電力自由化とポイントのイメージ
電力自由化により、私たちはこれまで以上にお得な料金プランを選べるようになりました。それだけでなく、電力会社によってはお得なポイントサービスを提供しているところもあるんです。一体どんなポイントサービスがあるのか、見ていきましょう。

Tポイントが貯まる!

TSUTAYAをはじめとした街中のお店や、Yahoo! JAPAN、LOHACOといったインターネットサービスでもおなじみのTポイント。利用している人も多いと思います。新電力の中には電気料金に応じて、Tポイントを貯められるところもあるんですよ。

ENEOSでんき

ガソリンスタンドでおなじみのENEOSでは、東京電力管内で「ENEOSでんき」という名称で電気の販売をスタートしました。

この「ENEOSでんき」では、電気料金の支払い200円(税抜)につき1ポイントのTポイントを付与。貯まったポイントは、街中のお店やYahoo! ショッピングといった提携店で利用可能です。

ただし、「ENEOSでんき」の支払いにTポイントを利用することはできないので、注意してください。

Tポイントを貯めるための手続き方法とは

「ENEOSでんき」でTポイントを貯めるには、事前の手続きとYahoo! JAPAN IDが必要になります。Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、事前に取得してください。

手続きといっても難しいものではなく、ネット上で簡単に済ませることが可能。

具体的には、「ENEOSでんき」を契約した後、「ENEOSでんき お客さまマイページ」へログイン。Tポイント利用手続き開始のページで、Yahoo! JAPAN IDを入力すれば完了です。

付与のタイミングは支払方法や検針日によって違う

Tポイントがいつ付与されるのかも気になるところですよね。付与のタイミングは、電気料金の支払い方法によって異なります。

まず、クレジットカード決済の場合。毎月21日ごろに付与されます。検針日や決済処理の日程によっては、検針の翌月に付与される場合もあるようです。

一方、口座振替の場合。こちらは口座引き落としから1週間程度で付与されます。年末年始やゴールデンウィークと言った大型連休時は、1週間以上かかる場合もあるようです。

Tポイントが貯まらない場合も

「ENEOSでんき」にはTポイントサービス以外の割引や特典があります。

例えば、電気料金の支払いにENEOSカードを利用すると、ENEOSでの給油が1円/L引きになる、ENEOSカード割引。また、マイルなどの優待が受けられる特別提携カードでの電気料金の支払い。

こういった割引・特典と重複してTポイントを貯めることはできません。

ソフトバンクでんき

「ソフトバンクでんき」でも、電気料金に応じてTポイントが貯まります。電気料金1,000円(税抜)につき、5ポイントが付与。

Tポイントはソフトバンクからではなく、東京電力から付与される仕組みです。

Tポイントをもらうための手続き方法

「ソフトバンクでんき」のスタンダードプラン、バリュープラン、プレミアムプランを契約している場合は、東京電力のホームページ(くらしTEPCOのマイページ)で手続きが必要。くらしTEPCOのログインIDとパスワードは、2016年7月以降に通知される予定となっています。

また、「ソフトバンクでんき(FITでんきプラン)」を契約している場合は、My SoftbankやSoftbankの店頭でTカード番号登録(連携)ができます。

東京電力の新料金プラン

東京電力の新料金プランを契約しTポイントコースを選択すると、Tポイントが貯まります。こちらも電気料金1,000円(税抜)につき、5ポイント付与。再生可能エネルギー発電促進賦課金、各種事務手数料などは除きます。

ポイント付与のタイミングは2016年9月以降。契約開始月からの分がまとめて初回ポイント付与日に付与されます。

手続きは、くらしTEPCOから

東京電力の新料金プランでTポイントを貯める場合は、「ソフトバンクでんき」同様、くらしTEPCOでの手続き(会員登録)が必要です。ログインIDやパスワードは、2016年7月以降にハガキまたはショートメッセージ(SMS。申込み時に携帯電話番号を記載した場合)で通知される予定。見逃さないよう、注意してくださいね。

東京電力ではPontaも選べる

東京電力の新料金プランでは、Pontaポイントも貯められます。TポイントかPontaのどちらを貯めるか、自分で選ぶかたちです。Tポイント同様、1,000円(税抜)につき5ポイントを付与。Pontaの場合も再生可能エネルギー発電賦課金などの諸費用は除きます。

手続き方法はTポイントと同様

東京電力でPontaを貯めたい場合の手続き方法はTポイントと同じ。くらしTEPCOで手続きをしてください。

ログインID、パスワードの通知時期や通知方法も、Tポイントの場合と同様です。

その他ポイントサービス

ここで紹介したTポイントやPonta以外にも、各電力会社では独自のポイントサービスを展開しているところも。

例えば、東京ガスの「パッチョポイント」、関西電力の「はぴeポイント」などなど。独自のポイントなので使い勝手はどうなんだろう?と気になる人もいるかもしれません。

電力会社独自のポイントであっても、様々なポイントに交換が可能。楽天スーパーポイントやdポイント、nanacoポイントなど交換先は異なるものの、これまで以上にお得にポイントを貯められるようになりますね。

電力自由化により、電気でポイントが貯められる時代に

電力自由化が始まったことで、私たちは電力会社を選べるようになっただけでなく、電気でポイントを貯められるようになりました。スタートしたばかりなので、電気とポイントサービスはなかなか結び付かないかもしれません。ですが、今後は更なるサービスの連携の可能性だってあります。

料金だけでなく、ポイントサービスの面から電力会社を検討することで選択肢が広がり、暮らし全体がお得になることも。

ポイントサービスと新電力、一度検討してみてはいかがですか?