主婦イメージ
収入が少ないパートや専業主婦だと、クレジットカードは作れないと思っていませんか?

そんなことはありません!

ポイントや得点でお得になることが多いクレジットカード。

今回は主婦のあなたにオススメのカードをご紹介します。

クレジットカードの審査は主婦でも通る

クレジットカードを作る際には審査があり、申し込んだ人に返済能力があるかどうかが審査されます。

そのため収入が少ないとカードが作れない場合も。

しかし主婦をターゲットにしているカードもあり、そういったカードであれば収入が少なくても審査には通ります。

また専業主婦の場合は配偶者の収入が審査対象になるため、審査に通ることも多いんです。

主婦がカードを持つメリット

では主婦がクレジットカードを持つメリットにはどんなことがあると思いますか?

ポイントが貯まりやすい

まずは何といっても、ポイントが貯まりやすいことが挙げられます。

家族の中でも買い物の機会が多いのはやはり主婦。

買い物の機会が多いということは、カードを利用する機会も多いということ。その分、ポイントも貯まりやすいんです。

ネットショップが利用できる

またカードがあるとネットショップも利用しやすくなります。

かさばる物や重たいもの、子どもが小さくてなかなか買い物に行けない場合など、ネットショップを利用している人も多いのでは。

カード払いなら手数料もかからず、事前に小銭を用意したり銀行へ振り込みに行く必要もありません。

カードを利用した分は明細に残るので、家計の管理もしやすくなります。

主婦がカードを持つデメリット

もちろん、メリットばかりではありません。

使いすぎに注意

目に見えてお金が減るわけではないので、使いすぎてしまうことも。

いくらポイントがもらえるといっても、身の丈に合う使い方をしなければ苦しくなるだけ。

当然ですが、きちんと管理することが必要になります。

買い物の機会が多いスーパーのカードはオススメ

では、実際に主婦にオススメのクレジットカードにはどんなものがあるか見てみましょう。

まずはスーパーなど流通系のカード。普段から利用する機会が多いスーパーだからこそ、カードがあると一段とお得度がアップしますよね。

1枚で3役! イオンカードセレクト

イオンカードには多くの種類のカードがありますが、その中でも特にオススメのカードです。

クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカード、WAONカードの3枚が1つになったカード。

お財布の中もスッキリしますね。

クレジットカードの利用で「ときめきポイント」が、WAONの利用で「WAONポイント」が貯まります。

ともに、200円で1ポイント(還元率は0.5%)もらえます。

入会金、発行料、年会費などは一切かからないのに、とてもお得なカードです。

イオンカードセレクトの特徴

  1. 毎月20日・30日はイオングループ各店舗でクレジットカードまたはWAON利用で、お買い物5%オフ
  2. 毎月5のつく日はクレジットカード利用で「ときめきポイント」が、WAON利用で「WAONポイント」が通常の2倍に(200円で2ポイント付与)
  3. 55歳以上なら毎月15日はイオングループ各店舗でクレジットカードまたはWAON利用でお買い物5%オフ
  4. WAONのオートチャージを利用すると、200円につき1WAON付与
  5. イオン銀行ATM手数料がいつでも無料
  6. イオン銀行の普通預金金利が、店頭金利より0.1%上乗せ
  7. 公共料金をクレジットカード払いまたはイオン銀行の口座振替にすると、1件につき5WAONポイント付与
  8. イオン銀行を給与振込口座にすると毎月10WAONポイント付与
  9. 年会費無料。

このようにお得感満載のイオンカードセレクトですが、引き落とし口座はイオン銀行のみ。

イオン銀行の口座はカードを申し込む際に同時に開設できますが、引き落とし口座指定なので、人によっては使いづらいカードと言えるかもしれません。

それでもメリットが多いイオンセレクトカード。

イオン系列の店舗やWAONを利用する機会が多いなら、持っておきたい1枚です。

西友系列がお得! ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

こちらは西友、リヴィン、サニーの各店舗で毎日3%オフになるとてもお得なカード。カードの利用で「永久不滅ポイント」が貯まります。

こちらも年会費無料です。

ウォールマートカードの特徴

  1. 西友、リヴィン、サニーで毎日3%オフ
  2. 毎月5日・20日は5%オフ
  3. SEIYUドットコムでも毎日3%オフ
  4. 年会費無料。

西友やリヴィン、サニーで買い物をするなら持っておきたい1枚。

何といっても、毎日3%オフというのは大きいですよね。

西友のネットスーパーである「SEIYUドットコム」でも、毎日3%オフになります。

買い物1回あたりの金額は小さいかもしれませんが、1か月や1年単位で見ると大きな額です。

また、このカードはコストコを利用する人にもオススメ。コストコで使えるクレジットカードは、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)のみ。

アメックスのカードは年会費がかかるものがほとんどですが、このカードなら年会費無料です。

一方でこのカードのデメリットは、西友などで3%オフになった場合はポイントが貯まらない点。

割引になっているのでデメリットとは一概に言いにくいですが、せっかくならポイントも貯まってほしいと思ってしまいますよね。

ただ、永久不滅.comを経由してSEIYUドットコムを利用した場合は、3%オフでもポイントはもらえます。

また、毎月5日・20日の5%オフなら通常の店舗でもポイントがもらえるので、この日を狙ってまとめ買いするのもいいかもしれません。

流通系以外にも主婦にオススメのカードはある

次に女性向けのカード2つをご紹介します。

女性向けなので、主婦も比較的審査に通りやすいと言えます。

信頼性やステータス性も十分! 三井住友VISAアミティエカード

三井住友カードが発行している女性向けのクレジットカードです。
年会費は1,250円(税抜)と有料ですが、初年度無料、条件を満たせば翌年度以降も無料になります。貯まるポイントは「ワールドプレゼント」で、還元率は0.5%です。

三井住友VISAアミティエカードの特徴

  1. 年会費初年度無料。翌年度以降は「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上の利用で無料。
  2. 携帯・PHS利用料はポイント2倍。
  3. 写真入りICカードも選べる。
  4. 付帯保険が充実している。

年会費が無料になる「マイ・ペイすリボ」の登録と年1回の利用ですが、少し注意が必要です。
「マイ・ペイすリボ」はリボ払いサービスのため、そのまま利用してしまうとリボ払いの手数料が取られてしまうことに。

そうならないよう、まずは支払額を上限いっぱいに変更しておきましょう。

「マイ・ペイすリボ」は初回手数料が無料なので、実質1回払いのように手数料を取られることなく、利用することができます。

付帯する保険の内容も充実していて、海外旅行保険は自動付帯。他のカードと合わせて、保険内容を充実させることもできますね。

三井住友カードが発行しているため、審査基準は少し厳しいかもしれません。

しかし、女性会員の獲得に力を入れているカードでもあるので、主婦でも審査に通る可能性は大きいです。

詳しくはこちらの公式サイトで
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


選べるカードデザインが魅力のJCB LINDA

JCBが発行している女性向けクレジットカード。年会費は無料ですが、データ維持料として月108円かかります。ただ、データ維持料はJCB LINDAで携帯電話やPHSの支払いをするか、支払金額が月額1万円以上ならば無料になります。

ポイントも、Oki Dokiポイントプログラムfor LINDAという独自のプログラム。これは年間の利用金額が50万円に達すると翌月から2倍、100万円に達すると翌月から3倍になります。

JCB LINDAの特徴

  1. 会員限定のプレゼントがある。
  2. 女性のための保険「お守リンダ」(有料)。
  3. 独自のポイントプログラム「Oki Dokiポイントfor LINDA」。
  4. カードデザインを選べる。
  5. 年会費無料。

女性向けの保険「お守リンダ」は、女性特定がん、天災限定傷害、犯罪被害補償、傷害入院保障の4つのプランがあります。いずれも手頃な掛け金(30円〜630円)で必要な保険を選べるので、まさにお守り代わりになる保険です。

カードデザインも7種類の中から選べたり、会報誌や公式サイトで「キレイ」を応援するための情報も発信。

申込み対象も「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
高校生を除く18歳以上の学生」となっており、専業主婦でも作りやすい、女性に嬉しい特典が満載のクレジットカードです。

詳しくはこちらの公式サイトで
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カードがあればお買い物も暮らしも楽しくなる

ある程度の収入がある人に比べると、専業主婦やパートなどで収入の少ない主婦にとってカードを作ることは簡単ではありません。

でもカードを上手に利用すればお買い物が割引になったり、ポイントも貯まります。

貯まったポイントは家族で使ったり、自分の好きなものに交換したりと楽しみも増えます。

カードが作れたならばどんどん活用して、お得で楽しい毎日を送ってくださいね。