これまで、管内すべての一般家庭に電気を販売していた東京電力。電力自由化により、他社に既存顧客を取られる立場となりました。競争の激化もあり、東京電力エナジーパートナー(以降 東京電力EP)では新しい料金プランを発表。これまでのプランと比べると、電気代はどれくらい変わるのでしょうか。

従来のプランも引き続き利用OK

東京電力EPでは新しい料金プランを発表しましたが、現在契約している従来のプランも引き続き利用することができます。新しい料金プランの方が電気代は安くなってお得かも! と思ってしまいがちですが、そこはちょっと待って。電気使用量や使い方によっては、従来のプランの方が安いことも。

では、具体的に電気代はどれくらい変わってくるのでしょうか。

全ての料金プランを比較することは難しいので、今回は従来の従量電灯B・Cのプランと、それに近いスタンダードS・Lプラン、そして使用量が多い人向けのプレミアムプランを比較してみます。

従量電灯BとスタンダードSの場合

これまでの従量電灯Bにあたる料金プランが、スタンダードSというプラン。

これは契約の大きさ(ブレーカー容量:10A〜60A)による基本料金と、電気の使用量に応じた電力量料金によって電気代が決まるしくみ。

基本料金自体は新旧プランとも同額、電力量料金もほぼ同額です。

【基本料金】
契約量従量電灯B
料金(税込)
スタンダードS
料金(税込
10A280円80銭280円80銭
(変更なし)
15A421円20銭421円20銭
(変更なし)
20A561円60銭561円60銭
(変更なし)
30A842円40銭842円40銭
(変更なし)
40A1,123円20銭1,123円20銭
(変更なし)
50A1,404円00銭1,404円00銭
(変更なし)
60A1,684円80銭1,684円80銭
(変更なし)
【電力量料金】
従量電灯B
1kWhあたり
料金(税込)
スタンダードS
1kWhあたり
料金(税込)
最初の120kWhまで19円52銭19円52銭
(変更なし)
120kWhを超え
300kWhまで
26円00銭25円98銭
(-2銭)
上記超過30円02銭30円02銭
(変更なし)

東京電力の新プランに乗り換えても、電気代はほとんど安くなりません。

乗り換えるなら、他の新電力に乗り換えた方が確実にお得になります。

参考までに新電力シェア上位15社の料金と比較するとこちら。

【主要新電力の電気代比較】
東京電力エリア
※表はスクロールします→
全国
シェア
電力会社 お得度 2人家族
契約容量40A
月300kWh
3人家族
契約容量40A
月400kWh
4人家族
契約容量40A
月500kWh
5人家族
契約容量50A
月600kWh
6人家族
契約容量50A
月700kWh
備考
(計算条件)
1位
(20%)
東京ガス
詳細
7,754円 最安値
10,073円
最安値
12,486円
15,555円 17,878円 ※でんきガスセット割(定額A)270円割引
※ポイント1000円毎15P還元
-392円 -1,075円 -1,664円 -1,878円 -2,557円
2位
(11%)
auでんき
詳細
7,735円 10,586円 13,437円 16,555円 19,406円 ※8000円以上で5%ポイント還元
-410円 -561円 -712円 -877円 -1,028円
3位
(10%)
大阪ガス
※関西のみ
4位
(6%)
ENEOSでんき
詳細
7,703円 10,245円 12,788円 15,609円 18,151円 ※Tポイント200円毎1P還元
※2年とくとく割0.2円/kWh割引
解約金1,080円
-443円 -902円 -1,362円 -1,823円 -2,283円
5位
(6%)
ハルエネでんき
詳細
× 8,089円 11,091円 14,093円 17,362円 20,364円
-56円 -56円 -56円 -70円 -70円
6位
(4%)
ソフトバンク
自然でんき
詳細
7,800円 10,400円 13,000円 15,600円 18,200円
-346円 -748円 -1,150円 -1,832円 -2,234円
7位
(2%)
エネワンでんき
詳細
8,102円 10,744円 13,386円 16,298円 18,940円
-43円 -403円 -763円 -1,134円 -1,494円
8位
(2%)
イーレックス
詳細
7,824円 10,548円 13,272円 16,276円 19,000円
-321円 -599円 -877円 -1,157円 -1,435円
9位
(2%)
J:COM関西
※関西のみ
10位
(2%)
Looopでんき
詳細
7,800円 10,400円 13,000円 15,600円 18,200円
-346円 -748円 -1,150円 -1,832円 -2,234円
11位
(2%)
東急でんき
詳細
8,057円 10,900円 13,743円 16,813円 19,656円
-89円 -248円 -407円 -620円 -779円
12位
(1%)
J:COM関東 8,087円 10,789円 13,491円 16,473円 19,175円
-59円 -359円 -659円 -959円 -1,259円
13位
(1%)
じぶん電力
※受付停止中
14位
(1%)
eo電気
※関西のみ
15位
(1%)
ミツウロコでんき
詳細
7,768円 10,292円 12,816円 15,621円 18,145円
-377円 -855円 -1,333円 -1,811円 -2,289円
18位
(1%)
HISのでんき
詳細
最安値
7,444円
10,146円 12,848円 15,690円 18,392円
-702円 -1,002円 -1,302円 -1,742円 -2,042円
新登場 楽天でんき
詳細
7,761円 10,348円 12,935円 15,522円 18,109円 ※楽天Sポイント200円毎1P還元
-385円 -800円 -1,215円 -1,910円 -2,325円
新登場 あしたでんき
詳細
7,650円 10,200円 12,750円 最安値
15,300円
最安値
17,850円
-496円 -948円 -1,400円 -2,132円 -2,584円
参考 東京電力新プラン
(スタンダードS)
× 8,002円 10,989円 13,976円 17,244円 20,231円 ※1000円毎1P還元
※ガスセット割100円引
-144円 -159円 -174円 -189円 -204円
基準 東京電力
従量電灯B
8,146円 11,148円 14,150円 17,432円 20,434円

※上記は基本料金と電力料金のみで、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額は各社同額が別途かかります。

従量電灯CとスタンダードLの比較

従来の従量電灯Cの新しい料金プランが、スタンダードLというプラン。

【基本料金】
 従量電灯C
1kVAあたり
料金(税込)
スタンダードL
1kVAあたり
料金(税込)
基本料金280円80銭280円80銭
(変更なし)
【電力量料金】
従量電灯C
1kWhあたり
料金(税込)
スタンダードL
1kWhあたり
料金(税込)
最初の120kWhまで19円52銭19円52銭
(変更なし)
120kWhをこえ
300kWhまで
26円00銭25円98銭
(-2銭)
上記超過30円02銭30円02銭
(変更なし)

スタンダードLでも、旧料金プランとほぼ同じだと分かります。

乗り換えるだけで確実にお得

新電力はどこを選んでも、それなりにお得なことが分かったかと思います。

しかしまだ乗り換えていない家庭が過半数という現実。

たった5分ほどの手続きで乗り換えられるのですから、もったいない話です。

電力会社の選び方はこちらを参考に
電力会社トップ15社比較! 5分で分かる選び方

電力会社はキャンペーンで選ぶのもオススメ
電力会社のキャンペーンまとめ