auイメージ
auでおなじみのKDDIは、2016年4月から一般家庭向けに電気の販売をスタートしました。

auユーザーだけが利用できるauでんきは、電気料金に応じて一律キャシュバックがあるためお得です。

ただし、新電力としては最安というわけでないので、auにサービスや支払いをまとめたい人に向いています。

auでんきの注意点申込み方法から料金プラン、特典などを見てみましょう。

auでんきとは

auユーザー限定のサービス

「auでんき」は、auの携帯電話やスマートフォンを利用している人が申し込めるサービス。
契約者本人はもちろん、家族の中にauを利用している人がいれば申込みOKです。

ただ、家族の中にauユーザーがいたとしても、オール電化向けのプランなどを利用している家庭は申し込めないので、注意が必要です。

供給エリアは全国

auでんきの供給エリアは、沖縄県と一部離島を除いた地域。利用できない離島については、auでんきのホームページから確認できます。

電気料金は変わらない

auでんきでは、実は電気料金自体は、これまでと変わりません。

auでんきの特徴は、キャッシュバックです。

電気代に応じて最大5%のキャッシュバック!

auでんきには「auでんきセット割」という割引があります。

これは、電気代に応じてキャッシュバックが受けられるというもの。

キャッシュバック率は、電気代によって次の違いが。

  • 5,000円未満: 1%
  • 5,000〜8,000円未満: 3%
  • 8,000円以上: 5%

auキャッシュバック

電気代のうち、消費税や燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた分がキャッシュバックの対象となります。

auでんきの注意点

注意点1. ポイントで電気代は支払いできない

auでんきでキャッシュバックされるWALLETポイントでは、auでんきの電気料金を支払うことはできません。

ポイントが使えるのは次のいずれか。

  • au WALLETプリペイドカードにチャージして、Mastercard加盟店で買い物に使う
  • 毎月のau利用料金に充当する
  • au公式通販サイトでお買い物する

注意点2. オール電化など特殊なプランは申し込めない

auでんきは、従量電灯B・C(一部地域では従量電灯A・B)の通常プランの家庭しか申し込めません。

オール電化プランなど特殊なプランでは申し込めません。

注意点3. auでんきは最安値ではない

auでんきは、従量電灯のまま利用しているよりは間違いなくお得です。

支払いをauにまとめることができるのもメリットでしょう。

しかし、新電力の中では最安値というわけではありません。

電気の使用量が月1万円を超えるような家庭では、年間1万円ほど差額ができるため、他の新電力も検討してみるとよいでしょう。

東京電力エリアを例としてみるとこのような感じです。

【主要新電力の電気代比較】
東京電力エリア
※表はスクロールします→
全国
シェア
電力会社 お得度 2人家族
契約容量40A
月300kWh
3人家族
契約容量40A
月400kWh
4人家族
契約容量40A
月500kWh
5人家族
契約容量50A
月600kWh
6人家族
契約容量50A
月700kWh
備考
(計算条件)
1位
(20%)
東京ガス
詳細
7,754円 最安値
10,073円
最安値
12,486円
15,555円 17,878円 ※でんきガスセット割(定額A)270円割引
※ポイント1000円毎15P還元
-392円 -1,075円 -1,664円 -1,878円 -2,557円
2位
(11%)
auでんき 7,735円 10,586円 13,437円 16,555円 19,406円 ※8000円以上で5%ポイント還元
-410円 -561円 -712円 -877円 -1,028円
3位
(10%)
大阪ガス
※関西のみ
4位
(6%)
ENEOSでんき
詳細
7,703円 10,245円 12,788円 15,609円 18,151円 ※Tポイント200円毎1P還元
※2年とくとく割0.2円/kWh割引
解約金1,080円
-443円 -902円 -1,362円 -1,823円 -2,283円
5位
(6%)
ハルエネでんき
詳細
× 8,089円 11,091円 14,093円 17,362円 20,364円
-56円 -56円 -56円 -70円 -70円
6位
(4%)
ソフトバンク
自然でんき
詳細
7,800円 10,400円 13,000円 15,600円 18,200円
-346円 -748円 -1,150円 -1,832円 -2,234円
7位
(2%)
エネワンでんき
詳細
8,102円 10,744円 13,386円 16,298円 18,940円
-43円 -403円 -763円 -1,134円 -1,494円
8位
(2%)
イーレックス
詳細
7,824円 10,548円 13,272円 16,276円 19,000円
-321円 -599円 -877円 -1,157円 -1,435円
9位
(2%)
J:COM関西
※関西のみ
10位
(2%)
Looopでんき
詳細
7,800円 10,400円 13,000円 15,600円 18,200円
-346円 -748円 -1,150円 -1,832円 -2,234円
11位
(2%)
東急でんき
詳細
8,057円 10,900円 13,743円 16,813円 19,656円
-89円 -248円 -407円 -620円 -779円
12位
(1%)
J:COM関東 8,087円 10,789円 13,491円 16,473円 19,175円
-59円 -359円 -659円 -959円 -1,259円
13位
(1%)
じぶん電力
※受付停止中
14位
(1%)
eo電気
※関西のみ
15位
(1%)
ミツウロコでんき
詳細
7,768円 10,292円 12,816円 15,621円 18,145円
-377円 -855円 -1,333円 -1,811円 -2,289円
18位
(1%)
HISのでんき
詳細
最安値
7,444円
10,146円 12,848円 15,690円 18,392円
-702円 -1,002円 -1,302円 -1,742円 -2,042円
新登場 楽天でんき
詳細
7,761円 10,348円 12,935円 15,522円 18,109円 ※楽天Sポイント200円毎1P還元
-385円 -800円 -1,215円 -1,910円 -2,325円
新登場 あしたでんき
詳細
7,650円 10,200円 12,750円 最安値
15,300円
最安値
17,850円
-496円 -948円 -1,400円 -2,132円 -2,584円
参考 東京電力新プラン
(スタンダードS)
× 8,002円 10,989円 13,976円 17,244円 20,231円 ※1000円毎1P還元
※ガスセット割100円引
-144円 -159円 -174円 -189円 -204円
基準 東京電力
従量電灯B
8,146円 11,148円 14,150円 17,432円 20,434円

※上記は基本料金と電力料金のみで、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額は各社同額が別途かかります。

他にお得な新電力を見るならこちらから。

新電力会社シェアトップ15社の電気料金を比較しています。

電力会社のキャンペーンも要チェック
電力会社のキャンペーンまとめ

auでんきアプリで電気料金をチェック!

auでんきアプリを使うと、電気の使用量や料金(予測)を簡単にチェックできます。

これまでの使用実績はもちろん、似たような他の家庭との比較も。

自分の家の電気の使い方を知ったり、オススメの節電方法を調べたり、便利な機能が満載です。

これまでは実感することが難しかった節電。電気の見える化が進むことで、効果を実感しながら節電に取り組むこともできますね。

auでんき、どうやって申込む?

auでんきの申込みは、au取扱店のほか、インターネットや電話でも可能です。

申し込む際には現在契約している電力会社の検針票が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

店頭で申し込む際、電気の契約者(検針票に記載してある名義人)以外の家族が来店する場合は、委任状などの書類が必要になります。

また、au WALLETプリペイドカードを持っているのであれば、申込み時に持参すると手続きがスムーズです。

電話で申し込む場合、電気の契約者本人のみ手続きが可能。代理人では申込みができないので、注意してください。

電気代の支払い方法は?

auでんきでは、auの携帯やネット代と電気代をまとめることができます。

請求額はスマホや携帯、PCから「auお客さまサポート」で簡単に確認可能。請求と支払いが1つにまとまるので、管理も楽になりますね。

auユーザーなら検討したいauでんき

auでんきはオール電化の家庭は利用できないなど契約プランに制限があるものの、電気料金自体はこれまでと変わらずキャッシュバック分だけお得になります。

新電力の中では、それほどお得とは言えませんが、支払いがauにまとまるのは便利でしょう。

他にお得な新電力を見るならこちらから。

新電力会社シェアトップ15社の電気料金を比較しています。

電力会社のキャンペーンも要チェック
電力会社のキャンペーンまとめ

auでんきのお申込みはこちら
auでんき