MVNO(格安SIM)を使うために避けては通れない道…それが「APN設定」です。

「APNとかよく分からない。」

「そもそも、スマホの設定をいじるなんて難しいことは自分には絶対無理。」

そう思っているあなたにこそ知ってほしい!

MVNOのAPN設定って、実は全然難しいことじゃないんです。

ほんの数ステップで設定は終わる

「設定」という言葉を聞くと、内容に関係なく「難しそう」って思っていませんか?

それがスマホの、しかも接続に関する設定なんて言われたら、それだけでお手上げ! なんて思うかも。

でも実際は誰にでも、しかも簡単にできるものなんですよ。

早速、順を追ってやり方を見てみましょう。

1.設定前の準備

APN設定は、MVNOを利用する前に行うもの。

  • MVNOへ利用申し込みをする
  • SIMカードを受け取る
  • SIMカードを入れ替える

こうした手続きや作業をまずは済ませておいてください。

iPhoneの場合は設定の際にインターネットへの接続も必要。

そのため、Wi-Fiに接続できる環境を整えておきましょう。

2. APN設定

2-1. iPhoneの場合

iPhone(iOS)は手動でのAPN設定ができません。

そのため、APN設定に必要な情報が記録された「構成プロファイル」というものをインストールします。

大まかな流れは次の通り。

  1. 「構成プロファイル」を各MVNOのサイトで入手する
  2. ファイルをダウンロードしてインストールする
  3. 最後に「完了」をタップ

以上のたった3ステップでOK。

構成プロファイルの入手先URLはSIMカードに同梱、もしくはMVNOのサイトに記載されています。

ファイルをインストールする際には、パスコード(iPhoneのロック画面を解除するための番号)の入力が必要です。

2-2. Androidの場合

Androidの場合は手動で設定します。

細かい部分は端末によって微妙に変わりますが、大まかな流れは共通。

  1. 「設定」を開く
  2. 「その他」や「もっと見る」から「モバイルネットワーク」を開く
  3. 「アクセスポイント」を開く
  4. 「APN名」「ユーザー名」「パスワード」など、設定情報に従って入力する
  5. 最後に「保存」する

Androidなら以上のたった5ステップでOK。

「設定」の「アクセスポイント」の項目が開ければ、あとは文字を入力するだけでOKなんです。

3. ネットにつながるかチェック

以上の設定が終わったら、最後に接続チェック。

iPhoneの場合はWi-Fi接続を切って行ってくださいね。

チェック方法は「4G」や「3G」などの状態で、Yahoo! やGoogleのページを開いてみるだけ。

これでインターネットに接続できれば設定完了です。

4.接続できない場合は…?

手順に沿って設定したはずなのに接続できない…そんなときは、次のことを確認してみましょう。

  • 設定情報の文字入力をミスしている(Android)
    APNの設定情報は、一文字でも間違っていると接続できません。
    Androidはこうした文字を手動で入力するため、入力ミスがないかよくチェックしてみてください。
  • 構成プロファイルのインストールがうまくいっていない(iPhone)
    iPhoneの場合はファイルをインストールすれば、自動的に設定が完了。
    入力ミスなどは考えられないため、接続できないときはファイルのインストールがうまくいっていない可能性があります。
    上手くいかない場合は一度ファイルを削除して、再度インストールしてみてください。
  • SIMカード自体に問題がある
    入力ミスなし、何度インストールしても繋がらない…
    そんなときは、SIMカード自体に問題があることも考えられます。
    これは稀なケースだと思いますが、この場合は各事業者に連絡してみてください。

そもそも「APN」とは

APNとは、アクセス(A)ポイント(P)ネーム(N)のこと。

ネットワークに接続するために必要な情報のことです。

インターネットのマイページなどにログインする際の「ログインID」と「パスワード」のようなもの、と言うと分かりやすいかもしれません。

こうしたページにログインするときも、IDやパスワードが間違っているとログインできませんよね。

APN設定もそれと同じです。

大手キャリアは設定不要

ドコモなど大手キャリアでスマホを購入すると、APN設定をすることなくすぐに使うことができます。

「格安SIMだからAPN設定が必要なのかな」と思うかもしれませんが、そうではありません。

大手キャリアの端末もAPN設定が必要なのは同じ。

ただ、大手キャリアで販売している端末は、キャリア側であらかじめ各端末にAPN設定を行っています。

だからドコモなどで購入したスマホはユーザー側で設定することなく、SIMカードを挿入するだけですぐに使えるんです。

「SIM+端末」セット購入なら設定の手間なし!

「キャリア端末では不要の設定を自分でやるなんて、やっぱり面倒!」

「簡単と言っても、やっぱりうまくできるか不安…」

APN設定は決して難しいものではありませんが、そう感じる人もきっといるはず。

そんな人にオススメなのが、MVNOがセット販売している端末を使うこと。

セット販売されている端末なら大手キャリア端末同様、既にAPN設定が済んだ状態で出荷されます。

だからキャリア端末と同じように、手元に届けばすぐに使うことができるんです。

「MVNOが扱っている端末は品質に不安がある」なんて心配も無用。

日本製の端末はもちろん、iPhoneを扱っているMVNOだってたくさんあります。

気になるところがあれば是非、チェックしてみてくださいね。

詳しくはこちらも参考に
格安スマホの選び方とお得な端末セット