「白ロムとSIMフリー、何が違うの?」

「中古ショップで格安の白ロム端末が。本当に買っても大丈夫なの? 」

格安スマホで目にする「白ロム」と「SIMフリー」端末。

買うべき端末は、どちらなのでしょう?

白ロムよりもSIMフリーに軍配あり!

白ロムもSIMフリーも、スマホの端末を指す言葉。

どちらも似たようなものだと思うかもしれませんが、実は違います。

悩んだときはどちらを買うべきか?

結論から言うと、オススメなのはSIMフリー!

なぜなら、白ロムにはいくつかのリスクが隠れている可能性があるんです…。

白ロムとはどんな端末?

白ロムとは、端末からSIMカードを抜き取ったもの。

スマホなどの端末はSIMカードが入っていなければ、電話機として使うことはできません。

電話番号情報が記録されているSIMカードが挿入されて初めて、電話機として使うことができるようになるんです。

SIMカードが入っていないということは、端末には電話番号情報なども入っていない状態。

情報がない、つまり端末が真っ白な状態ということで「白ロム」と呼ばれているのです。

白ロムには次のような特徴や注意点があります。

  • 端末は新品だけではなく中古品も多い
  • 比較的安価で購入できる
  • SIMロック解除されていない場合がある
  • 白ロムを購入してもすべての格安SIMで使えるとは限らない
  • ネットワーク利用制限携帯電話機(赤ロム)にあたる可能性がある

大手キャリアの端末には「SIMロック」がかけられている

「白ロムならSIMカードさえ挿せばすぐに使えるんじゃないの?」
そう考えるかもしれません。

しかし白ロムはあくまでも「端末からSIMカードを抜き取ったもの」

その端末自体は大手キャリアで発売されたものが多く存在します。

大手キャリアでは自社以外のSIMカードを挿しても端末が使えないように、SIMロックがかけられています。

例えば最初にauで購入された端末であれば、SIMロックを解除しない限り、auのSIMカードしか使えないようになっているのです。

格安SIMのほとんどはドコモ系なので、ドコモ系の白ロムであれば基本的には問題なく利用可能。

auの場合はUQモバイルやmineo Aプラン、IIJmioなどが利用できます。

ソフトバンクの場合は残念ながら、SIMロック解除されていない限り、利用できる格安SIMはありません。
(2017年3月22日から一部格安SIM(MVNO)で利用できるようになります。)

ソフトバンクの場合、解約した端末のSIMロックは「解約から90日以内」に、「契約者本人」が手続きする必要あり。

ソフトバンクの白ロムを利用する場合は特に、SIMロック解除済みかどうか、きちんと確認することが大切です。

ネットワーク利用制限携帯電話機(赤ロム)とは

白ロムでもうひとつ気を付けたいのが、ネットワーク利用制限携帯電話機(通称、赤ロム)に該当しないかどうか。

次のような場合に該当します。

  • 販売店での窃盗(盗難)や詐欺等の犯罪行為により、不正入手された端末
  • 本人確認書類などに虚偽の記載がある等、不正な契約により入手された端末
  • 端末代金が支払われていない(分割払いの滞納など)、もしくはその可能性が高い端末

こうした端末は着信を含めた通話や通信の利用が制限されます。

「赤ロム」と呼ばれるのは、通信制限がかかった端末は画面に赤い表示が出るため。

一度かけられた制限が解除されることはないので、中古品店やオークションなどで白ロムを購入する際には注意が必要です。

SIMフリーとはどんな端末?

SIMフリーとは、SIMロックされていない端末のこと。

つまり、どの会社のSIMカードを挿しても使える端末のことです。

SIMロックされていないので、ドコモなどの大手キャリアはもちろん、格安SIMも安心して利用できます。

SIMフリーの特徴などは次の通り。

  • 中古表示のないものはすべて新品の端末
  • SIMカードとセットで購入すれば面倒な設定不要で使える
  • 後で格安SIM(MVNO)を乗り換えても端末はそのまま利用できる
  • 周波数帯域(バンド)が合えば、海外でSIMを差し替えて利用できる

国産スマホにも増えたSIMフリー端末

SIMフリースマホは少し前まで「格安スマホ」なんて言われていました。

以前は聞いたことのない海外製の端末が多く、性能に不安があると感じる人もいたかもしれません。

しかし最近は大手キャリアと同じように、国内メーカーのスマホもSIMフリー端末を発売。

富士通のarrows M03
シャープのAQUOS SH-M04
など、ラインナップも大手キャリアと変わらないほどになっています。

「使えない!」なんて心配がない

下手をすると赤ロムに当たったり、SIMロック解除されていない端末に当たる可能性もある白ロム。

SIMフリーならそうした心配もありません。

設定が不安ならセット購入が便利

格安SIM(MVNO)でも、最近はSIMカードと端末をセットで販売しています。

セットで購入すれば、必要な設定なども済ませた状態で出荷してくれます。

手元に届けばすぐに使え、選び方も買い方も、もはや大手キャリアと変わらない感覚なのです。

セット購入がお得なキャンペーンは楽天モバイルとNifmo

端末セットのお得なキャンペーンがあるのは、楽天モバイルとNifmo

月単位で対象機種やキャンペーン内容が替わります。

楽天モバイルでは、端末によって限定カラーを扱っていたりして、他の人とは少し違うスマホを使いたい! なんて人にもピッタリ。

支払いには楽天スーパーポイントも利用できます。

楽天モバイルについて詳しくはこちら
楽天モバイルの評価、他の格安SIMとの比較を徹底分析

Nifmoについて詳しくはこちら
Nifmo(ニフモ)の評価、他の格安SIMとの比較を徹底分析

こうしたキャンペーンを上手く利用すれば、よりお得にSIMフリー端末を購入することができます。

こだわりがあれば白ロム、それ以外ならSIMフリー

スマホにそこまで詳しくない人が白ロムを選ぶのは、実はリスキー。

  • スマホに詳しい
  • どうしても使いたい特定の端末がある
  • 中古品でも抵抗がない

こうした人であれば、白ロムを使うのも問題ないでしょう。

そうでなければ、SIMカードと端末をセット購入する方がお得だし安心です。

安いから買ったら使えなかった! そんなことにならないよう、端末を選ぶ時は気を付けてくださいね。