yahooのロゴ
還元率1.0%と高い還元率のYahoo! JAPANカード。

しかしYahoo! JAPANカードには注意点もあります。

申し込む前に知っておくべき注意点、評判をまとめました。

Yahoo! JAPANカードの注意点

ETCカードが有料

Yahoo! JAPANカードでETCカードを作ると、年会費として540円(税込)かかります。
ETCカードの年会費が無料のカードは他にあるので、ETCカードを作りたい場合は年会費無料のカードから選ぶとよいでしょう。

具体的には、エポスカード、JCB EIT、横浜インビテーションカードが年会費無料で自動付帯の海外旅行保険があるのでおすすめ。

詳しくはこちらも参考に⇒
ドライバー必携! ETCカードがお得なクレジットカードはこれ!

海外旅行保険なし

Yahoo! JAPANカードには海外旅行保険がついていません。

クレジットカードの中には、年会費無料でも補償が充実した保険が自動付帯の物もあります。
そういったカードを別に作るようにしましょう。

詳しくはこちらを参考に
海外旅行保険で最強の「年会費無料クレジットカード」とその注意点

カードもポイントも利用しない人は意味なし

当たり前かもしれませんが、いくらポイントが貯まっても、Tポイントを利用しない人にはメリットはあまりありません。

Yahoo! JAPANカードの最大のメリットは、Yahoo!ショッピングとLOHACOでいつでもポイントが3倍貯まること。

さらにYahoo!ショピングのキャンペーン(例えば11月11日はポイント10倍など)は破格のポイントが。

こういったチャンスで、Yahoo! JAPANカードを使わない人にとっては、あまりメリットは無いかもしれません。

カードも持っているだけではポイントも貯まらないので、自分のライフスタイルに合っているかどうか、考えることが大切です。

家族カードより個別の方がお得

Yahoo! JAPANカードは家族カードも無料なので、家族カードを作ることは問題ありません。

でもカードを申し込むだけで◯千ポイントがもらえるキャンペーンを考えると、家族が個別にカードを作ったほうがお得です。

審査に通るか不安なら、とりあえず申し込んでみるのもあり。

最短2分で結果が分かります。

今のキャンペーンはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


nanacoチャージのポイント還元率が0.5%に改悪

nanacoチャージでポイントが還元されるシステムは、各カード会社で次々に撤廃されています。

楽天カードも2017年10月末でポイント還元がなくなりました。

Yahoo! JAPANカードも2018年2月末で還元率が1%から0.5%に改悪されます。

ただし今までJCBブランドでしか還元されなかった nanacoチャージですが、2018年2月28日以降はVISA、Mastercardブランドでも0.5%ポイントが還元されることになりました。

期間固定のTポイントに注意

Yahoo! JAPANカードではポイントがザクザク貯まりますが、期間固定のTポイントが多いので要注意。

期間固定ポイントは、例えば1週間〜1ヶ月などで消滅してしまいます。

期間固定ポイントはYahoo!ショッピング、LOHACO、Yahoo!トラベル、ヤフオク!、GYAO!ストア、Yahoo!ふるさと納税などのyahoo関係のサービスで利用できます。

損しないように忘れずポイントを使い切りましょう。

微妙にTポイントが損する

Yahoo! JAPANカードであまり知られていない注意点として、微妙にTポイントが損するということ。

実はYahoo! JAPANカードでは、Tポイントが1回の買い物ごとに還元されます。

このとき、99円以下にはポイントがつきません。

例えば499円の買い物をしたら、4ポイントが還元されますが、99円は無駄になります。

月に100回買い物をしたら、
平均50円×100×1%=50ポイントがもらえない計算になります。

Yahoo! JAPANカードの還元率は1%ですが、少額の買い物を数多く使う人は、1%より低い還元率になってしまうのです。

おそらく少額の買い物はコンビニが多いと思います。

コンビニで使うなら、こちらのカードも併用するのがおすすめ。

  • セブンイレブン→セブンカード
  • ローソン→ローソンPontaカード
  • ファミリーマート→ファミマTカード

ソフトバンクユーザーを優待しすぎ

Yahoo! JAPANカードはソフトバンクユーザを優待しています。

そもそもYahoo! JAPANカードはソフトバンク系列のYahoo! JAPANが運営しているカード。

だから当然のことですが、ソフトバンクユーザーは圧倒的に優遇されています。

まあ冷静に考えると、ソフトバンクユーザーは、Yahoo! JAPANカードで優遇されている以上に、ソフトバンクの高い月額料金を支払っているので、多目にみてあげましょう。

Yahoo! JAPANカードのメリット

年会費は永年無料

Yahoo! JAPANカードは年会費無料。
家族カードも年会費無料です。

Tポイントが貯まり還元率1.0%! ロハコなどでは還元率3.0%

Yahoo! JAPANカードではTポイントが貯まります。

Tポイントはヤフーの各種サービスやTSUTAYA、ファミリーマートなど、様々なジャンルのお店で利用可能。
日常的に使う機会が多いポイントと言えます。
【ヤフーポイント還元率】

利用方法還元率付与のタイミング
クレジット利用100円につき1ポイント利用翌月の15日ごろ
Yahoo! ショッピング、ロハコ利用100円につき3ポイントストアポイントと同じタイミング
プラチナ補償会員によるYahoo! ショッピング、ロハコ利用100円につき1ポイント毎月10・25日ごろ

Yahoo! JAPANカードの還元率は1.0%と高いのですが、Yahoo! ショッピングやロハコで利用すると3.0%にアップします。

また有料のプラチナ補償会員になると、Yahoo! ショッピングやロハコを利用した際に追加で、100円につき1ポイントのポイントがもらえます(プラチナ補償会員については後で解説します)。

ポイント付与のタイミングは表のとおりですが、Yahoo! ショッピングやロハコで利用した場合は次のようになっています。

まず、Yahoo! ショッピングの場合。購入時には利用ができない「仮ポイント」として付与されます。
仮ポイントから利用可能ポイントに移行するのは、商品出荷後または購入日からおよそ14日経過後となっています。

次にロハコの場合。
購入時に仮ポイントとして付与されるのは同じですが、獲得ポイントが299ポイント以下なら商品出荷の約2日後、300ポイント以上なら約30日後に利用可能なポイントとなります。

入会特典が豊富!

Yahoo! JAPANカードに入会すると、入会特典として確実にポイントもらえます。
これはカードの審査が通ると同時に付与されるもので、通常ポイントとして利用可能。

もらえるポイントは時期によって変動するので、申込む際にはしっかり確認してください。

現在はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


Tカードとしても利用可

Yahoo! JAPANカードはTカードとしても利用可能。

クレジットカードとTカードの2枚が1つになったものと考えてもらえばいいと思います。

Yahoo! JAPANカードをTカードとして利用する場合はTポイントの利用手続きが必要ですが、手続きはインターネット上でできてとても簡単。

すでに手元に別のTカードを持っている場合は、ポイントをまとめることも可能。
まとめればお財布の中もスッキリしますよね。

TSUTAYAのレンタルカードにも

Yahoo! JAPANカードはTSUTAYAのレンタルカードとしても利用可能。

この場合はTSUTAYAの店舗で手続きが必要です。手数料(税込324円)も必要ですが、カードが多いとお財布の中を探すのも一苦労。クレジットカード、Tポイントカード、TSUTAYAレンタルカードが1枚で済むのは嬉しいですね。

Tモール経由で、さらにポイントが!

Yahoo! ショッピングやロハコを利用する際、Tモールというポイントサイトを経由するとより多くのポイントがもらえます。

Yahoo! ショッピングの場合は200円につき1ポイント、つまり0.5%分がプラスされるので3.5%に。

ロハコの場合は200円につき2ポイント(1.0%)がプラスされるので、なんと4.0%! 

この2つのサービス以外でも、Tモールを経由することでTポイントがもらえるものはたくさんあります。

TモールはTポイントをザクザク貯めることができるサイトなので、覚えておいてくださいね。

税金の支払いもポイントOK

毎月ではないにしても、定期的に支払う税金。

ある程度まとまった額を払うこともありますが、税金の支払いでも1.0%の還元率でTポイントが貯まります。

Yahoo! 公金払いを利用すれば、手続きも簡単。

ふるさと納税もクレジットカードでできますよ。

nanacoチャージもポイントOK

こちらはJCBのみになりますが、nanacoへのチャージでポイントが貯まります。

セブン-イレブンでは税金をnanacoで支払うことが可能。

そのためnanacoチャージにカードを利用することで、間接的に税金をカード払いとすることができるんです。

Yahoo! 公金払いに対応していない自治体でも、コンビニ支払ができるところならば利用可能。

税金でもポイントが貯まるのはお得です。

ヤフオクがお得

ヤフオクの落札代金をYahoo! JAPANカードで支払うと、新品・中古品を問わず自動で補償の対象になります。

購入金額が税込1万円以上のものが対象ですが、購入日から90日間補償。また、ヤフオクに出品する際も、カードを申し込んだヤフーIDで出品する場合は、本人確認が不要になります。

プラチナ補償で18種類もの補償

プラチナ補償とは、月額490円(税抜)で18種類もの補償が付けられるサービス。

Yahoo! JAPANカードで決済したものなら、モノに限らず補償の対象になります。
【プラチナ補償】

名称補償金額利用限度
修理補償金【メーカー保証書あり】修理費用の100%
【メーカー保証書なし】修理費用の50%
・年3回4.5万円まで
【保証書あり】1回3万円まで
【保証書なし】1回1.5万円まで
破損補償金購入、落札金額の90%年1回まで
・新品は年10万円まで
・中古品は年1万円まで
・自転車関連は新品中古問わず年10万円まで
宅配郵送事故補償金購入、落札金額の90%年3回9万円まで
(1回につき3万円まで)
盗難補償金購入、落札金額の60%年1回5万円まで
返品保証金購入、落札金額の50%年1回1万円まで
携帯電話水濡れ・全損補償金保証サービス提供者に支払った金額年1回5,000円まで
交通トラブルお見舞い金入院1日につき3,000円年1回9万円まで(30日間まで)
電子デバイス災害補償金購入、落札または修理費用年1回10万円まで
車上荒らし被害補償金購入、落札金額年1回5万円まで
自転車事故賠償責任補償金【人身事故】身体障碍を負わせた他人の入院期間に応じた額
【物損事故】損害を与えた他人の財物の時価または修理費用のいずれか低い額
年1回10万円まで
お悔やみ帰省見舞い金交通機関の利用料金年1回3万円まで
旅行・イベントキャンセル補償金チケット購入金額またはキャンセル料年5万円まで
海外旅行けが・病気お見舞い金治療費年5万円まで
海外旅行持ちもの損害購入、落札金額の50%年5万円まで
海外旅行思わぬ出費補償金予定外にかかった費用年5万円まで
なりすまし賠償責任補償金損害賠償額年1回10万円まで
ネット売買トラブルお見舞い金弁護士費用年1回5万円まで
個人情報漏洩過失責任補償金損害賠償額年1回10万円まで

18種類もの補償が付けられるのは、Yahoo! JAPANカードだけ。
万が一の際にも安心ですね。

2回払いまで手数料無料

Yahoo! JAPANカードは2回払いまでなら分割手数料が無料。

1回払いだと支払いが大変・・・なんてときには助かりますね。

90日間補償のショッピングガード保険

Yahoo! JAPANカードを利用して購入した物を対象にした保険です。
新品・中古品は問いません。
【ショッピングガード保険】

補償対象商品商品価格が10,000円(税込)以上のもの
支払限度額1,000,000円
免責金額3,000円
担保期間購入日より90日間
対象となる利用国内または海外でのYahoo! JAPANカードによるショッピング利用

買った商品が壊れていたり、盗難に遭った場合などでも、自己負担額3,000円で補償してくれる保険。安心ですね。

Apple Payに対応している

iPhoneユーザーには便利なApple Payですが、Yahoo! JAPANカードも対応しています。

Yahoo! JAPANカードの評判は?

Yahoo! JAPANカードの評判は、おおむね良いです。

多い評判は…

  • Tポイントがザクザク貯まる
  • Yahoo!ショッピングを使うなら必須カード
  • Tモールが地味にお得

悪い評判としてあったのは…

  • 期間固定ポイントをムダにした!
  • せっかくJCBで作ったのにnanacoポイント還元がVISAと変わらなくなった!

という感じです。

申込みはオンラインで、最短2分で審査完了

多少のデメリットはありますが、お得な面が多いYahoo! JAPANカード。申込みはオンラインで簡単にできます。

手続き簡単、お得がたくさんのYahoo! JAPANカード、あなたも是非、作ってみてくださいね。

無料申込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓