「データ通信量が月によってバラつき、余ってもったいない…」
「どのくらいデータ通信量を使うか分からない…余るともったいないし、足りないと困るし…」

しかし従量制プランなら、そんなデータ通信量のお悩みを解決してくれます。

従量制と定額制の違い

従量制とは、使った分だけ支払う料金プランのこと。
身近なイメージとしては、水道料金や電気料金などがあります。

使った分だけ支払うので、ムダがありません。
実は、ほとんどの人は従量制プランを選ぶことで通信量を節約できます。

注意点としては、使えば使うほど料金も高くなるので使いすぎに注意が必要です。
Wi-Fiにつないでるつもりが実はLTEで動画を見てしまったりすると、思わぬ出費をする可能性があります。

従量制プランのある主要格安SIM(MVNO)5社

主要格安SIM(MVNO)では従量制プランがあるのはこの5社。

  • FREETEL「使った分だけ安心プラン」
  • エキサイトモバイル「最適料金プラン」
  • U-mobile「ダブルフィックス」
  • nuro mobile「0 SIM」
  • b-mobile「おかわりSIM 5段階定額」

ズバリ最安値はここ!

1か月間のデータ通信量に応じて、最安値の格安SIM(MVNO)が変わります。

【1ヶ月のデータ通信量による最安値】

  • 0GB〜1.2GB: nuro mobileが最安
  • 1.2GB〜2GB: b-mobileが最安
  • 2GB〜10GB: エキサイトモバイルが最安
  • 11GB〜: FREETELしかない

【結論】 トータルで考えると、エキサイトモバイルが一番お得です。

ただし10GB以上を使う超ヘビーユーザーは、FREETELしか選択肢がありません。

主要5社のデータ容量と料金比較

各社のデータ容量と料金を比較すると、この様になります。

【データ通信量と月額料金比較(データSIM)】
表は横にスクロールします→
データ通信量U-mobile
「ダブルフィックス」
NURO mobile
「0 SIM」
b-mobile
「おかわりSIM」
エキサイトモバイル
「最適料金プラン」
FREETEL
「使った分だけ安心プラン」
〜100MB680円0円500円630円299円
〜500MB680円0円500円630円499円
〜1GB680円100円~500円
(+100円/100MB毎)
500円660円499円
〜2GB900円600円~1,500円
(+100円/100MB毎)
750円770円900円
〜3GB900円1,600円1,000円880円900円
〜4GB1,600円1,250円1,150円1,520円
〜5GB1,600円1,500円1,450円1,520円
〜6GB1,600円2,140円
〜7GB1,900円2,140円
〜8GB2,120円2,140円
〜9GB2,200円2,470円
〜10GB2,380円2,470円
〜15GB3,680円
〜20GB4,870円
【データ通信量と月額料金比較(音声SIM)】
表は横にスクロールします→
データ通信量U-mobile
「ダブルフィックス」
NURO mobile
「0 SIM」
b-mobile
「おかわりSIM」
エキサイトモバイル
「最適料金プラン」
FREETEL
「使った分だけ安心プラン」
〜100MB1,480円700円1,300円1,330円999円
〜500MB1,480円700円1,300円1,330円1,199円
〜1GB1,480円800円~1,200円
(+100円/100MB毎)
1,300円1,360円1,600円
〜2GB1,780円1,300円~2.200円
(+100円/100MB毎)
1,550円1,470円1,600円
〜3GB1,780円2,300円1,800円1,580円1,600円
〜4GB2,300円2,050円1,850円2,220円
〜5GB2,300円2,300円2,050円1,520円
〜6GB2,300円2,840円
〜7GB2,600円2,840円
〜8GB2,820円2,840円
〜9GB2,900円3,170円
〜10GB3,080円3,170円
〜15GB4,380円
〜20GB5,570円

データSIMをグラフにするとこのようになります。
(クリックするとグラフは大きくなります)
従量プラン料金比較

エキサイトモバイル 「最適料金プラン」

  • 最適料金プランでも複数SIMをシェアできる
  • 最大10GBまでムダのない細かい11段階料金設定プラン
  • 高速データ通信での3日容量制限なし
  • 制限を超えても追加チャージ1GB:580円で追加可能
  • 音声通話対応SIMの最低利用期間が12ヶ月
  • SIM2枚のシェアプランは無く、1枚か3〜5枚のシェアになる
  • MNPの同一プランへの転入は、名義をそろえる必要あり

詳しくこちら
エキサイトモバイルの注意点とメリットまとめ

FREETEL 「使った分だけ安心プラン」

  • 「スマートコミコミ+」を利用すれば、端末をお得に買える
  • オリジナルスマホが多く、人と違う機種が買える
  • iPhone用のSIMなら、AppStoreからのダウンロードがカウントフリー
  • LINE・WeChat・WhatsApp・ポケモンGoのデータ通信がカウントフリー
  • スマートコミコミ+は実質3年縛りなど落とし穴が多い
  • 2017年4月に消費者庁から景品表示法で警告を受けるなど、すこし信頼性が落ちている

詳しくはこちら
FREETELの注意点とメリットまとめ

U-mobile 「ダブルフィックス」

  • 音声SIMの最低契約期間が6ヶ月と短く、6ヶ月以内の解約手数料も6,000円と安い。
  • 全国のWi-Fiスポット82,000箇所が利用できる
  • 1GBまでと、1GB〜3GBの2段階しかない。
  • ダブルフィックスプランでは、月の最大データ通信容量が3GBで、チャージも出来ない。
  • 通信速度の評判があまり良くない

詳しくはこちら
U-mobileの注意点、メリットまとめ

nuro mobile「0 SIM」

  • データSIMは500MB未満だと月額費用が0円と最安。
  • 1.2GBまでなら最安価格の月額料金
  • 5GBを超えると速度制限がかかる(容量のチャージは可能)。
  • 0 SIMの音声+データプランの最低利用期間は12か月(5,200円の解約違約金)
  • MNPの転出費用が7,000円と高額(他社は3,000円)
  • 0 SIMは1か月間の申込数が7,777枚までと限定されている。
  • 速度の評判が悪い
  • データ専用プランおよびデータ+SMSプランの場合、3か月連続でデータ通信がないと自動解約となる。
  • 1人につきSIM1枚しか申込めない。

詳しくはこちら
nuro mobileの注意点とメリットまとめ

b-mobile 「おかわりSIM 5段階定額」

  • 音声通話SIMの最低利用期間が4ヶ月と短い(解約金8,000円)
  • 高速データ通信の3日制限はなし
  • データ通信容量が最大5GBで追加チャージはない。
  • 老舗ではあるが、すこしマニアックな格安SIM(MVNO)

詳しくはこちら
【公式サイト】 b-mobile