マイネオロゴ
mineo(マイネオ)の特徴は、au系とdocomo系を選べること。
主要格安SIM(MVNO)のなかでは、IIJmioとmineoの2社しかありません。

また、独自のコミュニティやオプションが豊富な楽しい格安SIMです。

mineo(マイネオ)を運営しているケイ・オプティコムは、関西電力の子会社。
関西電力は通信事業に強いので技術的にも経営的にも信頼できます。

そんなmineo(マイネオ)のおすすめポイントと注意点を解説します。

mineo(マイネオ)のおすすめポイント

  • 音声通話SIMも含めて、いつ解約しても違約金なし(ただしMNP転出料金に注意)
  • 電話回線の5分かけ放題オプション(月額850円)の他、月に30分と60分の定額オプションあり
  • 家族割、複数回線割で1台毎に月額50円割引
  • データ容量を共有できるシェアプランが豊富
  • データのやりとりフリータンクで月1GB無料
  • ヤフオクなどで、mineoのパケットが格安で買える
  • お家で即日MNP対応
  • 余ったデータ容量の翌月繰り越し対応、さらに家族でシェア可能
  • 端末とのセットがお得
  • auプランならau端末が使える
  • ユーザーのコミュニティ「マイネ王」が盛り上がっている
  • 050IP電話アプリ(LaLaCall)月額100円が無料に
  • ドコモプランは3日の速度制限なし

mineo(マイネオ)の注意点

  • au系でスマホセットを購入し2年使い続けるならUQ mobileの方がお得
  • auのiPhoneは使えるが、テザリングができないなど問題が多い
  • auプランは3G非対応
  • auプランは3日6GBの速度制限あり
  • MNP転出手数料が12ヶ月以内だと11,500円と高額

mineo(マイネオ)のプランと料金一覧

【mineo(マイネオ) 料金プラン】
プラン 容量 月額料金
ドコモプラン(Dプラン)
シングルタイプ
データ通信のみ
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
5GB 1,580円
10GB 2,520円
ドコモプラン(Dプラン)
デュアルタイプ
データ通信+音声通話
500MB 1,400円
1GB 1,500円
3GB 1,600円
5GB 2,280円
10GB 3,220円
auプラン(Aプラン)
シングルタイプ
データ通信のみ
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
5GB 1,580円
10GB 2,520円
auプラン(Aプラン)
デュアルタイプ
データ通信+音声通話
500MB 1,310円
1GB 1,410円
3GB 1,510円
5GB 2,190円
10GB 3,130円

※データ通信にSMSをつける場合は月額+120円
※複数回線の契約で各回線の月額50円割引

●その他にかかる費用
契約事務手数料 3,000円
契約解除料なし(データ通信、音声通信とも)

MNP転出費用 2,000円
(ただし、利用期間12ヶ月以内はMNP転出手数料 11,500円)

契約後のSMS変更手数料 2,000円
契約後の ドコモとauプラン間の変更 2,000円
SIM交換手数料 2,000円
SIM再発行手数料 2,000円

●通話料
国内 20円/30秒

●SMS利用料
3円〜/通

●オプション
5分かけ放題サービス 850円/月
通話定額(1ヶ月30分まで定額) 840円/月 
通話定額(1ヶ月60分まで定額) 1,680円/月 
留守番電話 300円/月
キャッチホン 200円/月
セキュリティソフト 270円/月
メールウイルスチェック 200円/月(@mineo.jpのみ)
端末安心サポート 370円/月(端末セット購入者のみ)
持ち込み端末安心保証サービス 500円/月
minea安心パック 550円/月(セキュリティと端末安心のセット)
100MBチャージ 150円/回

●通信制限
1ヶ月の高速データ通信容量を使い切ると、通信速度が200kbpsに制限されます。
auプランでは、高速データ通信が直近3日間で6GB以上あった場合、通信が200kbpsに制限される場合があり。
ドコモプランは直近3日の制限なし。

【(参考)主要17社のデータSIMプラン比較表】
※表は横にスクロールします。
※表の最上行をクリックすると、各容量毎の金額順に並び替わります。
2017年12月
現在
500MB1GB2GB3GB3.1GB3.3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB12GB13GB15GB20GB30GB40GB50GB無制限
(LTE)
3.7GB
(200kbps)
無制限
(200kbps)
無制限
(500kbps)
無制限
(中速)
OCNモバイルONE1,100円900円
110MB/日
1,380円
170MB/日
1,450円2,300円4,150円6,050円1,800円
IIJmio900円1,520円2,560円
SIM3枚
楽天モバイル900円1,450円2,260円4,050円5,450円525円
DTI SIM600円840円1,220円2,100円3,600円4,850円2,200円
UQ mobile980円1,980円
DMM mobile480円770円850円1,210円1,860円2,190円3,280円3,980円440円
(366MB/3日)
Nifmo(ニフモ)900円1,600円2,800円
TONE1,000円
mineo(マイネオ)700円800円900円1,580円2,520円
U-mobile790円900円1,480円2,480円
エキサイトモバイル670円770円900円2,250円4,750円6,980円9,980円13,800円
BIGLOBEモバイル900円1,450円2,700円4,500円6,750円
LINEモバイル500円1,110円
(SMS)
1,640円
(SMS)
2,300円
(SMS)
2,640円
(SMS)
イオンモバイル480円780円980円1,480円1,980円2,680円3,980円5,380円7,480円10,300円
とくとくBB SIM780円1,320円2,470円
もしもシークス980円1,580円2,180円2,780円3,380円
NURO mobile700円900円1,100円1,300円1,500円1,700円1,900円2,100円2,300円
FREETEL499円900円1,520円2,140円2,470円3,680円4,870円6,980円9,400円11,800円
【(参考)主要17社の音声通話プラン比較表】
※表は横にスクロールします。
※表の最上行をクリックすると、各容量毎の金額順に並び替わります。

2017年12月
現在
500MB1GB2GB3GB3.1GB3.3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB12GB15GB20GB30GB40GB50GB無制限
(LTE)
3.7GB
(200kbps)
無制限
(200kbps)
無制限
(500kbps)
無制限
(中速)
OCNモバイルONE1,800円1,600円
110MB/日
2,080円
170MB/日
2,150円3,000円4,850円6,750円2,500円
IIJmio1,600円2,220円3,260円
SIM3枚
楽天モバイル1,600円2,150円2,960円4,750円6,150円1,250円
DTI SIM1,200円1,490円1,920円2,800円4,300円5,500円2,900円
UQ mobile1,680円2,680円
DMM mobile1,260円1,380円1,500円1,910円2,560円2,680円2,890円3,980円4,680円1,140円
(366MB/3日)
Nifmo(ニフモ)1,600円2,300円3,500円
TONE1,953円
mineo(ドコモ)1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円
mineo(au)1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円
U-mobile1,580円1,980円2,980円
エキサイトモバイル1,370円1,470円1,600円2,950円5,450円7,680円10,680円14,500円
BIGLOBEモバイル1,400円1,600円2,150円3,400円5,200円7,450円
LINEモバイル1,200円1,690円2,220円2,880円3,220円
イオンモバイル1,130円1,280円1.380円1,580円1,980円2,680円3,280円4,680円6,080円7,980円10,800円
とくとくBB SIM1,480円1,970円3,110円
NURO mobile1,400円1,600円1,800円2,000円2,200円2,400円2,600円2,800円3,000円
FREETEL1,199円1,600円2,220円2,840円3,170円4,380円5,570円7,680円10,100円12,500円

※契約前に必ず各公式サイトでご確認願います。


mineo(マイネオ)の評価と他の格安SIMとの比較

auとドコモの2回線でサービスを提供

mineo(マイネオ)の最大の特徴は、auとドコモの2回線でサービスを提供していること。
契約途中でauとドコモの回線を切り替えることも可能です。

違う回線プランでデータ通信容量をシェアしたりパケットギフトで贈ることも可能。
家族でau端末を利用したい人がいても、mineoの家族割を利用できます。

手持ちのau端末を使いたいならUQ mobileかmineo

いまの手持ちのau端末をSIMロック解除せずにそのまま使いたい場合、今のところ選択肢は

の3社のみ。

データ通信容量が3GBでちょうど良い人は、通信速度に定評のあるUQ mobileが良いでしょう。
しかし、データ通信容量のシェアなど複数台利用での利便性、データ通信容量プランの豊富さなどを重視するならmineo(マイネオ)が有利。

au端末で注意が必要なのは、VoLTE端末の一部でSIMロック解除が必要だということ。
またauのiPhoneではテザリングができないなどの問題もあります。

au端末をそのまま利用したい場合は、かならず公式サイトで動作確認端末の確認をして下さい。

ドコモプランは普通のドコモ系格安SIM(MVNO)

mineoのドコモプランは、元々auプランだけだったmineoが2015年8月に追加でスタートしたもの。

2つのプランはそれぞれ全く別のシステムで運営されています。
auプランを使う予定の無いユーザーは、他のドコモ系格安SIM(MVNO)と純粋に比較することになります。

余ったデータ容量の選択肢が豊富すぎる

mineoでは余ったデータ容量の選択肢が豊富でスゴイことになっています。
他にはない豊富な選択肢はこちら。

【mineoの余ったデータ容量選択肢】

①翌月に繰り越す
余ったデータ通信容量は翌月に繰り越せます。主要MVNOでは普通の機能ですから、mineoもこれはカバーしています。
②翌月に繰り越して家族でシェア
これは、まだごく一部のMVNOだけ。同一住所の家族であれば、契約者が別でも対象になります。余ったデータ通信容量が翌月は家族でシェアできます。一度申請すれば、毎月自動でシェアできます。これは便利ですね。
③ユーザーコミュニティのフリータンクに預ける、足りなければもらう
これはmineo独自の機能。ユーザーコミュニティが盛り上がっているmineoでは、コミュニティ内にみんなでデータ通信容量を預けたり借りたりできる「フリータンク」という機能があります。ここでは、誰でも余ったデータ通信容量を預けたり借りたり出来るのです。フリータンクへの預け入れは容量無制限ですが、フリータンクからの引き出しは、通常月2回、合計1,000MBまで。(時期や人によって条件は変わることがあります。)
受け取ったデータ容量は翌月末まで利用可能。ちなみに2017年4月時点でフリータンク預け入れ累計約29万GB、引き出し累計約24万GB、フリータンク残容量が約5.4万GBとなっています。
④パケットギフトとして友達(第3者)に無料であげる、もらう
これもmineo独特の機能です。全く関係のない第3者の友人にパケットギフトとして無料で贈ることが可能。容量は10MB単位で最大9,990MBまで。送ったデータ通信容量の有効期限は翌月末までになります。
裏技として、使い切れないデータ通信容量をパケットギフトで友達に預かってもらい、またパケットギフトで返してもらうと、永遠に繰り越し続けることも可能です。パケットギフトは同一契約IDでは贈ることができないので、別IDとのやり取りが必要です。
⑤(正式ではありませんが)ヤフオクなどで売買する
mineoでは第3者にパケットギフトを贈ることが可能なので、その機能を利用してヤフオクなどでmineoのパケットが売買されています。正規の価格よりかなり安く入手することが可能ですが、あくまで自己責任。ヤフオクなどを使い慣れた人には良いかもしれません。
⑥ユーザーコミュニティで感謝やチップとしてあげる
ユーザーコミュニティで良い発言などにチップとして10MB単位でパケットを贈ることができます。mineoコミュニティ「マイネ王」は、とても盛り上がっていて、2017年4月時点で利用者数約19万人。これもmineoの魅力の一つになっています。

これだけの選択肢があるのは、mineoだけです。

音声通話SIMも含めていつでも解約できる

mineo(マイネオ)では、他の格安SIMにある「音声通話SIMの最低契約期間」がありません。いつでも解約できます。他の格安SIMでは、音声通話SIMに6ヶ月又は12ヶ月の最低契約期間があり、違反すると8,000円程度の違約金があります。

ただし、音声通話SIMでMNP転出する場合は要注意。契約開始から12ヶ月以内にMNP転出をすると、11,500円の手数料がとられます。13ヶ月以降だと2,000円なので、9,500円の違約金がMNP転出手数料に含まれているのです。

最近の格安SIMの標準機能は押さえている

mineoも大手の一角らしく、最近の標準機能はおさえています。例えば、お家で即日MNP。SIMカードが届いてから、MNPの切り替え手続きを電話出することが可能。電話が通じなくなる時間は長くても1時間程度。上手く切り替えれば数分です。

家族割、複数回線割などシェアプランが充実

mineoでは1つのプランでSIMを複数追加することはできません。その代わり家族割と複数回選割があります。

家族割は、主契約の人から3親等以内の人が対象。最大5回線まで全員が月額ー50円割引されます。3親等とは、上は曾祖父母、下はひ孫とその配偶者、親族では叔父、叔母、姪、甥まで。かなり広がりますね。マイページから申請が必要です。

複数回線割は、同じ契約者が複数の回線を契約した場合の割引。スマホとタブレットで2枚のSIMを利用するイメージです。未成年のスマホを親が契約する場合も、複数回線割になります。複数回線割も最大5回線まで月額-50円割引されます。

子供に持たせるには良いかも

主契約を10GBのデュアルプラン(音声通話)にして子供用を500MBのプランにすれば、データ容量が家族シェアできます。月額1,400円-複数回線割50円×2=月額1,300円で子供用スマホがもてるのはお得ですね。

通話料定額と5分かけ放題のプランあり

mineo(マイネオ)では、電話の通話料が30分又は60分まで定額のプランと5分かけ放題プランがあります。

30分定額の「通話定額30」では、通常1,200円の30分通話料が月額840円と360円の値引き。30秒20円の通話料だから、21分以上使うとお得になります。

60分定額の「通話定額60」では、通常2,400円の60分通話料が月額1,680円と720円の値引き。30秒20円の通話料だから、42分以上使うとお得になります。

5分かけ放題は、月額850円。5分間の通話を5回以上するとお得になります。

このプランを検討するべきは、あくまで仕事で電話を使う人だけ。
プライベートの電話はIP電話やLINE、Skypeの無料通話で十分でしょう。

また、仕事で電話を利用する人も、楽天でんわやDMMでんわなどの電話回線を利用する通話アプリを利用すれば、30秒10円で通話できます。音声品質も電話回線なので全く問題ありません。電話をかける時にアプリを使うというワンアクションが面倒なくらいです。

楽天でんわとDMMでんわはどこの格安SIMでも利用できます。
楽天電話では、30分通話しても600円。
mineoの通話定額30より240円お得です。

また、DTI SIMなど他の格安SIMでは、5分以内の電話かけ放題オプションが主流。
あなたに合ったオプションがある格安SIMを選択して下さい。
【参考】格安SIM(MVNO)のかけ放題プランを徹底比較

050IP電話アプリ「LaLaCall」月額100円が無料に

mineo(マイネオ)では、050の電話番号が使えるIP電話アプリ「LaLaCall」の月額料金100円が無料。
通話料は、
携帯電話が1分間18円
固定電話が3分間8円。
IP電話としては標準的か少し高めの料金設定です。

【LaLaCallのメリット】

  • LaLacallのユーザー同士は通話料無料
  • eo光電話とも通話料無料
  • 留守電機能付き
  • 050で始まる電話番号がもてる

【LaLaCallのデメリット】

  • IP電話なので通話が途切れてしまうこともあり、仕事で利用するには向いていない。
  • 電話をかけた時に相手に表示される番号が050で始まる番号になる。
  • LINEやSkypeに比べて、通話料が高い
  • mineoから他社に乗り換えると、月額料金が発生する。

詳しくはこちらも参考に
ワイモバイルvs通話アプリ どちらがお得?

iPhoneのauプランは要注意

mineoでは、iPhoneが利用できますが、auプランでは機能が一部制限されます。

auプランでは、全てのiPhoneでテザリングができません。
また、iPhone5S/5Cでは、最新のOSでデータ通信が利用できません。
(iPhone6/6Plus以降では、最新のOSでもデータ通信ができます。)
これはSIMフリー端末でも、auのSIMロック端末でも同じです。

iOSのアップデートには、auプランのiPhoneは要注意です。
かならず、mineoのホームページで問題が無いことを確認してから、アップデートしましょう。

ドコモプランでは、iPhoneについて制限ありません。
SIMフリーのiPhone端末を使用する場合は、必ずドコモプランを選んで下さい。

auプランは3G非対応

mineoのauプランでは3Gのデータ通信に対応していません。
だから4G( LTE)の通信が途切れたら、3Gに切り替わるのではなく、データ通信ができなくなります。

今のスマホやタブレットを利用している状況で、画面のアンテナマーク横に「LTE」と常に表示されていれば、LTE通信が利用できるエリアなので問題ありません。
ですが、よく3Gと表示されているなら、このときにデータ通信ができなくなります。

地図上では、3Gも4Gも同じ様なサービスエリアです。
ビルの影や室内など、局所的に4Gが通じない場合があります。

auのサービスエリアマップ

通信速度は標準的

mineoのデータ通信速度は標準的なレベルです。

ただし、普通のスマホユーザーは格安SIMの通信速度を気にする必要はないでしょう。スマホの画面であれば、通信速度の差を感じることはほとんどありません。家にWiFi環境があればなおさらです。

通信速度の差を感じるのは、テザリングでノートパソコンを利用している時や、重いアプリをダウンロードする場合など。こういった使い方をする人は通信速度を重視して、格安SIMを選んだほうが良いでしょうが、それ以外はあまり気にする必要はありません。

格安SIMでは通信速度が毎月変わる

格安SIMの場合は大手キャリアと違って、今は通信速度が早くても1ヶ月後にはどうなっているか分からないと考えましょう。

ドコモやauなどの大手キャリアでは、長期計画を立てて新しい基地局や設備を建設し、その設備の能力で通信速度が変わります。繋がりやすさや通信速度は緩やかにしか変化しません。

格安SIMでは大手キャリア(主にドコモ)の回線を借りてユーザーに提供しています。会員の利用状況を見ながら、無駄にならないように最適な帯域を計算して借りているのです。だから、会員数が急に増えたり、突然使用頻度が高くなると回線が足りなくなり、急に通信速度が遅くなります。あわてて翌月の回線容量を増やすと、通信速度は急に早くなったりします。

もちろんユーザーに割り振る回線容量の設計値は各社異なります。ユーザーの快適性を重視すると多くの通信容量を確保する必要がありますが、その分料金が高くなります。

経済的なプランを提供しながらユーザーの快適性を高めるために、格安SIMの各社は毎月試行錯誤を繰り返しています。この試行錯誤も毎月の通信速度の変化に大きく影響しています。

また同じ格安SIM(MVNO)でも、データ容量プランによって割り振る帯域が違います。通信速度はプランによっても変わるのです。

よくある通信速度の実測データを比較した結果も、1プランを1日しか計測していないので、あくまで参考にしかなりません。

mineo(マイネオ)はこんな人におすすめ

mineo(マイネオ)はこんな人におすすめです。

  • 今のau端末を使いたい人
  • 家族で乗り換えてデータ通信容量をシェアできる人
  • 楽しいコミュニティがあるMVNOに興味がある人
  • データ通信容量を多く使う人で、ヤフオクなども使い慣れている人
mineo

【格安SIM(MVNO)主要19社のサービス比較表】
※左右にスクロールします⇒
2017年12月現在DTI SIMOCNモバイルONEIIJmio
(ドコモ)
IIJmio
(au)
楽天モバイルUQ mobileDMM mobileNifmo(ニフモ)TONEmineo
(ドコモ)
mineo
(au)
U-mobile
(ドコモ)
U-mobile
(ソフトバンク)
エキサイトモバイルBIGLOBE SIMLINEモバイルイオンモバイルとくとくBB SIMNURO mobileb-mobile
(ドコモ)
b-mobile
(ソフトバンク)
Y!mobileFREETEL
これがイチオシ
お試しプランで半年間大幅にお得!国内シェアトップクラス!多数の調査でお客様満足度No.1獲得!多数の調査でお客様満足度No.1獲得!格安SIMで唯一の完全かけ放題!通信速度に定評あり!料金プランは業界最安値水準!ファミリープログラムで家族の支払いをひとまとめに!子どもからお年寄りまで安心して使える最低利用期間なし、12ヶ月目以降ならMNP転出手数料も安い最低利用期間なし、12ヶ月目以降ならMNP転出手数料も安い多種多様な料金プランありソフトバンクのiPhone/iPadがそのまま使えるシェア可能な従量制プランあり固定回線とセット利用で月額料金割引!LINEなどSNSがカウントフリー、LINEで気軽に問合せ可能シェアプランがお得!GMOとくとくポイントで実質毎月50円引き毎日5時間まで無制限にデータ通信可能な時間プランあり速度制限なしの25GB定額大容量プランソフトバンクのiPhone/iPadがそのまま使える多数の実店舗あり、全てコミコミの料金プラン多数のオリジナル端末あり!
注意点料金プランが高め通常プランのデータ容量選択肢が少ない高速データ通信の速度制限あり3G通信専用端末では利用不可通常プランは3GBのみ。内容が複雑で2年縛りのあるプラン留守電などのオプションなしチャージ料金が高額高速通信不可昼間の通信速度に対する評価が低い昼間の通信速度に対する評価が低いプランが複雑で選ぶのが難しいデータ専用のみ(SMSも不可)定額プランだと5GB前後の中容量プランなしWi-Fiスポット利用は6GB以上プラン契約者のみSNSを利用しない人には不向き今どき主要格安SIMなのに即日MNPできない音声プランは選択肢が少ない高速通信3日制限の詳細が非公開データ繰り越し不可2年縛りあり大容量プランでもシェア不可
利用回線ドコモドコモドコモauドコモauドコモドコモドコモドコモauドコモソフトバンクドコモドコモドコモドコモドコモドコモドコモソフトバンクソフトバンクドコモ
通常プラン
(月◯GB定額)
6段階
(1/3/5/10/15/20GB)
5段階
(3/6/10/20/30GB)
3段階
(3/6/10GB)
3段階
(3/6/10GB)
5段階
(3.1/5/10/20/30GB)
1段階
(3GB)
9段階
(1/2/3/5/7/8/10/15/20GB)
3段階
(3/7/13GB)
×5段階
(0.5/1/3/5/10GB)
5段階
(0.5/1/3/5/10GB)
3段階
音声付き: 3/5/25GB
データ専用: 1/5/25GB
データ通信のみ
4段階
(1/3/7/30GB)
8段階
(1/2/3/9/20/30/40/50GB)
6段階
(1/3/6/12/20/30GB)
5段階
(1/3/5/7/10GB)
※SNSカウントフリー
音声プラン 11段階
(500MB/1/2/4/6/8/12/20/30/40/50GB)
データプラン10段階
(1/2/4/6/8/12/20/30/40/50GB)
データ/SMS付: 5段階
(1/3/5/7/10GB)
音声付: 3段階
(3/6/12GB)
9段階
(2/3/4/5/6/7/8/9/10GB)
1段階 25GBデータSIM4段階
(1/3/7/30GB)
音声SIM従量5段階
(1/2/3/4/5GB)
×10段階
(1/3/5/8/10/15/20/30/40/50GB)
従量制プラン×××××××××××
(~3GB)
×
(1枚コース: ~10GB
3枚コース: ~15GB)
××××0 SIM
(~5GB)
5段階
(~5GB)
5段階
(~5GB)
×8段階
(~20GB)
2年縛りプラン××××コミコミプラン
(端末限定)
ぴったりプラン(2〜14GB+無料通話60〜180分/月)
おしゃべりプラン(2〜14GB+5分かけ放題)
×××××××××××××××スマホプランS/M/L
(基本使用料+データ通信+10分かけ放題+Yahoo!プレミアム)
スマートコミコミ+
(端末代+データ通信+10分かけ放題)
無制限プラン中速
(速度非公開)
500kbps××200kbps500kbps200kbps×500~600kbps××
速度非公開
××
ただし、従量制プランの低速通信は実質無制限
×××××××××
その他プラン×日単位プラン
(110MB/日、170MB/日)
××××××××スーパートーク(10分かけ放題付)
(1/3/7GB)
×××MUSIC+プラン(3/5/7/10GB)シェア音声プラン
8段階
(4/6/8/12/20/30/40/50GB)
×5時間/日プラン××××
最低利用期間
(音声通話SIM)
12ヶ月
違約金9,800円
6ヶ月
違約金8,000円
(12ヶ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円(12ヶ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円12ヶ月
違約金9,800円
12ヶ月
9,500円
12ヶ月
違約金9,000円
6ヶ月
違約金8,000円
24ヶ月
違約金9,800円
なしなし通話プラス: 6ヶ月、違約金6,000円
通話プラスLTE使い放題2: 12ヶ月、違約金9,500円(6ヶ月以内)、3,500円(7~12ヶ月以内)
12ヶ月
9,500円
12ヶ月
8,000円
12ヶ月
9,800円
12ヶ月
8,000円
12ヶ月
違約金12,000円~0円
サービス開始月から毎月1,000円ずつ減額
5ヶ月
違約金8,000円
なし24ヶ月
2年単位の自動更新制
なし
MNP転出料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円090音声オプション利用の場合
6ヶ月以内のMNP転出で9,800円
2,000円
ただし、利用開始翌月から12ヶ月以内は11,500円
2,000円
ただし、利用開始翌月から12ヶ月以内は11,500円
3,000円3,000円契約開始~3ヶ月以内: 6,000円
4ヶ月以降: 3,000円
3,000円契約開始月~3ヶ月目
6,000円
4ヶ月目以降
3,000円
3,000円3,000円3,000円契約から6ヶ月以内 6,000円
7ヶ月目以降 3,000円
契約当月15,000円
以降毎月1,000円ずつ減額し、13ヶ月目以降は2,000円
データ容量の翌月繰越し×××
定額プランのみ
×××
データ容量のチャージ500MB: 380円
1GB: 600円
500MB: 500円100MB: 200円
(店頭のみ)500MB: 1,500円
(店頭のみ)2GB: 3,000円
100MB: 200円
(店頭のみ)500MB: 1,500円
(店頭のみ)2GB: 3,000円
100MB: 300円
500MB: 550円
1GB: 980円
100MB: 200円
500MB: 500円
100MB: 200円
500MB: 600円
1GB: 1,100円
1GB(繰り越しなし): 480円
500MB: 900円×100MB:150円100MB:150円100MB: 300円
500MB: 500円
1GB: 800円
×1GB: 580円100MB: 300円500MB: 500円
1GB: 1,000円
3GB: 3,000円
1GB: 480円90日間有効
100MB: 190円
500MB: 590円
1GB: 1,090円
100MB: 400円
500MB: 600円
1GB: 1,000円
100MB: 300円
500MB: 1,200円
×500MB: 500円500MB: 500円
データ容量のシェア×最大5枚3/6GBは最大2枚
10GBは最大10枚
3/6GBは最大2枚
10GBは最大10枚
最大5枚
前月の残ったデータ容量を最大5回線でシェア
×最大3枚最大7枚
各自3/7/13GBいずれかのプラン加入必須
×最大5回線最大5回線××最大3枚最大4枚
(6GBプラン以上)
×最大5枚×
対応予定
×××最大4枚×
Wi-Fiスポットの無料利用×82,000箇所×××Wi2 300×BBモバイルポイント×××82,000箇所××83,000箇所
(6GB以上プラン)
××××××
高速通信のon/off××
高速チケットオプション(300円/1GB)購入で可能
×××××
※Turbo Chargeで購入した容量についてのみ可能
××
低速通信のターボ機能××××××××××××××××××
高速通信の3日制限1GBプラン:700MB
3GBプラン:2GB
5GBプラン:3GB
無制限プラン:非公開
無制限無制限3日あたり6GB
※高速・低速問わず3日で6GBを超えると制限
無制限6GB無制限3GB: 650MB/日
7GB: 1,500MB/日
13GB: 2,800MB/日
大容量通信で制限あり
(容量非公開)
無制限無制限無制限無制限無制限無制限無制限無制限1/3GBプラン: 360MB
5/7/10GBプラン: 1GB
制限有(非公開)無制限無制限無制限無制限
低速通信の制限無制限無制限3日あたり366MB3日あたり366MB無制限無制限3日あたり366MB無制限大容量通信で制限あり
(容量非公開)
無制限無制限無制限無制限3日あたり366MB無制限3日あたり366MB無制限無制限3日あたり366MB3日あたり366MB無制限無制限
電話回線のかけ放題10分 820円/月10分 850円/月
3回線かけ放題 850円/月
ダブルかけ放題(上記併用)1,300円/月
誰とでも3分&家族と10分 600円/月
誰とでも10分&家族と30分 830円/月
誰とでも3分&家族と10分 600円/月
誰とでも10分&家族と30分 830円/月
かけ放題 2,380円/月
5分 850円/月
その他プランに含まれる5分 850円/月××5分かけ放題:850円/月
通話定額30:840円/30分
通話定額60:1,680円/60分
5分かけ放題:850円/月
通話定額30:840円/30分
通話定額60:1,680円/60分
3分50回/日 500円/月
60分まで 800円/月
××通話パック60: 650円
3分かけ放題: 650円
10分 880円10分 850円×10分 800円1回あたり3分まで、かつ、1日あたり50回まで 500円無制限 1,000円1分 299円
5分 840円
10分 1,499円
備考●音声SIMは050plusが1回線無料
●OCN光とセットで200円/月割引
●IP電話での国内通話がかけ放題になるオプションあり(1,300円/月)●IP電話で10分かけ放題になるオプションあり(2017年12月まで500円/月)●BIGLOBE接続サービス利用者は、月200円割引
●光☆SIMセット割ならさらに最大300円割引
詳細ページDTI SIMOCNモバイルONEIIJmio
(ドコモ)
IIJmio
(au)
楽天モバイルUQ mobileDMM mobileNifmo(ニフモ)TONEmineo
(ドコモ)
mineo
(au)
U-mobile
(ドコモ)
U-mobile
(ソフトバンク)
エキサイトモバイルBIGLOBE SIMLINEモバイルイオンモバイルとくとくBB SIMNURO mobileb-mobile
(ドコモ)
b-mobile
(ソフトバンク)
Y!mobileFREETEL

MNP解約するときの連絡先はこちらです。
このいずれかで 「MNP予約番号」を受け取って下さい。
次に移転するMNPの手続きに必要です。

●NTTドコモ

ドコモのMNP解約の連絡先は、

  • 最寄りのドコモショップ
  • ドコモ携帯電話から局番なしの 151(受付時間:9時〜20時)
  • 一般電話などからは 0120-800-000(受付時間:9時〜20時)
  • PCからは、My docomo(https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/index.html)→ログイン→ドコモオンライン手続き

●au

auのMNP解約の連絡先は、

  • 最寄りのauショップ
  • au携帯電話/一般電話共通 0077-75470 (受付時間:9時〜20時)
  • EZwebからは、トップメニュー →auお客様サポート →申し込む/変更する →auお客様ポータビリティ(MNP)(受付時間:9時〜21時30分)

●ソフトバンク

ソフトバンクのMNP解約連絡先は、

  • 最寄りのSoftBankショップ
  • ソフトバンク携帯から 5533(受付時間9時〜20時)
  • 一般電話からは 0800-100-5533(受付時間9時〜20時)