東京ガスが新電力で圧勝している理由を分析

契約件数120万件を突破した東京ガス。
東電エリアの新電力で、4割近いシェアを占めています。

なぜ東京ガスはここまで多くのユーザーに選ばれる新電力になったのでしょうか。

圧倒的なシェアを占める東京ガス

電力広域的運営推進機関が2017年10月に発表した最新の「スイッチング支援システム利用状況」によると、8月末時点で東電管内で電力会社を乗り換えたのはおよそ260万件。

一方、東京ガスの電力契約者数は2018年4月時点で120万件以上。

東電エリア内の新電力で、38%のシェアを占めています。

乗り換えた人の10人に4人は東京ガスを選んでいるという計算です。

全国的に見ても、8月末時点で電力会社を乗り換えた570万件のうちの100万件以上が東京ガス。

300社以上ある小売事業者の中で、18%近いシェアを誇ります。

そもそも東電エリアは新電力の参入も多く、各社は顧客を確保しようと魅力的な料金プランやサービスを展開しています。

そういった中で、圧勝していると言っても過言ではない東京ガス。
なぜ、こんなにも人気なのでしょうか。

東京ガスが圧勝している4つの理由とは

東京ガスが選ばれているのには、4つの理由がありました。早速、1つ1つ見ていきましょう。

1.大企業としての信頼性

なんといっても「東京ガス」は、首都圏のインフラを支える大企業。

1885年に創立した東京ガス。以来、130年以上にわたって首都圏を中心としたエリアに都市ガスを供給しています。2016年3月末時点の顧客数(取付メーター数)は1,000万件以上! 他の都市ガス会社と比べても、群を抜いて多い顧客数です。「家では東京ガスを利用している」という方も多いことでしょう。

都市ガス業界最大手という企業規模に加え、長年の安定供給の実績があるというのは、企業にとっては大きな強み。私たち消費者にとっても、長年利用しているガス会社だけあって信頼性も十分。他の新電力にはない大きな信頼感が、東京ガスが選ばれる理由の1つ目です。

2.途中解約でも解約金がない

東京ガスの電気は、解約金がありません。

電力会社を乗り換えようと思ったとき、まずは本当に安くなるのかどうかシミュレーションしますよね。
ただ、シミュレーションの結果はあくまでも参考程度。
生活スタイルが変わって電気の使い方も変われば、結果に反して電気代が割高になる可能性だってあります。

つまり電力会社を乗り換えたことによる効果を知るためには、やはり実際に使ってみる以外に方法がないというのが実際のところなんですね。

そして実際に使ってみたら電気代が割高になってしまった! という場合。
できることならすぐにでも解約したくなるかもしれません。

しかし、ここで解約違約金などが発生してしまっては、それこそ後悔しか残らないという残念な結果に。

しかし東京ガスの場合は解約金なし。契約期間は1年間となっていますが、契約期間内に解約しても手数料は発生しません。だから、「とりあえずお試しで利用してみる」なんてことだってできるんです。

乗り換えの効果を実感して、納得したうえで利用することができる。それが、東京ガスが選ばれる2つ目の理由です。

3.魅力的なオプション

東京ガスでは、ガスと電気をセットで契約した人だけが利用できる、魅力的なオプションがいくつか用意されています。

3−1.クックパッドのプレミアム機能

自宅にある食材からレシピを検索できる日本最大のレシピ検索サイト「クックパッド」。利用している人も多いのではないでしょうか。

クックパッドには便利な「人気順検索」といった機能がありますが、通常は月額料金(400円)を支払わなければ利用できないプレミアムサービスとなっています。

しかし、東京ガスのガスと電気をセットで利用している人は、クックパッドの人気順検索機能がなんと無料で利用可能に。人気順検索などはプレミアム機能の中でも特に利用者が多い機能なので、これが無料で利用できるのは嬉しいですよね。

3−2.生活まわり駆けつけサービス

日常生活の中で発生する、水まわりや鍵に関するちょっとした困りごと。専門の業者でなければ解決できないけれど、作業費用など意外と高額だったりしますよね。

こうした暮らしの中での困りごとに、24時間365日対応してくれる「生活まわり駆けつけサービス」。通常は月額400円(税抜)の有料サービスですが無料。

出張費や30分以内の作業費用も無料。
いざという時に安心できる、心強いサービスです。

このように、東京ガスならではの魅力的なオプションが利用できること。それが、東京ガスが選ばれる3つ目の理由です。

4.都市ガスの自由化

電力自由化に続いて、始まった都市ガスの自由化。

これまで、供給エリアの関係で東京ガスを利用できなかった人でも、4月からは利用できるようになります。

新電力の中でも人気の高い東京ガス。

これまで利用できなかったユーザーの中には、都市ガス自由化をきっかけに東京ガスに乗り換えて、電気とセットで利用しようと考える人がいても、不思議ではありません。

その一方で、自身の供給エリアにおいては顧客を奪われる立場になる東京ガス。
新たに参入してくる事業者への対応策として、より一層魅力的なサービスを展開することも十分に考えられます。

こうした都市ガス自由化への期待こそ、東京ガスが選ばれる4つ目の理由です。

今後は東京ガス以外の企業にも期待したい

東京ガスが新電力の中でここまでシェアを伸ばしてきたのには、きちんとした理由があります。年間の目標をわずか3か月半で達成したことからも、消費者の東京ガスへの信頼感や期待感を十分感じられますよね。

しかし、この東京ガスの独り勝ち状態がこのままずっと続くとは限りません。また、独り勝ち状態が長く続くようでは、「期待された電力自由化の効果が得られない」ということにもなりかねません。

東京ガスにはこれからも質の高いサービスを提供してもらいながら、他の事業者にはそれを超えるような更なるサービスを期待したいところです。

詳しく検討するならこちらの公式サイトで
⇒ 東京ガスの料金シミュレーションはコチラ!

※東京ガスでは今なら、もれなく電気代が3ヶ月分10%OFFになるキャンペーン実施中!!
(2018年7月13日〜9月26日)

東京ガスの電気について、詳しくはこちら
東京ガスの電気の評価と注意点