新電力の選び方

選択肢が多い東京電力エリアの新電力の選び方

最も多くの電力会社が電力販売を始めた東京電力エリア。数が多すぎて、結局どこがいいのか分からない! と切り替えを諦めていませんか?

実は、単純に、シンプルに選ぶ事が大切なのです。

選択肢が多すぎる=決められない!?

電力自由化により、自分の好きな電力会社と契約できるようになりました。すでに電力会社を切り替えた方も多いのではないでしょうか。

その一方で、事業者が多すぎて結局どこが良いのかわからない! なんてお悩みも。

特に、東京電力エリアは他のエリアと比べても参入者が多いため、「結局決められずそのまま」なんて方も多いかもしれません。

A社の方が電気代は〇〇円安いけど、B社のサービスも魅力的だし・・・なんて迷っていては、いつまでたっても切替先を決められません。選択肢が多いからこそ、ポイントを絞ってシンプルに選んでみる方が案外うまくいくものです。

1. 楽天ユーザーなら、まちでんき

楽天の様々なサービスを利用しているあなたには、楽天エナジーの「まちでんき」がオススメ。

まちでんきのおすすめポイントは、

楽天まちでんきのおすすめポイント
  • 楽天の他のサービスがお得になるクーポン券が毎月もらえる
  • 解約時の解約金や違約金もないので、気軽に試せる
  • 10kWh毎に楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる

1-1. まちでんきの料金プラン

まちでんきのプランには、一般家庭向けのスタンダードプラン(東電の従量電灯B相当)と、事務所や商店向けのビジネスプラン(従量電灯C相当)があります。スタンダードプランを契約できるのは、契約容量が30A以上の場合のみ。30A未満の場合はあらかじめ、契約容量を変更しておく必要があります。

【まちでんき料金プラン】
契約容量基本料金従量料金(1kWhあたり)
〜120kWh121
〜300kWh
301kWh〜
スタンダードプラン
30A、40A1,247.20円19.43円25.91円26.85円
50A1,526.00円
60A1,804.80円
プレミアムプラン284.80円
(1kVAにつき)
19.43円25.91円26.85円

1-2. 楽天サービスがお得になるクーポン付

まちでんきを契約すると毎月もらえる、お得な割引クーポン。毎月20日時点でまちでんきを利用している場合、翌月1日にクーポン券が付与されます。

もらえるクーポン券は、楽天マート、楽天kobo、楽天SHOWTIMEの3種類。

  • 楽天マートでは200円割引のクーポン券
  • 楽天koboでは10%割引のクーポン券
  • 楽天SHOWTIMEでは100円割引のクーポン券

がもらえます。

いずれのサービスも、通常よりお得に楽天スーパーポイントが貯まるため、楽天ユーザー必見のサービスです。

1-3. 新規申込みキャンペーンも

期間限定にはなりますが、新規申込みで楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンも行っています。現在は2016年10月3日までの申込みで、5,000ポイントがもらえるキャンペーン中。申込むなら、早めがお得ですよ。

楽天のまちでんきについて、詳しくはこちら
楽天「まちでんき」の評価、他の新電力との比較を徹底分析

2. 東京ガスを利用しているのなら、東京ガス

あなたが東京ガスを利用しているのであれば、東京ガスの電気を利用しましょう。

東京ガスのでんきのおすすめポイントは、

東京ガスのでんきのおすすめポイント
  • ガスとセット割でお得になる
  • クックパッドの人気順検索などお得なオプションがある
  • 解約時の解約金や違約金もないので、気軽に試せる

ガスと電気のセット割で、月々のガス代を安くすることができます。ガス+電気+インターネットのトリプル割や、独自のポイントサービス「パッチョポイント」など、魅力的なサービスを提供しています。

まちでんき同様、解約時の違約金等はなし。電気料金はガス料金とまとめて支払います。

2-1. 東京ガスの料金プラン

東京ガスの料金プランは、東電の従量電灯Bに相当する「ずっとも電気1」、従量電灯C相当の「ずっとも電気2」、低圧電力に相当する「ずっとも電気3」の3種類。今回は、ずっとも電気1および2の料金を掲載します。

【東京ガスずっとも電気1】
契約容量基本料金従量料金
〜140kWh141〜350kWh351kWh〜
30A842.40円23.24円23.45円25.93円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円
【東京ガスずっとも電気2】
 基本料金
(1kVAにつき)
従量料金
0〜360kWh361kWh〜
ずっとも電気2280.80円/kVA23.21円25.99円

2-2. セット割とトリプル割

東京ガスには、ガス+電気のセット割や、ガス+電気+インターネットのトリプル割があります。

ガス+電気のセット割の場合は、ガスの基本料金が月々270円割引に。年間では3,200円も割引になります。電気の使い方にもよりますが、ガス代の割引とお得な電気料金で、年間1万円近く節約することも可能です。

さらに、インターネット(光回線サービス)を加えたトリプル割では、年間2万円以上お得になることも。トリプル割では契約先のプロバイダが限られていたり、条件をよく確認する必要がありますが、乗り換えるだけで大幅な節約が見込めます。

2-3. 東京ガス独自のサービスも

東京ガスオリジナルのポイントサービス「パッチョポイント」。電気料金1,000円につき、15ポイントが付与されます。貯まったポイントでプレゼントに応募・交換したり、PontaやTポイントなどと交換することも可能です。

また、東京ガスの会員サイト「myTOKYOGAS」では、通常有料であるクックパッドの人気順検索も無料で利用OK。電気料金以外でも魅力的なサービスが多いのも、東京ガスの強みです。

東京ガスのでんきについて、詳しくはこちらを参考に
東京ガスの電気の評価と注意点

3. とりあえず安く! であれば、H.I.S.

最後に、セット割とかは気にしないからとりあえず電気代が安くなればいい! というあなたにオススメしたいのが、「H.I.S.」。

H.I.S.は旅行代理店ですが、実は電気も販売しています。

H.I.S.のでんきのおすすめポイントは、

H.I.S.のでんきのおすすめポイント
  • 電気使用量にかかわらず5%お得になる
  • 1年未満の解約金が2,000円と安くなった
  • いまならキャンペーンで3ヶ月以内の解約金が無料

H.I.S.では、電力供給開始日から1年未満での解約に限り、解約違約金2,000円(税別)が必要。1年目以降の解約や引越で解約する場合については、違約金等は発生しません。支払方法はクレジットカードまたはコンビニ払いのいずれか。コンビニ払いの場合は手数料として別途200円(税別)が必要です。

3-1. H.I.S.の料金プラン

H.I.S.では、2015年12月時点の既存電力会社の料金と比較して、5%割引となる料金設定となっています。だから、「とにかく電気代を安くしたい」というあなたにはピッタリなんですね。

【HIS料金プラン】
 契約容量基本料金従量料金(1kWhあたり)  
120kWhまで120kWhを超えて300kWhまで300kWhを超える分
従量電灯B30A800.28円18.46円24.62円28.44円
40A1,067.04円
50A1,333.80円
60A1,600.56円
従量電灯C266.76円
(1kVAにつき)
18.46円24.62円28.44円

3-2. 電力はHTBエナジーが提供

H.I.S.が経営している、長崎県佐世保市にあるハウステンボス。ハウステンボスはもともと、環境未来都市を目指して開業したテーマパークです。そのため、環境に配慮した取り組みが現在も続けられています。

そんなハウステンボスから生まれたのが、H.I.S.に電力を供給するHTBエナジー。電気代を安くするだけでなく、環境に優しい電気を使うことができるのがH.I.S.なのです。

3-3. 期間限定でキャンペーンも実施

H.I.S.では、期間限定ながらも、定期的に新規申込みキャンペーンを実施しています。

例えば、2016年9月30日までに新規申込みをした場合、供給開始日から3ヶ月以内であれば解約違約金2,000円が0円になるキャンペーン。これを利用して、試しにH.I.S.と契約してみるのもオススメです。

H.I.S.のでんきについて詳しくはこちら
旅行会社もでんきを売る! H.I.S.のでんきとは

4 新電力はシンプルに、自分の暮らしをベースに選ぶ

電力会社に限った話ではありませんが、何かを選ぶときにあれもこれも・・・と考えてしまっては、選ぶこと自体が難しくなります。

電力会社はほとんどが解約金もなく、申し込むのも10分程度の作業。気軽に乗り換えられるのに、年間数千円はお得になります。

あれこれ迷うなら、シンプルに考えてさっさと乗り換える方が、結果はお得になります。

こちらも参考に
【決定版】5分で分かる新電力の選び方(東電エリア)