電気の選び方
電力会社に興味はあるけど、色々調べるのがメンドウ。

そんなあなた、これを読めば、あなたに最適な電気が5分で分かります。

電力会社を選び方とは?

電力会社を選ぶ方法はこちら。

【電力会社を選ぶ方法】
  • 契約件数が多い又は運営がしっかりしている新電力を選ぶ
  • 1ヶ月の電力使用量でざっくりと候補を絞る
  • その中からセット割やポイントサービス、キャンペーンで利用できそうなものを選ぶ
  • 各社の公式サイトでシミュレーションし、納得できれば申し込む(解約時の違約金を確認)

1. 契約件数が多い又は運営がしっかりしている新電力を選ぶ

電力会社を電気料金で選ぼうとすると、あることに気付きます。

星の数ほど電力会社があるけど、聞いたこと無い電力会社ばかり…。

2018年12月12日時点で電力販売会社として543社が登録されている。
一方で、供給実績のない事業者が118社もあり、実際に卸電力取引所に登録している会員数は150社程度。

経済産業省・電力ガス小売全面自由化の進捗状況について

電力会社の7割以上は、ほとんど実績がありません。

もしあなたが先駆者になる覚悟があるなら、実績のない安い電力会社を選ぶのもあり。

しかしわざわざリスクをとるつもりが無いなら、実績のない電力会社を検討する必要はありません。

というかシェア上位15社で十分でしょう。
(シェア上位15社であれば、少なくとも契約件数は8万件以上です)

2. 使用する電力量で候補を絞る

シェア上位の主要新電力(経済産業省2018年12月発表)について、東京電力エリアの電気料金を比較したのがこちら。

あなたが1ヶ月に使用する電力量で、お得な電力会社を探して下さい。

【主要新電力の電気代比較】
東京電力エリア
※表はスクロールします→
全国
シェア
電力会社 お得度 2人家族
契約容量40A
月300kWh
3人家族
契約容量40A
月400kWh
4人家族
契約容量40A
月500kWh
5人家族
契約容量50A
月600kWh
6人家族
契約容量50A
月700kWh
備考
(計算条件)
1位
(20%)
東京ガス
詳細
7,754円 最安値
10,073円
最安値
12,486円
15,555円 17,878円 ※でんきガスセット割(定額A)270円割引
※ポイント1000円毎15P還元
-392円 -1,075円 -1,664円 -1,878円 -2,557円
2位
(11%)
auでんき
詳細
7,735円 10,586円 13,437円 16,555円 19,406円 ※8000円以上で5%ポイント還元
-410円 -561円 -712円 -877円 -1,028円
3位
(10%)
大阪ガス
※関西のみ
4位
(6%)
ENEOSでんき
詳細
7,703円 10,245円 12,788円 15,609円 18,151円 ※Tポイント200円毎1P還元
※2年とくとく割0.2円/kWh割引
解約金1,080円
-443円 -902円 -1,362円 -1,823円 -2,283円
5位
(6%)
ハルエネでんき
詳細
× 8,089円 11,091円 14,093円 17,362円 20,364円
-56円 -56円 -56円 -70円 -70円
6位
(4%)
ソフトバンク
自然でんき
詳細
7,800円 10,400円 13,000円 15,600円 18,200円
-346円 -748円 -1,150円 -1,832円 -2,234円
7位
(2%)
エネワンでんき
詳細
8,102円 10,744円 13,386円 16,298円 18,940円
-43円 -403円 -763円 -1,134円 -1,494円
8位
(2%)
イーレックス
詳細
7,824円 10,548円 13,272円 16,276円 19,000円
-321円 -599円 -877円 -1,157円 -1,435円
9位
(2%)
J:COM関西
※関西のみ
10位
(2%)
Looopでんき
詳細
7,800円 10,400円 13,000円 15,600円 18,200円
-346円 -748円 -1,150円 -1,832円 -2,234円
11位
(2%)
東急でんき
詳細
8,057円 10,900円 13,743円 16,813円 19,656円
-89円 -248円 -407円 -620円 -779円
12位
(1%)
J:COM関東 8,087円 10,789円 13,491円 16,473円 19,175円
-59円 -359円 -659円 -959円 -1,259円
13位
(1%)
じぶん電力
※受付停止中
14位
(1%)
eo電気
※関西のみ
15位
(1%)
ミツウロコでんき
詳細
7,768円 10,292円 12,816円 15,621円 18,145円
-377円 -855円 -1,333円 -1,811円 -2,289円
18位
(1%)
HISのでんき
詳細
最安値
7,444円
10,146円 12,848円 15,690円 18,392円
-702円 -1,002円 -1,302円 -1,742円 -2,042円
新登場 楽天でんき
詳細
7,761円 10,348円 12,935円 15,522円 18,109円 ※楽天Sポイント200円毎1P還元
-385円 -800円 -1,215円 -1,910円 -2,325円
新登場 あしたでんき
詳細
7,650円 10,200円 12,750円 最安値
15,300円
最安値
17,850円
-496円 -948円 -1,400円 -2,132円 -2,584円
参考 東京電力新プラン
(スタンダードS)
× 8,002円 10,989円 13,976円 17,244円 20,231円 ※1000円毎1P還元
※ガスセット割100円引
-144円 -159円 -174円 -189円 -204円
基準 東京電力
従量電灯B
8,146円 11,148円 14,150円 17,432円 20,434円

※上記は基本料金と電力料金のみで、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額は各社同額が別途かかります。

主要新電力でもずいぶん価格差があることが分かります。

新電力でお得なのは、同程度で次の8社。

  • 東京ガス
  • ENEOSでんき
  • ソフトバンク 自然でんき
  • Looopでんき
  • ミツウロコでんき
  • H.I.Sのでんき
  • 楽天でんき
  • あしたでんき

あしたでんきとは

あしたでんき
あしたでんきは、東京電力グループの新電力で2018年5月にスタートしたばかり。

実績はこれからですが、東電グループの信頼性と低価格でシンプルな料金設定から、現在急成長中。

基本料金0円で従量料金が一定の標準プランと、基本料金が3,000円で従量料金が安くなるプランの2種類があります。

解約時の違約金もないので人気です。

あしたでんきについて詳しくはこちら
「あしたでんき」のメリットと注意点を、わかりやすく解説!

いますぐ公式サイトでシミュレーションしてみるならこちら
あしたでんき

※今ならもれなくAmazonギフト券2,000円分プレゼント(2019年7月1日〜9月30日)

電気料金で候補をしぼったら、セット割やポイントサービスをチェックしましょう。

  • 新電力(ガス会社や石油会社など)の目的は、本業でユーザーを囲い込むこと。だからセット割やポイントサービスもお得になっている。
  • ほとんどの新電力では解約も無料。気軽に試せる。

セット割やポイントがいくつか使えそうなら、それぞれ公式サイトのシミュレーションを比較して、電気料金も含めたトータルが安い方を選べばOK。

3. セット割で選ぶ

【主なセット割】

東京ガスとのセット(東京ガス)

ガスを利用しているイメージ
東京ガスを利用しているあなたは、東京ガスのセット割がおすすめ。

東京ガスのセット割では、ガス料金が年間3,240円もお得になります。
さらに電気料金も他の新電力と同じ様に使用量が多いほどお得になるシステム。
282kWh(おおよそ8,000円)以上を利用すれば電気代も使うほどお得になります。

さらにインタネットの光回線とトリプル割にすると、割引が大きくなります。

東京ガスについて詳しくはこちら
東京ガスのでんきの詳細

試しにシミュレーションするならこちらの公式サイトで
⇒ 東京ガスの料金シミュレーションはコチラ!

プロパンガスとのセット(エネワンでんき)

プロパンガスとセット割で年間約2,400円割引になるのは、シェア6位のエネワンでんき。

ウォーターサーバーとのトリプル割もあります。

エネワンでんきについて詳しくはこちら
ガス会社が提供する「エネワンでんき」ってどうなの?

試しにシミュレーションするならこちらの公式サイトで
⇒ エネワンでんきの料金シミュレーションはコチラ!

ガソリンとのセット(ENEOSでんき、昭和シェル)

エネオスでんきと昭和シェルの比較イメージ
車によく乗るあなたにオススメなのは、電気を利用することでガソリン代が割引になるタイプ。

例えば、ENEOSでんき。
電気代の支払いにENEOSカードを利用すると、ENEOSカードの特典に加えてガソリン代が1円/L引きになる特典付。
昭和シェルの場合はガソリンが10円/L引きになります。

電気を使うことでガソリン代がお得になるとは、新電力ならではのサービスですね。

ENEOSでんきについて詳しくはこちら
ガソリンが安くなる? エネオスでんきって?

昭和シェルでんきについて詳しくはこちら
昭和シェルの電気でガソリンが安くなる!

4. ポイントで選ぶ

新電力ではポイントサービスが充実した会社も多い。

ポイントサービスを上手く利用できるなら、新電力を選ぶ際にポイントも含めて考える方がよいでしょう。

ポイント交換率と種類では東京ガスが最強です。

【新電力シェア上位のポイント一覧】
表はスクロールします→

 TポイントPonta楽天nanacoWAONdポイントPASMOANAマイルJALマイル
東京ガス1.5%1.5%1.5%1.5%1.5%1.5%---
auでんき---------
大阪ガス---------
ENEOSでんき0.5%------0.5%-
エネワンでんき-0.5%---0.5%--0.25%
東急でんき------1%0.75%0.5%
J:COM関西---------
ソフトバンクでんき5kWhにつき50ポイント--------
eoでんき---------
Looopでんき---------
まちエネ-1%---1%--0.5%
J:COM関東---------
じぶん電気
北海道ガス---------
楽天でんき--0.5%------
HISのでんき---------
北海道電力-------
東北電力------
東京電力0.5%0.5%-0.5%0.5%----
中部電力0.5%--0.5%0.5%0.5%--0.25%
関西電力-0.64%0.64%0.64%0.64%0.64%-0.4%-
中国電力----0.5%----
九州電力---------

※ソフトバンクでんきはバリュープランで月300kWh未満の場合のみ。最大1000ポイントまで。

マルチポイント(dポイント・Ponta・楽天・Tポイント・WAON・nnaco)(東京ガス)

東京ガスのパッチョポイントは、他のポイントサービスと交換することができるんです。

ガスと電気のセットで、1,000円あたり15ポイントと交換率も最強。

東京ガスのパッチョポイントは、

  • dポイント
  • Ponta
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント

と交換できます。

交換率は全て1:1です。

こちらは毎月の電気料金の支払いやキャンペーンに参加することでもらえるポイント。
電気代やガス代の支払いには利用できません。

東京ガスについて詳しくはこちら
申込件数140万件突破! 東京ガスの電気とは

5. キャンペーンで選ぶ

新電力ではキャンペーンも豊富。

キャンペーンについて詳しくはこちら
電力会社のキャンペーンまとめ

料金でなく自然エネルギー100%で選ぶなら

もしあなたが、電気料金は今のままで良いので、子どもたちの世代に豊かな地球を残したいと思うなら、実質100%自然エネルギーという選択肢もあります。

自然電力のでんきでは、今までの従来電力料金とほぼ同じ料金で、実質100%自然エネルギーの二酸化炭素(CO2)排出ゼロの電気を選ぶことができます。

シミュレーション・お申込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自然電力のでんきについて詳しくはこちら
「自然エネルギー100%の電気」自然電力のでんきを選ぶメリットとは

リスクはないので、気軽に乗り換えが正解

電力会社を乗り換えること自体にはリスクなし。「どうしようかな」と悩んでいるなら、どこでも良いのでとにかく乗り換えたほうがお得です。

新電力の選び方の前に、新電力に乗り換えるのってメンドウだと思っていたりしませんか?

実はそんなことないんです! 気になる電力会社が見つかれば、手元に検針票を準備して申込むだけ。メーターの交換作業などは発生しますが、無停電で立ち合いもなく、費用も発生しません。もちろん、賃貸住宅でも乗り換え可能です。

ただし集合住宅で高圧一括受電をしている場合は、個別に乗り換えができないこともあります。

切り替え方はこちらも参考に
メンドウ?カンタン?新電力への切り替え方

乗り換え対象外の人とは

新しい電気に乗り換えると、誰でもお得なわけではありません。

新しい電気に乗り換えてもメリットが少ない人、そもそも選べるプランがない人もいます。

そんな新しい電気への乗り換え「対象外」な人は、このタイプです。

  • オール電化の人

電力使用量が少ない人も、2017年春までは乗り換え対象外でしたが、今はいくつかお得なプランが出ています。

オール電化は選択肢なし

オール電化イメージ
オール電化住宅の場合は、新電力の選択肢はありません。
東京電力の新プランを選ぶことになります。

そもそも原子力発電の夜間電力利用のために普及してきたオール電化、原子力発電所が停止している今の時勢では、メリットが打ち出しにくいのです。

オール電化住宅向けのプランとしては、東京電力の新料金プランであるスマートライフプランがあります。

このプランには、特典として住宅設備修理サービスが付帯。
エコキュートやIHクッキングヒーターといったオール電化住宅特有の設備が故障した場合に、修理サービスが受けられるサービスです。

また、新料金プランではTポイントまたはPontaのいずれかのポイントも貯まります。従来にはなかったサービスが付く分、お得になりますね。