ソフトバンク電気のイメージ
携帯電話でおなじみのソフトバンク。電力自由化がスタートして、ソフトバンクからも電気の販売が始まりました。携帯電話やインターネットといった既存のサービスと電気を組み合わせた、新しいサービスを提供しています。一体どんなサービスを展開しているのでしょうか。

東電と提携しているから安心!

ソフトバンクって自分たちで発電もしてないし、本当に大丈夫なの?という不安もある方も多いかもしれません。

でも大丈夫!

電力自由化を機に、ソフトバンクは東京電力との業務提携をスタート。これまで私たちに安定して電気を供給していた東京電力との提携だからこそ、ソフトバンクでも安心して電気を使うことが可能なんです。

なお、「ソフトバンクでんき」を契約する場合は、ソフトバンクの携帯電話、スマートフォン、インターネットサービスの契約が必要です。つまり、ソフトバンクユーザーだけが利用できる電気ということになります。

供給エリアは?

「ソフトバンクでんき」は全国どこでも利用できるわけではありません。2016年4月時点での供給エリアは、東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・北海道電力エリアの4エリア。ただし、東京電力エリア以外では利用できないプランがあります。

今後、供給エリアは順次拡大する予定です。

料金プランを見てみよう

「ソフトバンクでんき」には、大きく分けて2つのプランがあります。

1つは東京電力との業務提携により提供されるプラン。こちらは東京電力、中部電力、関西電力エリアで利用可能。料金プランは電力利用量に応じて、3段階のプランが設定されています。

もう1つのプランは、太陽光発電など再生可能エネルギーにより発電した電気をメインに提供する、FITでんきプラン。こちらは東京電力と北海道電力エリアで利用可能です。

東電との提携プラン、その中身とは?

まず、東京電力との業務提携により提供されるプランの中身を見ていきます。

電気の使用量が少ない家庭向けのスタンダードS

単身世帯や夫婦共働き世帯など、電気の使用量が少ない家庭にオススメなのがスタンダードS。契約アンペア数に応じた基本料金と、電力使用量に応じた電力料金がベースとなっています。

【スタンダードS】

基本料金1契約あたり10A280円80銭
15A421円20銭
20A561円60銭
30A842円40銭
40A1,123円20銭
50A1,404円00銭
60A1,684円80銭
電力料金最初の
300kWhまで
1kWhあたり23円40銭
300kWh超過分1kWhあたり30円02銭

なお、スタンダードSの契約期間は1年間。解約時には手数料として540円かかります。

3〜4人家族向けのバリュープラン

バリュープランはスタンダードSと異なり、電気の使用量に応じて基本料金に関係する契約電力量が変わる「スマート契約」という仕組み。夏や冬など、電気を多く使う時期に上手に電化製品を使うことで、基本料金を安くすることも可能です。

【バリュープラン】

基本料金契約電力1kWにつき432円00銭
電力量料金定額料金最初の300kWhまで7,020円00銭
従量料金300kWh超過
400kWhまで
1kWhにつき
25円89銭
400kWhを超える
1kWhにつき
30円02銭

バリュープランでは、使用電力量が300kWhまでは実際に利用した電力量に関係なく定額。そのため、電力量が少ない家庭がこのプランを選ぶと、電気代が割高になってしまいます。

ただし、使用電力量が300kWh未満の場合、Tポイントまたはスマホのデータ量での還元があります。

Tポイントなら未使用分5kWhごとに50ポイント、最大1,000ポイント(100kWh分)が還元。スマホデータ量の場合は5kWhごとに0.15GB、最大3GB(100kWh分)が還元されます。25か月目以降は5kWhごとに0.1GBが還元。契約時に、Tポイントかデータ量のいずれかを選ぶかたちです。

なお、バリュープランは2年契約となり、自動更新。契約満了日からさかのぼって2か月の期間以外の時期に解約すると、東京電力が定める期中解約金(2,500円)がかかる場合があるので、注意が必要です。

また、プランを解約する場合は期中解約金の他に、解約手数料(540円)がかかります。

電気をたくさん使う家庭向けのプレミアムプラン

プレミアムプランは、家族の人数が多かったりペットを飼っていたりして、電気をたくさん使う家庭向けのプラン。バリュープラン同様、スマート契約のプランです。

【プレミアムプラン】

基本料金契約電力1kWにつき432円00銭
電力量料金定額料金最初の400kWhまで9,700円00銭
従量料金上記を超える
1kWhにつき
29円04銭

バリュープランでは使用電力量が300kWhまでなら定額、プレミアムプランでは使用電力量400kWhまでが定額。

注意すべきなのは、バリュープランでは300kWh未満の場合はTポイントやデータ量での還元措置がありますが、プレミアムプランではそういったものはありません。使用電力量が本当に多い家庭以外は、選ぶべきではないプランといえます。

なお、プレミアムプランも自動更新の2年契約。契約満了日からさかのぼって2か月の期間以外に解約すると、期中解約金(5,000円)がかかる場合があります。また、プランを解約する場合は、別途解約金(540円)が必要です。

プレミアムプランだけの特典がある

プレミアムプランに申込むと、新規加入特典として8,000ポイントのTポイントがもらえます。原則として、1か月を満たす初回料金を確認できた後、2016年9月以降に付与。プレミアムプラン適用開始前や、1か月未満で解約した場合は対象外となります。

なお、この特典は関東エリア限定となります。

FITでんきプラン

FITでんきプラン(再生可能エネルギー)は、太陽光など、再生可能エネルギーで発電された電気をメインに届けるプラン。発電方法にまでこだわりたい人にオススメのプランです。

【FITでんきプラン】

基本料金1契約あたり10A280円80銭
15A421円20銭
20A561円60銭
30A842円40銭
40A1,123円20銭
50A1,404円00銭
60A1,684円80銭
電力料金最初の
300kWhまで
1kWhあたり23円40銭
300kWh超過分1kWhあたり30円02銭

料金体系自体は、スタンダードSと同じ。違うのは発電方法だけです。

FITでんきを利用することは、火力発電や原子力発電といったものに依存しない社会を作る後押しをすることと言えそうです。

ソフトバンクでんきは、スマホやネットとのセット割

「ソフトバンクでんき」は、ソフトバンクユーザーのみが利用できる電気。ソフトバンクの携帯電話やスマートフォン、インターネットと一緒に契約すると、携帯代やネットの利用代金が割引になります。

電気の契約プランによって変わる割引額

セット割で一体どれくらい割引になるのか、気になるところですよね。割引額は、電気の契約プランによって変わります。

【携帯代割引】

スタンダードS
FITでんきプラン
バリュープランプレミアムプラン
毎月200円割引毎月200円割引毎月300円割引

割引対象となる携帯・スマホの機種は、iPhone、スマートフォン、ケータイ、あんしんファミリーケータイ、みまもりケータイ、iPad、タブレット、モバイルWi-Fiルーターの8種。固定通信サービスは、SoftBank 光、SoftBank Air、Yahoo! BB ADSL、Yahoo! BBバリュープラン、SoftBank ブロードバンドADSL(Nexyz.BB)、SoftBank ブロードバンドADSL(エンジョイBB)の6種となっています。

なお、家族で複数の回線を契約していても、割引の適用は指定の1回線のみ。また、この割引額が適用されるのは、最大2年間となります。

電気利用料金に応じてTポイントも

「ソフトバンクでんき」では、電気の利用料金に応じてTポイントももらえます。利用料金1,000円(税抜)につき、5ポイント。再生可能エネルギー発電促進賦課金などの、諸費用は除きます。

Tポイントを貯めたい場合は、東京電力のホームページで手続きが必要。手続きの際に使うマイページのログインID、パスワードは東京電力から通知されます。

また、Tポイントの初回付与は、2016年9月以降となるようです。

申込みはネットか店頭で

「ソフトバンクでんき」は、インターネットまたは店頭で申込みできます。

インターネットで申込む場合、申込めるのは電気契約者本人のみ。電気契約者の家族が代理で申し込む場合は、店頭でのみ受け付けています。この場合は委任状などの書類が必要になるので、事前に準備する必要があります。

電気代は携帯代などとまとめて支払い

電気代の支払い方法も気になるところかもしれません。電気代の支払いは、スマホ・携帯・インターネット代金とまとめて支払う形。既に支払っている支払方法に自動的にまとめられます。

支払情報を新しく設定する必要がないので、手間がかからず楽ですよね。

ソフトバンクユーザーなら、ぜひ検討を

今回ご紹介した「ソフトバンクでんき」は、ソフトバンクユーザーのみが利用できるもの。携帯代とのセット割なので、ソフトバンクユーザーならぜひ検討してもらいたい新電力です。

とはいえ、電気とのセット割の場合は1家族当たり1回線のみが割引の適用対象。そのため、家族全員がソフトバンクユーザーだったりすると、少し寂しいかな・・・というのが正直なところかもしれません。

Tポイントの付与など割引以外の面も考慮しつつ、あなたにとって最適な電力会社・料金プランを選んでくださいね。