賃貸住宅イメージ
2016年4月からスタートした電力の自由化。巷ではちょっとした話題になっていますよね。興味はあるけど、うちは賃貸だし・・・と最初から諦めていませんか?実は諦めることはないんです! 

そもそも、電力自由化って?

2016年4月にスタートした電力自由化。これにより、電気を利用する私たち(需要家と呼びます)は、電力会社を自由に選べるようになりました。電力自由化前、私たちは住んでいる地域によって決まっている電力会社(地域電力会社)しか選べなかったので、選択肢が一気に広がったというわけです。

電力自由化を機に、様々な業種の企業が電気を販売する業界に参入しました。ガス会社や石油関連企業といったエネルギー関係はもちろん、通信事業者や鉄道系、生協といった、一見エネルギーや電気とは関係のないものも。自社の既存サービスとセットにした割引や独自のポイントサービスなど、利用者にとってもメリットのあるプランを展開しています。

賃貸住宅でも新電力と契約OK!

私たちにとってもメリットのある電力自由化。新電力に切り替える際には、メーターをアナログ式の物からスマートメーターに交換する必要があります。そういった流れから、うちは賃貸だから無関係、なんて思う人もいるかもしれません。結論から言うと、賃貸でも新電力との契約は可能なんです!

ただし、場合によっては自分自身で好きな会社を選べない場合もあります。どういった場合に選べないのか等々、これから詳しく見ていきましょう。

メーターは電力会社の所有物

新電力と契約した後、自宅に設置してあるメーターをスマートメーターに交換する作業が発生します。持ち家ならそういった設備の交換も自分自身の意志でできますが、賃貸だとそうはいきませんよね。そのため、賃貸だと新電力に切り替えるのは無理、と思ってしまうかもしれません。

でも実は、電気の使用量を測るためのメーターは電力会社の所有物。なので、交換するために大家さんや管理会社の許可をもらう必要はないんです。もちろん、退去時に求められる原状復帰も、この電気メーターに関してはあてはまりません。交換したから元のアナログ式に戻す、なんて必要はなんです。

電気メーターの交換は日常的に行われている

あまり気付いていないかもしれませんが、電気メーターの交換は日常的に行われています。電力自由化とは無関係で、以前から行われているものです。

電気メーターは電気の使用量を知り、電気代を算出するための大切な機械。そのため、有効期限が決められています。有効期限が切れてしまうと検針もできなくなるため、電気メーターは定期的に交換されているんです。期限切れのメーターを利用すると罰金が科せられたりもするんですよ。

電気メーターはアナログ式からスマートメーターへ

新電力に切り替えると、電気メーターもアナログ式からスマートメーターに変わります。新電力に切り替えなければ変わらないのかというと、そうではありません。

現在、各電力会社ではすべての家庭に設置している電気メーターを、スマートメーターに交換する作業を進めています。つまり、新電力に切り替えても切り替えなくても、ゆくゆくは全家庭のメーターはスマートメーターに交換されてしまいます。なので、退去時にメーターを元に戻す、なんてことも不要というわけなんですね。

電力会社を自分で選べないのはどんな場合?

ここまで、賃貸住宅でも電力会社を自由に選べる! という話をしてきましたが、場合によっては自由に選べないこともあります。これは賃貸に限らず、集合住宅の場合にはあり得る話。一体どんな場合に選べないんでしょうか。

高圧一括受電契約の場合

高圧一括受電契約という言葉を初めて耳にする人も多いかもしれません。これは、大規模な分譲マンションなどで見られるもので、マンション1棟全体で高圧電力契約を行うもの。マンション全体で、電気のまとめ買いをしているというと分かりやすいかもしれません。マンション内の専用部(各家庭)には、マンション内の電気室で低圧に変圧した電気が供給されています。

マンションには専用部の他に、エントランスや廊下、エレベーターと言った共用部も多いですよね。こういった共用部に安い高圧の電気を利用すれば管理費用が抑えられるため、導入しているところも多いんです。

もしあなたが高圧一括受電契約の物件にお住まいなら、電力会社を自分自身で選ぶことは難しくなります。でも、自分で選べないから損! というわけではないのでご安心を。

高圧一括受電の場合、実は元から電気料金が安く設定されていることも多いんです。また、高圧電力に関しては、以前から自由化がスタートしていた部門。無意識のうちに、今回の電力自由化の一歩先を行っていたとも言えます。

事前相談で、より安心して新電力が利用できる

いかがでしたか?賃貸の場合でも、新電力に切り替えることができることがお分かりいただけたと思います。

ただ、いくら大家さんや管理会社に許可をもらう必要がないと言っても、できるだけトラブルは避けたいもの。自分自身が快適に暮らすためにも、新電力に変更する前には報告や相談をしておいた方が無難。大家さんや管理会社との関係もより良好になります。

賃貸だからと諦めていたり無関心だったあなたも、ぜひ、新しい電力会社を比較・検討してみてくださいね。