「安くても通信速度が遅いのはイヤ。格安SIMはやっぱり不安。」

「格安SIMの通信速度テスト結果がサイト毎に全然違う。どれが本当なの?」

格安SIMの通信速度に不安を感じる人、案外多いのではないでしょうか。

そんなユーザーの不安を解消すべく、総務省もついに動き始めました!

総務省による通信速度開示要請とは?

「格安スマホ、競争透明に 通信速度の開示要請へ」

2017年2月上旬、日本経済新聞にこんな見出しの記事が掲載されました。

格安SIMや格安スマホを扱っているMVNO。

MVNOの多くはドコモやauの通信網を利用しているので、理論的にはそうしたキャリアと同様の通信が可能となります。

しかし、実測値は事業者によって大きく違っているというのが実際のところ。

そのため、私たち利用者がより判断しやすくなるよう、総務省はMVNO各社へ通信速度の開示を要請したのです。

総務省は2017年度中にも開示するよう、事業者へ求めていく方針なんだそうです。

大手キャリアとMVNO、通信速度の違いとは

大手キャリアの場合、基本的に1日を通して通信速度が大きく変わる事はありません。

データ通信量の上限にひっかかって速度が制限されることはありますが、それ以外での通信速度はほぼ一定。

一方のMVNOは事業者によって通信速度が大きく変わります。

日経新聞によると、MVNO10社を比較したところ、実際の通信速度にはなんと最大10倍以上の差があったそう。

また、同じ事業者でも時間帯によって通信速度が変動。

一般的に昼休みなどの利用者が増える時間帯は、通信速度が遅くなる傾向にあります。

そのため、ホームページや広告などで「高速通信可能」と書いてあっても、実際に使ってみると「遅すぎる…」なんてことになるのです。

MVNOの通信速度はなぜ違う?

通信速度に影響を与えるものには、次の2つがあると言われています。

  • 回線帯域の太さ
  • 通信設備

回線帯域の太さ

1つ目の回線帯域については、帯域が太ければ太いほど、通信速度は速くなります。

これは道路をイメージすると分かりやすいかもしれません。

道幅が広ければ車がたくさん走っていても混雑しにくいですよね。

逆に道幅が狭いと車の流れは悪くなり、渋滞してしまいます。

回線帯域は道幅、車がユーザーと考えてもらえればOKです。

MVNOは自社で回線網を持っておらず、大手キャリアからレンタルしてサービスを提供。

より多くの回線をレンタルすれば利用できる回線帯域も太くなり、スムーズな通信が可能になるというわけです。

通信設備

2つ目の通信設備、これはMVNOが自社で整備するもの。

より高性能な設備があれば、ユーザーはストレスなくデータ通信が可能になります。

設備については、有料道路の料金所をイメージしてください。

ETCなど自動的に通行料金の処理をしてくれる料金所は、スムーズに利用することができます。

しかしそうした設備のない料金所では、人が車種の選択からお金の受け渡しまでを行うため、時間がかかってしまいますよね。

データ通信にも同じようなことが言えるというわけです。

ただ、回線網のレンタルも通信設備の増強も、いずれも費用がかかるもの。

やみくもに増強すれば費用が増え、結果的にユーザーが支払う料金も高額に。

そうなると他社との価格競争に負けてしまう結果になりかねません。

価格が安い以上、どこかで目をつぶらなければならない…

それはある意味で仕方のないことかもしれません。

通信速度が安定しているMVNOもある

その一方で、通信速度が比較的安定しているMVNOがあるのも事実。

例えば、UQモバイルはユーザー数が多いながらも、比較的速度が安定しているMVNOとしても有名です。

また、単純に利用者数が少ないMVNOも通信速度は安定しています。

利用者が少なければ帯域が細くても、高性能な通信設備が無くても、混雑することが少ないためです。

基本的に、MVNOの通信速度は利用者が増えれば遅くなり、帯域や設備を増強すれば速くなる、その繰り返し。

利用者増によって設備を増強してくれればいいのですが、中にはそのままという残念な事業者もあります。

格安SIMが「分かりにくい」とか「不安だ」と思うのは、そうしたところにも理由がありそうです。

スピードテストの結果はあくまでも参考程度

MVNOによる通信速度開示はこれからですが、インターネット上には個人で格安SIMの通信速度を公開しているサイトも存在します。

こうしたサイトは格安SIMを選ぶ際にはとても便利ですが、鵜呑みにするのはNG。

なぜなら、通信速度は時間帯や時期、契約プランなどによって大きく変わるから。

平日の昼休みでも12時10分と12時40分で、通信速度は違います。

同じ平日でも月曜日と水曜日では違います。

同じ格安SIM(MVNO)でも、契約プランによって通信速度が違うこともあります。

同じ格安SIM(MVNO)の同じ契約プランでも、契約者が増えて帯域増強する直前はかなり速度が落ちます。

実はそうした細かい点まで配慮する必要があるのです。

とは言え、そんな細かいことまで考えるのは難しいですよね。

だからこそ、スピードテストの結果はあくまでも「参考値」として考えることが大切なんです。

絶対に通信速度が早いのはWiMAX

今の時点では、どの格安SIM(MVNO)をえらんでも、絶対に通信速度が落ちない保障はありません。

平日の昼休みにも絶対に通信速度が落ちないデータ通信手段が必要なら、今のところWiMAXを選ぶのが現実的です。

大手キャリアのモバイルルータという選択肢もありますが、通信容量や金額ではWiMAXがお得。

家で使うなら、WiMAXの他に光回線という選択肢もあります。

独身者では、家でも使えるWiMAXと格安SIM(MVNO)という組み合わせが一般的になりつつあります。

あと数年はこの傾向が続くでしょう。

格安SIM(MVNO)の選び方についてはこちらを参考に
格安SIMの選び方と主要各社の比較