「格安スマホって緊急地震速報を受信できるのかな?」

「地震が多い場所だから、緊急地震速報なんかはきちんと受信したい!」

「必ずおきる」と言われている、首都直下地震や南海トラフ地震。

私たちもできる備えはしておきたいもの。

今回は緊急地震速報に対応した格安スマホを選ぶ際のポイントや、対応していなかったときの対処法を紹介します!

格安スマホでも緊急地震速報は受信できる

結論から言うと、格安スマホでも緊急地震速報は受信できます!

ただし、こうした情報を受信できる機能を備えた端末であれば…という制限はあります。

端末が「ETWS」という機能を搭載していれば、格安スマホでも緊急地震速報を受信できます。

ETWSとは?

ETWSとは「地震津波警報システム(Earthquake and Tsunami Warning System)」のこと。

地震や津波といった災害が起こった時、私たちにいち早く情報を通知するシステムです。

身の安全に関わる重要な事なので、

  • 迅速に
  • なるべく多くの人に

通知することが必要。

そのため、私たちが普段使っているパケット通信とは違う形で情報を送信。

個々の宛先は指定せず、基地局からの電波が届く範囲の全端末に向けて情報を流しています。

宛先を指定しないため、ETWSに対応した端末であれば情報を受信できるということ。

つまり、緊急地震速報などを受信できるかどうかは、通信事業者ではなく端末に依存するというわけです。

ETWSに対応した端末ってどんなもの?

ETWS自体は全世界共通の規格。

しかし、端末にその機能を搭載するかどうかは各メーカーに委ねられています。

日本は災害が多い国なので、基本的に国内メーカーの端末であれば対応済(一部例外あり)。

海外メーカーでは対応していないものもあるようです。

1.大手キャリアから購入した端末

大手キャリアで販売している端末は、ETWSに対応済。

使っていたスマホをそのまま使って格安SIMに乗り換えたような場合は、とくに心配する必要もありません。

ただし、SIMロック解除した端末の場合は要注意。

一部で「緊急地震速報が受信できない」という報告もあります。

ドコモの端末でmineoのAプランを利用している場合など、注意してください。

2.SIMフリー端末

2-1.国内メーカーの端末

楽天モバイルでは取り扱っている端末がETWSに対応しているかどうか、ホームページ上で公開しています。

ETWS対応済端末
arrows M03, AQUOS mini SH-M03, AQUOS SH-RM02, arrows RM02, arrows M02, ARROWS M01, VAIO Phone Biz
ETWSに対応していない端末
AQUOS SH-M01, Xperia J1 Compact

2-2.海外メーカーの端末

ETWS対応済端末
honor 8, ZenFone3, BLADE E01, P9, P9 lite, honor6 plus, P8 lite, ZenFone2 Laser, ZenFone Selfie, ZenFone2, ZenFone5, Desire626, Liquid Z330, Ascend Mate7
ETWSに対応していない端末
Y6, Mate S, Ascend G620S

3.非対応のMVNOもある?

緊急地震速報が受信できるかどうかは端末に依存すると書いたものの、UQmobileのサイトにはこんな一文も。

「当社の提供する端末は、緊急地震速報に対応しておりません」

実は端末がETWSに対応しているかどうかは、端末のスペックを見てもわからないのが実情。

そのため、端末が対応しているかどうかは、動作テストを実施するなどの方法でチェックするしかありません。

とはいえ、緊急地震速報は基本的に緊急時にのみ送信されるもの。

テストしようにも難しく、確実なことが言えないということもあるかもしれません。

4.防災訓練で動作テストができることも

自治体によっては年に1回ほど、防災訓練を行っています。

このとき、場合によっては緊急地震速報など緊急速報の試験送信を行うことも。

こうした機会を使って、端末がETWSに対応しているかどうか確認することも可能です。

ただし、いくつか注意点も。

  • 試験送信の場合、自治体の送信設定によっては画面表示されず、通知音が鳴らないこともある
  • 対応端末であっても、スマホの状態によっては受信できないことがある

2つ目の注意点は、実際の緊急地震速報でも言えること。

大手キャリアのスマホでも、周りの人は速報が鳴って自分は鳴らない…そんなことも実際にあるので、覚えておくと良いでしょう。

ETWS非対応の場合の対処方法

ETWSに対応していない端末や、SIMロック解除された端末を使っている。

こうした場合でも、防災情報を受け取るための対処方法があります!

それは、アプリを利用すること。

ETWS対応端末のようにはいきませんが、それに近い状態にすることができます。

アプリはいくつかあるので、お好みのものをスマホに入れておくことをオススメします。

1. Yahoo! 防災速報

地震情報や自治体からの緊急情報はもちろん、気象・火山・防犯から国民保護情報など幅広い情報を通知してくれるアプリ。

無料で利用できます。

情報通知エリアは最大3地点まで登録可能。

自宅、実家、職場など必要な地点の情報が得られるのはもちろん、位置情報を利用した現在地の情報も通知してくれます。

多くのMVNOでも推奨されているアプリのひとつです。

2. ゆれくるコール

あらかじめ登録した地点の予想震度や津波の予想到達時間を表示してくれるアプリ。

大きな揺れが来る前に、推定震度などの情報を画面に表示してくれます。

有料版と無料版がありますが、無料版でも十分利用可能。

これまでのダウンロード数は550万と、多くの人が利用しているアプリです。

3. 地震情報! Lite

こちらは全国の地震情報をお知らせしてくれるアプリ。

現在地や登録地点周辺の地震情報だけが通知されるものが多い中、全国各地の情報がすぐにチェックできる点が特徴。

日本で津波被害が出る可能性のあるチリ地震なども通知してくれます。

「震度4以上」「マグニチュード7以上」など、通知条件は自分で設定可能。

幅広いエリアの情報が知りたい人にはオススメのアプリです。

ETWS対応でもアプリを入れておいて損はない

ETWS非対応の場合はもちろん、対応している端末を使っていても防災関連のアプリは入れておいて損はありません。

「プッシュ通知型だと通知がうるさい」

そう感じる人は、通知条件を設定できるものを使えば回数を減らすことも可能。

自分の身を守るためにも、こうした対策はしっかり取っておくことをオススメします