「東急でんきって本当にお得なのかな?」
「東急でんきに切り替えて、困ることってないのかな?」

初めての電力会社の乗り換えだと、よく分からないので不安ですね。

しかし東急でんきは、東急電鉄グループの1つである東急パワーサプライが供給するので品質は安心。
東急線の沿線に住んでいる人にはお得なキャンペーンもたくさん。

ただし注意点もあるので、契約する前に知っておきましょう。

東急でんきのメリット

  • どれだけ電気をつかっても絶対にお得になる料金設定
  • 「電車と電気でたまるたまるキャンペーン」でポイント2倍(〜2018年3月31日)

    ●東急線のPASMO定期券購入で最大1%→2%に!
    ●PASMOオートチャージサービス利用で最大1%→2%に!
    ●「早起き乗車」のポイントが1日5P→10P!

  • 提携ケーブルテレビが月額最大350円割引

東急でんきの注意点

  • エリアは東京電力エリア限定
  • 契約容量10A、20Aはプランなし
  • 契約容量30Aでは、支払いがTOUKYU CARDかケーブルテレビ経由に限定
  • 東京電力エナジーパートナーのプレミアムプラン、スマートライフプラン、夜トクプラン、スタンダードXなどの実量制契約(スマート契約)からの切り替えはできない
  • 楽天ユーザーは楽天まちでんき、東京ガス利用者は東京ガスのでんきの方がお得かも。

電力供給は東急パワーサプライから

東急でんきを供給するのは、東急電鉄グループの1社である東急パワーサプライ。
2015年に設立されました。

設立後は、二子玉川ライズや武蔵小杉東急スクエアといった東急沿線の商業施設をはじめとした高圧物件のほか、低圧物件への供給も行っています。

鉄道事業と電気。
一見するとあまり関係の内容にも思えますが、電車が走るために電気が必要。
実は東急電鉄の土台となった鉄道会社の中に、戦前、電力供給事業を行っていたところもあるんです。
鉄道事業と電気って、実は深いつながりがあるんですね。

エリアは東京電力エリアのみ

東急でんきの電力供給エリアは、東京電力エリアのみ。

電気料金は

従来の東電の料金プランのうち、

  • 従量電灯B(契約容量30A以上のみ)
  • 従量電灯C

を利用している家庭が対象となっています。

【東急でんき従量電灯B】

 東急でんき(参考)
旧東電
従量電灯B
基本料金
30A788.4円
(-6.4%)
842.4円
40A1,069.2円
(-4.8%)
1,123.3円
50A1,296円
(-7.6%)
1,404円
60A1,522.8円
(-9.6%)
1,684.8円
電力量料金
0〜120kWh19.41円/kwh
(-0.5%)
19.52円/kwh
121〜300kWh25.88円/kwh
(-0.4%)
26円/kwh
301kWh〜契約30A
29.03円/kwh
(-3.2%)
契約40A以上
28.43円/kwh
(-5.2%)
30.02円/kwh

表中のカッコ内の数字は、東京電力の従量電灯Bの料金と比較した場合の割引率です。
基本料金、従量料金ともに、東電よりも安く設定されていることが分かります。
その割引率は原則として基本料金、従量料金ともに、契約容量や使用量が増えるほど割引率も大きくなる傾向にあります。

【東急でんき従量電灯C】

 東急でんき(参考)
旧東京電力
従量電灯C
基本料金
(1kVAにつき)
252.72円/kWh
(-10.0%)
280.80円/kWh
電力量料金
0〜120kWh19.41円/kWh
(-0.5%)
19.52円/kWh
121〜300kWh25.88円/kWh
(-0.4%)
26.00円/kWh
301kWh〜28.43円/kWh
(-5.2%)
30.02円/kWh

従量電灯Cの場合も同様。
基本料金、従量料金ともに東急でんきの方が安くなっています。

東急でんきの料金プランは、基本料金も電力量料金もどちらも安いので、使用電力量に関わらず電気料金がお得に。
そして契約容量が大きく電力使用量が増えるほど割引率が高いので、お得度はアップします。

東急電鉄グループならではのサービスも

東急電鉄グループは、鉄道以外にもケーブルテレビやクレジットカードなど、幅広い事業を行っています。
そうしたグループならではの強みを生かし、東急でんきではお得なサービスを提供しているんですよ。

TOKYU CARDでお得!

東急線や東急グループで利用するとお得になるTOKYU CARD。
東急でんきの電気料金をTOKYU CARDで支払った場合、電気料金の1%がTOKYU POINTとして貯まります。
貯まったTOKYU POINTはPASMOにチャージしたり、東急グループ加盟店で利用可能。
JALのマイルなど、他社のポイントに交換することもできます。

ただしTOKYU CARDは、2年目から年会費1,000円になってしまいます。
トータルで考えるとクレジットカードでは、年会費無料で還元率が高い方がお得です。
おすすめのクレジットカードは

イッツコムまたはケーブルテレビ品川でお得!

東急電鉄グループであるイッツコムとケーブルテレビ品川。
東急でんきでは、これらのケーブルテレビ会社と電気を一緒に利用すると、利用料が毎月最大350円お得になるセット割を提供しています。

【ケーブル割引】

対象サービス割引額
テレビサービス
(マックス、ビッグ、aエース)
100円/月
インターネットサービス
(かっとびメガ160、かっとびワイド)
100円/月
電話サービス
(ケーブルプラス電話)
50円/月
スマートサービス
(インテリジェントホーム、テレビ・プッシュ(イッツコムのみ))
100円/月

この割引の適用には申し込みが必要。
東急でんきをホームページから申込む場合、申込フォーム内の「電力以外のサービスご加入状況」欄で「イッツコム」または「ケーブルテレビ品川」を選択します。
ここで選択をすると、イッツコムまたはケーブルテレビ品川から割引に関する案内が届くので、それに従って手続きする流れになります。

またイッツコムとケーブルテレビ品川以外にも、東急パワーサプライと提携しているケーブルテレビ事業者がいます。
これらの事業者によっては、個別にお得な特典を準備している場合も。
提携の事業者を利用している場合は、一度事業者に問い合わせてみてください。提携先の事業者は、2016年7月時点で次の9社です。

  • イッツ・コミュニケーションズ
  • 横浜ケーブルテレビジョン
  • 伊豆急ケーブルネットワーク
  • ケーブルテレビ品川
  • ケーブルテレビ
  • 入間ケーブルテレビ
  • 瑞穂ケーブルテレビ
  • 東松山ケーブルテレビ
  • ゆずの里ケーブルテレビ

電車と電気でお得!

東急電鉄の「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録したうえで、東急でんきに申込むと、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」が2倍に。
1家族につき2名まで登録できます。
これは2016年1月29日から2018年3月31日までの期間限定で、登録が必要なキャンペーンですが、早く登録するほどポイントがたくさん貯まってお得です。

具体的にポイントが2倍になるのは…

  • 東急線の定期券売り場や駅の券売機でPASMO定期券を購入した場合:最大1%→2%
  • PASMOオートチャージサービスを利用した場合:最大1%→2%
  • 早起きして東急線各駅の自動改札機から入場すると:1日5P→10P

東急沿線に住んでいるとお得

東急でんきは東急線を利用していたり、東急のサービスを利用していればお得度。

ただし楽天ユーザーなら楽天まちでんき、東京ガスユーザーなら東京ガスのでんきの方がお得になる可能性も高いでしょう。

ぜひ合わせて検討してみて下さい。

新電力の選び方についてはこちらも参考に
【決定版】5分で分かる新電力の選び方