキャンペーンまとめ

ENEOS都市ガスと他の電気ガスセット比較

【ENEOS都市ガスと他の電気ガスセットの比較表(1ヶ月あたり)】
→表はスクロールします
目安 1人暮らし 1人暮らし 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族 6人家族 7人家族
契約容量 20A 20A 40A 40A 40A 50A 50A 60A
電力量 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
ガス使用量 10m3 20m3 30m3 40m3 40m3 50m3 60m3 60m3
切替前(東京電力従量電灯B+東京ガス旧プラン)
合計 4,685円 8,582円 13,025円 17,308円 20,310円 24,873円 29,156円 32,439円
東京電力
従量電灯B
2,514円 4,984円 8,146円 11,148円 14,150円 17,432円 20,434円 23,717円
東京ガス  2,172円 3,598円 4,879円 6,160円 6,160円 7,441円 8,722円 8,722円
ENEOS都市ガス+ENEOSでんきに切り替えた場合
合計
(ENEOSカードなし)
4,558円 8,358円 12,709円 16,474円 19,014円 23,059円 26,824円 29,650円
月127円安
年1,523円安
月224円安
年2,688円安
月315円安
年3,785円安
月834円安
年10,004円安
月1,296円安
年15,548円安
月1,814円安
年21,768円安
月2,332円安
年27,987円安
月2,789円安
年33,471円安
合計
(ENEOSカードあり)
4,378円 8,198円 12,569円 16,354円 18,909円 22,974円 26,759円 29,595円
月307円安
年3,683円安
月384円安
年4,608円安
月455円安
年5,465円安
月954円安
年11,444円安
月1,401円安
年16,808円安
月1,899円安
年22,788円安
月2,397円安
年28,7667円安
月2,844円安
年34,131円安
電気 2,514円 4,984円 8,146円 10,721円 13,296円 16,151円 18,726円 21,582円
ガス 2,085円 3,454円 4,684円 5,913円 5,913円 7,143円 8,372円 8,372円
にねんとく2割 -20円 -40円 -60円 -80円 -100円 -120円 -140円 -160円
ポイント -20円 -40円 -60円 -80円 -95円 -115円 -135円 -145円
東京電力に切り替えた場合(1年目のみ、2年目はスタート割なし)
合計 4,405円 8,178円 12,498円 16,665円 19,652円 24,101円 28,268円 31,536円
月280円安
年3,360円安
月405円安
年4,860円安
月527円安
年6,324円安
月642円安
年7,704円安
月657円安
年7,884円安
月773円安
年9,276円安
月888円安
年10,656円安
月903円安
年10,836円安
電気 2,414円 4,882円 8,042円 11,044円 14,046円 17,329円 20,331円 23,614円
ガス 2,107円 3,490円 4,733円 5,975円 5,975円 7,218円 8,460円 8,460円
スタート割
初年限定
-105円 -175円 -237円 -299円 -299円 -361円 -423円 -423円
ポイント -10円 -20円 -40円 -55円 -70円 -85円 -100円 -115円
東京ガスに切り替えた場合
合計 4,756円 8,346円 12,558円 16,248円 18,796円 22,890円 26,704円 29,267円
月70円高
年840円高
月237円安
年2,844円安
月467円安
年5,604円安
月1,060円安
年12,720円安
月1,514円安
年18,068円安
月1,983円安
年23,796円安
月2,452円安
年29,424円安
月3,172円安
年38,064円安
電気 2,498円 4,867円 7,859円 10,328円 12,921円 15,795円 18,388円 20,981円
ガス 2,318円 3,598円 4,879円 6,160円 6,160円 7,441円 8,722円 8,722円
ポイント -60円 -120円 -180円 -240円 -285円 -345円 -405円 -435円
ニチガスでんきに切り替えた場合
合計 6,436円 7,792円 12,482円 16,148円 18,698円 22,746円 26,513円 29,344円
月1,751円高
年21,009円高
月791円安
年9,490円安
月543円安
年6,519円安
月1,159円安
年13,911円安
月1,611円安
年19,335円安
月2,127円安
年25,527円安
月2,643円安
年31,719円安
月3,095円安
年37,143円安
電気 4,300円 4,300円 7,773円 10,223円 12,773円 15,604円 18,154円 20,985円
ガス 2,136円 3,492円 4,708円 5,925円 5,925円 7,142円 8,359円 8,359円
ポイント
あしたでんき+東京ガス新プランに切り替えた場合
合計 4,850円 8,683円 12,509円 16,330円 18,880円 22,706円 26,532円 29,082円
月172円高
年2,066円高
月101円高
年1,212円高
月516円安
年6,187円安
月978円安
年11,731円安
月1,430円安
年17,155円安
月2,167円安
年26,009円安
月2,624円安
年31,493円安
月3,357円安
年40,286円安
あしたでんき 2,550円 5,100円 7,650円 10,200円 12,750円 15,300円 17,850円 20,400円
ガス 2,318円 3,598円 4,879円 6,160円 6,160円 7,441円 8,722円 8,722円
ポイント -10円 -15円 -20円 -30円 -30円 -35円 -40円 -40円

※再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額は除く
※東京電力はガスセット割(電気料金100円割引)含む
※東京ガスはガス・電気セット割(契約容量20Aは電気料金×0.05%割引、その他は電気の基本料金270円割引)含む
※ENEOS都市ガスのポイントはENEOSカードおよび特別提携カードで支払いの場合は付与なし

東京電力エリアの新電力について詳しくはこちら
【保存版】5分で分かる電力会社の選び方(東京電力エリア)

ENEOS都市ガスの特徴

ENEOS都市ガスの特徴は、基本料金と従量料金が東京ガスの一般料金から4%お得に設定されている点(標準プランの場合)。

つまり、東京ガスから切り替えるだけで4%お得になります。

また、他にもいくつか特典が用意されています。

ENEOSカード・シナジーカード割引

ガス料金の支払いにENEOSカード(C・P・S・NICOS・CB)またはシナジーカードを利用すると、ガス料金が毎月100円割引に。

この特典はENEOSでんきと共通です。

特別提携カードのポイント・マイル優待

特別提携カードでガス料金を支払うと、ポイントやマイルの優待が受けられます。

  • ANAカード:200円につき1マイル付与
  • ビューカード:ポイント2倍
  • ティーエスキュービックカード:ポイント1.5倍
  • レクサスカード:ポイント1.5倍
  • エポスカード:ポイント2倍または4倍
  • エムアイカード:ポイント2倍

この特典もENEOSでんきと共通です。

Tポイント付与

こちらもENEOSでんきと共通の特典。

ガス料金の支払い200円につき1ポイントのTポイントが貯まります。

なお、ENEOSカード・シナジーカード割引、特別提携カードのポイント・マイル優待、Tポイント付与は併用不可の特典。

いずれか1つの特典しか受けられないので、注意が必要です。

電気とのセット割自体はない

ENEOS都市ガスとENEOSでんきのセット利用による割引は特になし。

ガスと電気をセットで利用しなければ割引等の特典が受けられないというわけではありません。

解約金なし

ENEOS都市ガスを解約する際、解約金などはかかりません。

一方、ENEOSでんきについては「にねんとく2割」を申し込んだ場合のみ、契約期間中の解約で解約金1,080円(税込)が必要です。

ENEOSガスはキャンペーンを利用して!

ENEOSガスへの切替は、キャンペーン実施中の今がお得です。

2019年3月31日までなので、忘れず切替えましょう。

ENEOSでんき+ENEOS都市ガスのシミュレーションはこちら
ENEOSでんき