ドコモの最新料金プランである「シンプルプラン」

基本料金が月額980円とかなりお得な内容です。

格安SIM並の料金でドコモが利用できると思うかもしれませんが、誰もがお得になるわけではないんです!

ドコモのシンプルプランについて驚きの注意点をまとめました。

ドコモ「シンプルプラン(スマホ)」概要

  • 月額基本使用料 980円(契約期間2年間、自動更新制)
  • 家族間通話 無料
  • 家族以外の通話 20円/30秒(国内)
  • データ通信料 パケットパック定額料(6,500円〜25,000円)もしくはシェアオプション定額料(500円)
  • インターネット接続料(spモード) 300円

なお、ドコモの月額料金は「基本使用料+データ通信料+インターネット接続料」がベースとなります。

実際の月額料金(最低額)は

980円
+500円(シェアオプション)
+300円
=1,780円(機種代、オプション代は除く)

シンプルプランの注意点3つ

1.シェアパックの契約が必須

そもそも普通のプラン(ひとりで利用するデータパック)ではシンプルプランは利用できません。

シンプルプランで契約できるデータ通信プランは、「シェアパック」または「シェアオプション」のみ。
シェアパックとは一定のデータ容量を家族で分け合うことができるプラン。

親回線がシェアパックを契約し、子回線はシェアオプション定額料(500円)を支払うことで容量をシェアできます。

【シェアパック月額料金詳細】
  • ウルトラシェアパック100(100GB):25,000円
  • ウルトラシェアパック50(50GB):16,000円
  • ウルトラシェアパック30(30GB):13,500円
  • シェアパック15(15GB):12,500円
  • シェアパック10(10GB):9,500円
  • シェアパック5(5GB):6,500円

※いずれの容量も余ったパケットは翌月へ繰り越し可能

シンプルプランを契約した場合の最低月額料金は1,780円ですが、これはあくまでも子回線の話。

親回線はシェアパックの契約が必須なので、最低でも7,780円かかります。

●親回線の月額料金内訳
シンプルプラン 980円
シェアパック5(5GB) 6,500円
インターネット接続料 300円

親回線と子回線の料金を合計すると、9,560円/月もかかってしまいます。

ちなみに、シェアパックはひとりで利用することもできます。

ただし同じ容量でもシェアパックの方が料金は高額。

例えば5GBはひとりで利用するデータパックなら5,000円ですが、シェアパックだと6,500円と1,500円も高くなってしまいます。

50GBや100GBの「データパックにない容量」を使いたいときには有効ですが、それ以外の場合はオススメできません。