テレビやインターネット、電話などのサービスを提供しているJ:COM。

2016年4月の電力自由化をきっかけに、電力の販売サービスもスタートさせました。

現在はオール電化向けプランも扱っています。

契約世帯数も50万件を突破し、新電力の中でもトップ10に入るシェアを誇るJ:COM。

しかし利用にあたっては、かなり注意すべき点もあります。

今回は、J:COM電気に申し込む前に知っておきたいメリットや注意点について詳しく解説。

J:COM電力の評判も調べました。

この記事を読めば、J:COM電力に乗り換えるべきかどうかが分かります。

J:COM電力のメリット

J:COM電力には、次のようなメリットがあります。

  • 電力セット割でJ:COMが最大12,000円割引
  • オール電化プランもある
  • テレビで電気料金の確認ができる

詳しく解説していきます。

メリット1. 電力セット割でJ:COMが最大12,000円割引

J:COM電力には「電力セット割」があります。

J:COMが提供するサービスと電気をセットで利用すると、J:COMの利用料が2年間で最大12,000円割引になります。

割引額はプランや申し込み方法、利用エリア、物件種別(戸建てor集合住宅)によって変わります。

関東・関西・札幌・仙台エリア

Jcom割引
戸建住宅: 総額7,200円割引
集合住宅: 総額3,600円割引

九州・下関エリア

jcom割引
戸建住宅: 総額12,000円割引
集合住宅: 総額6,000円割引

すでにJ:COMを利用している人にとっては、J:COMの利用料金がお得になるチャンス!

これからJ:COMを利用したいと思っている場合もセットで利用すればお得になるので、切り替えを検討する価値はあります。

メリット2. オール電化プランもある

J:COM電力にはオール電化住宅向けの料金プランもあります。

対象となるのは、大手電力会社やその他新電力でオール電化向けプランを契約中の人。

それ以外の人は申し込めません。

いずれのエリアも、基本料金や夜間料金・ナイトタイム料金は従来の大手電力会社の料金と同じ。

それ以外の料金が0.5〜3%割引になります。

関東エリア

基本料金、夜間料金、深夜料金は東京電力と同じ。
朝晩料金、昼間料金、夜間料金、ピーク料金、オフピーク料金が0.5〜3%割引。

関西エリア

基本料金、ナイトタイム料金、夜間料金は関西電力と同じ。
デイタイム料金、リビングタイム料金、昼間料金、ピーク料金、オフピーク料金が0.5〜3%。

札幌エリア

基本料金と夜間料金は北海道電力と同じ。
朝晩料金、午後料金、昼間料金、ピーク料金が0.5〜3%割引。

仙台エリア

基本料金と夜間料金は東北電力と同じ。
昼間料金、ピーク料金が0.5〜3%割引。

下関エリア

基本料金、ナイトタイム料金、夜間料金は中国電力と同じ。
デイタイム料金、ファミリータイム料金、昼間料金、ピーク料金、オフピーク料金が0.5〜3%割引。

福岡、熊本、大分エリア

基本料金、ナイト料金、夜間料金は九州電力と同じ。
デイ料金、リビング料金、昼間料金、ピーク料金が0.5〜3%割引。

いずれのエリアにおいても、大手電力会社が提供している電気温水器やIHクッキングヒーター等の機器割引、オール電化割引といった割引についても、同額が割引になります。

メリット3. テレビで電気料金の確認ができる

J:COMテレビに加入しているなら、テレビの画面上で電気料金が確認できます。

料金が確認できる期間は、毎月15日〜月末日の間。

インターネットのマイページなどにログインする手間もかからず便利です。

J:COM電力の注意点

一方で、J:COM電力には次のような注意点もあります。

  • 解約金・違約金が最大2万円(九州エリアは最大3万5千円)と高い
  • 契約手数料3,000円
  • エリアが限定的
  • ガスのセットは微妙
  • ホームページの説明が分かりにくい
  • J:COM電力単体の利用だと大手電力会社と変わらない

詳しく解説していきます。

注意点1. 解約違約金が最大2万円(九州は最大3.5万円)と高い

J:COM電力をお得に利用するためには、J:COMの電力セット(長期契約プラン)へ加入する必要があります。

電力セットの契約期間は1〜3年。

契約期間途中で電力セットを解約する場合は、契約解除料が必要です。

契約解除料はプランによって変わりますが、九州エリア以外では戸建て住宅で最大2万円(集合住宅は最大1万円)。

九州エリアでは戸建て住宅で最大3万5千円(集合住宅は最大2万5千円)かかることもあります。

解約金・違約金が高額なのは、J:COM電力を利用するにあたって最も注意したいポイント。

他の新電力では契約期間の定めはあっても解約金は無料の場合がほとんどで、有料でも1,000円程度です。

解約金がなければお試しで使ってみることもできますが、J:COMではそれができません。

一度申し込むと1年〜3年は乗り換えが難しくなるので、申し込む際は慎重に判断すべきでしょう。

注意点2. 契約手数料3,000円

電力セット割に申し込む時には、契約手数料(サービス変更手数料)として3,000円かかります。

解約金・違約金同様に、他の新電力では申し込みにあたって費用がかかることは少ないもの。

乗り換えで費用がかかるのも、J:COMならではの注意点です。

注意点3. エリアが限定的

すでにK:COMユーザーならあまり関係ありませんが、J:COM電力は利用できるエリアが限定されます。

利用対象エリアは次の通り。

  • 関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城)
  • 関西(大阪、京都、和歌山、兵庫)
  • 九州(福岡、熊本、大分の一部)
  • 下関
  • 札幌
  • 仙台

これ以外のエリアは対象外。

他の電力会社のように「北海道電力管内」「東北電力管内」といった感じではなく、一部のエリア限定という感じです。

注意点4. ガスのセットは微妙

J:COMでは、東京ガスおよび大阪ガスのエリア限定で「J:COMガス(都市ガス)」も提供しています。

J:COMガスにもセット割がありますが、内容としてはJ:COMの利用料金が毎月100円割引になるというもの。

年間1,200円お得になります。

ガス料金自体は東京ガスや大阪ガスと同じです。

なお大阪ガスのエリアに関しては、セット割に制限あり。

大阪ガスの「もっと割料金」相当のコースのみ、月100円の割引が適用となります。

「もっと割」はガスの使用量が多いほど料金がお得になるプラン。

年間600㎥程度以上使う家庭であればお得になりますが、少ない家庭には不向きです。

一般料金などそのほかの料金プランは割引対象外。

こうした点やセット割の内容なども考えると、J:COMガスのセットは微妙なところ。

東京ガスエリアなら東京ガスでまとめた方が、電気代とガス代の節約になるでしょう。

大阪ガスエリアで使用量が多い家庭ならJ:COMでも良いですが、それ以外ならセット割もないのでまとめるメリットはありません。

関西電力や大阪ガスでまとめた方が良いでしょう。

なお、ガスの場合も電気と同様、所定の契約解除料がかかります。

注意点5. ホームページの説明が分かりにくい

J:COM電力の直接的な注意点ではありませんが、ホームーページの説明が分かりにくい点も要注意。

契約や解除にかかる手数料についても「各サービスのご利用・解約、サービス変更には工事費/手数料/初期費用などが必要です。」と小さく書いてあるだけ。
jcom説明
具体的な金額については別のページ(「お得な料金・プラン」の各ページにある「契約条件」のところ)に記載されているため、簡単には見つけられません。

うっかり見落として高額な契約解除料を支払うことにならないよう、注意が必要です。

注意点6. J:COM電力単体の利用だと大手電力会社と変わらない

J:COM電力は、ケーブルテレビやインターネットなどJ:COMの他のサービスを利用しなくても、単体で契約することができます。

ただし、電力単体で利用する場合の料金は大手電力会社の料金と同じ。

高くなることはありませんが、安くなることもありません。

ただ切り替え手続きの手間がかかるだけなので、利用するなら他のサービスと合わせて利用する方が良いでしょう。

J:COM電力の評判

J:COM電力の評判について、ネット上の声をいくつか紹介します。

良い評判

”あ、8月の電気代・・・6000円でした。エアコン入れてたのに・・・。JCOM電力すげぇな。ネットはダメなのにww”
https://twitter.com/candy_pink81614/status/1045181560746463232?s=21

”高すぎるでしょ!!!😳うちJCOM電気にしましたけど、電気代ぜんぜん変わりましたよ!エアコン、ホットカーペット付けっ放しで、JCOMチャンネル、wifi代込みで18000円くらいですよ!”
https://twitter.com/meguhancock/status/955331727899082752?s=21

悪い評判

”JCOM電力がオール電化も対応になったって営業電話があって申込書を送っていいかって言われたから、じゃぁ検討するからとりあえず送ってくださいって言ったら、届いた封書は申し込みありがとうございます。だし、まだ返信ないけど申込書届いてる?って催促の電話掛かってくるし。。こういうの嫌い。”
https://twitter.com/crosside/status/1139331554386124800?s=21

”JCOM電気大して安くないし解約しようと思ったら、違約金スゲーとられんのねこれ。”

”調べたらそうだった。しかし電気代が10000円超えてる。何月分のなんだか。。。jcom電気は確定して請求されるまで時間かかるし、クレカ払いでさらに遅れるから、いったい何月の請求なのかさっぱりわからない。”

”ぎょえ!JCOM電気の請求見て目ん玉飛び出た(⊙ω⊙) 15,000円ってどんだけぼったくってんだ(⊙ω⊙)”

電気代が安くなったという声もある一方、高い電気代に驚いたという声も。

違約金に関する声もありました。

全体的に良い評判よりも悪い評判の方が多いという感じです。

各エリアの料金プラン

J:COM電力の従量メニューは、基本料金については大手電力会社と同額。

従量料金については、段階ごとに割引率が変わります。

  • 第1段階・・・0.5%割引
  • 第2段階・・・1%割引
  • 第3段階・・・10%割引

まとめ

最後にもう一度、J:COM電力のメリットと注意点をまとめておきます。

【J:COM電力のメリット】

  • 電力セット割でJ:COMが最大12,000円割引
  • オール電化プランもある
  • テレビで電気料金の確認ができる

【J:COM電力の注意点】

  • 解約金・違約金が最大2万円(九州エリアは最大3万5千円)と高い
  • 契約手数料3,000円
  • エリアが限定的
  • ガスのセットは微妙
  • ホームページの説明が分かりにくい
  • J:COM電力単体の利用だと大手電力会社と変わらない

J:COM電力は、とにかく高額な解約金・違約金に注意が必要です。

ホームページを見ても、解約金や違約金は分かりにくくなっています。

さらに契約手数料として3,000円かかる点も、他の電力会社にはない注意点。

J:COMをすでに利用している人や、ケーブルテレビなど電気以外のJ:COMのサービスに興味がある人なら良いですが、それ以外の人には不向きです。

ガスのセット割もありますが内容はイマイチなので、他社でまとめた方が結果的にお得になる可能性が高くなっています。

セット割についても「最大12,000円お得」とかなりお得に思えますが、12,000円割引になる対象プランは限定的。

J:COM電力を使うかどうかは、電気料金以外の利用料金(インターネットやテレビ、電話)もチェックしたうえで決めることをおすすめします。

公式サイトはこちら
J:COM電力