日本では2人に1人が利用しているiPhone。

そんなiPhoneですが、au系のMVNOで使うと機能が制限されることがあるため、乗り換えを躊躇していた人もいたかも。

こうした制限なくiPhoneが快適に利用できるSIMカードが、UQ mobileから発売されています。

詳しく解説します。

MVNOで使えなかったiPhoneの機能とは?

実はこれまで、au系のMVNOではiPhoneのテザリング機能を使用することができませんでした。
キャリアで購入した端末はもちろん、SIMフリー版の端末でも同様。

そのため、テザリングを利用したいiPhoneユーザーの選択肢は、

  • 大手キャリア
  • ドコモ系MVNO

この2つしかなかったというわけです。

この問題を解決したau系MVNOがUQ mobile。

UQ mobileならiPhoneでもテザリングが利用できるんです!

iPhoneテザリング可能なSIMカード2種

UQ mobileで購入できるSIMカードのうち、iPhoneでテザリングが使えるSIMカードは次の2種類。

  1. マルチSIM(nano)
  2. nano SIM(専用)

これらのSIMカードを使えば、次のような機能がiPhoneで利用できるようになります。

  • データ通信
  • 通話
  • SMS
  • メール(キャリアメールと同等のもの)
  • テザリング

通常、MVNOを利用する際に必要となるAPN設定も、このSIMカードの場合は不要。

SIMカードを手持ちのiPhoneに挿入するだけで、すぐにiPhoneが使えるようになるんです。

「マルチSIM(nano)とnano SIM(専用)って、どう選べばいいの?」

疑問に思うかもしれませんが、これは使う端末によって変わります。

① マルチSIM(nano)について

対応端末:iPhone SE(au/docomo/Softbank/SIMフリー版)、iPhone 6s(au/docomo/Softbank/SIMフリー版)、iPhone 6s Plus(au/docomo/Softbank/SIMフリー版)

端末のSIMロック解除:SIMフリー版以外は必要

このSIMカードの注意点としては、UQ mobileはau系MVNOですが、auで購入したiPhoneであってもSIMロック解除が必要な点。

少し面倒に感じるかもしれませんが、SIMロック解除の手続きは各社ともWEBでできます。

ただし、端末購入日から6か月以上経過していないとSIMロック解除自体できません。

端末を購入して6か月未満の場合は、6か月経過するのを待ってから手続きしてください。

② nano SIM(専用)について

対応端末:iPhone 6(au/SIMフリー版)、iPhone 6 Plus(au/SIMフリー版)

端末のSIMロック解除:不要

こちらはauで購入したiPhone 6およびiPhone 6 Plusなら、SIMロック解除不要でそのまま使えるSIMカード。

このカードはUQ mobileの「iPhone専用SIMカード」とよばれることもあります。

参考:他のau系MVNOの端末対応状況

au系MVNOにはUQ mobileのほか、mineoやIIJmioがあります。

mineo:iPhone 7/7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 6/6 Plus、iPhone 5s/5c

一部端末でSIMロック解除必要、いずれの場合もテザリング不可。

IIJmio:iPhone 6s/6s Plus

au版はSIMロック解除必要、いずれの場合もテザリング不可。

UQ mobileを使うメリット

  • iPhoneでテザリング可能
    au系MVNOの中で、iPhoneのテザリング機能が使えるのはUQ mobileだけ。
    auで購入したiPhone 6や6 PlusならSIMロック解除も不要なので、これらの端末を使っている人には特にオススメです。
  • キャリアメール同等のメールアドレスが使える
    これはiPhoneに限った話ではありませんが、UQ mobileでは大手のキャリアメールと同等のメールアドレスが使えます。
    「キャリアメール同等の」というのは、携帯メールアドレス(〜@docomo.ne.jpなど)に送信した場合でも、迷惑メール扱いされにくいということ。
    携帯メールアドレスはgmailなどフリーメールアドレスやPCからのメールを、迷惑メールとしてフィルタリングすることが多いです。
    そのため、MVNOにするとガラケーの友人宛てにメールが送れない! なんてことも…。
    UQ mobileのアドレスなら、こうした心配がありません。

UQ mobileのデメリット

nano SIM(専用)はデータ専用プランなし
iPhone専用SIMと呼ばれるnano SIM(専用)を利用したい場合は、音声通話付きプランのみ利用可能。
データ専用として使うことはできません。
契約期間が長く2年縛りとなる
これはUQ mobile共通ですが、契約期間が2年間の自動更新制。
大手キャリアと同じように、2年縛りとなります。

SIMカードの購入方法

iPhoneでテザリングができるSIMカードは、UQ mobileオンラインショップから購入できます。

  1. 「スマートフォンは自分で用意してSIMのみ購入の方」をクリック
  2. 「お手持ちのiPhone用のSIM」をクリック

対応端末の一覧が表示されるので、該当する端末を選択すればSIMカードも自動的に選択されます。

あとは契約方法や料金プランなど必要事項を選び、購入手続きを済ませればOKです。

以前からUQ mobileでiPhoneを使っている人はSIMカードの変更を

テザリングができなかった頃から既に「UQ mobileとiPhone」の組み合わせで利用している場合は、SIMカードを変更すればテザリングができるようになります。

変更手順などは次の通り。

  1. UQお客様サポートセンター(UQ mobile)へ連絡(電話のみ)
  2. SIMカードが届いたら「my UQ mobile」にて回線切替手続きを行う

この時にSIMカード再発行手数料として3,000円必要です。

手数料分は余計な出費になるかもしれませんが、「ちょっとネットに繋ぎたい」なんてときにはやっぱり便利なテザリング。

ネットをほとんど使わない人なら、自宅の固定回線をテザリングでまかなうことも可能。

そうなると通信費をグッと節約することだってできます。

現時点では残念ながら最新機種のiPhone 7/7 Plusの動作確認はまだの状態。

しかし発売から既に半年が経過しているので、対応するのも時間の問題だと思われます。

今後のUQ mobileからの発表に期待したいところです。

UQ mobileの詳細はこちら
UQ mobileの注意点とメリットまとめ