格安SIMイメージ
格安SIM(MVNO)の数は668社以上にのぼります。(2016年12月時点総務省発表による)

数は多いですが、契約数3万件以上の主要な格安SIM(MVNO)は55社とそんなに多くありません。
あなたに最適な格安SIM(MVNO)の選び方、数あるMVNOの中から主要な会社を比較してまとめました。

選ぶポイントとは

格安SIM(MVNO)を選ぶポイントはこちらです。

格安SIM(MVNO)の選ぶポイント
  1. 「データ通信だけ」か「音声通話付き」か?
  2. あなたのデータ通信量でお得なプランがあるか?
  3. どのくらい電話を利用するか? 電話の目的は?
  4. 端末も新しく購入するか?
  5. 端末は何台使うか? 家族全員か?
  6. 子どもや高齢者が利用するか?
  7. 「価格重視」か「大手の信頼性重視」か?
  8. Wi-Fiスポットや音楽配信など付帯サービスを利用するか?
【格安SIM(MVNO)主要19社のサービス比較表】
※左右にスクロールします⇒
2017年12月現在DTI SIMOCNモバイルONEIIJmio
(ドコモ)
IIJmio
(au)
楽天モバイルUQ mobileDMM mobileNifmo(ニフモ)TONEmineo
(ドコモ)
mineo
(au)
U-mobile
(ドコモ)
U-mobile
(ソフトバンク)
エキサイトモバイルBIGLOBE SIMLINEモバイルイオンモバイルとくとくBB SIMNURO mobileb-mobile
(ドコモ)
b-mobile
(ソフトバンク)
Y!mobileFREETEL
これがイチオシ
お試しプランで半年間大幅にお得!国内シェアトップクラス!多数の調査でお客様満足度No.1獲得!多数の調査でお客様満足度No.1獲得!格安SIMで唯一の完全かけ放題!通信速度に定評あり!料金プランは業界最安値水準!ファミリープログラムで家族の支払いをひとまとめに!子どもからお年寄りまで安心して使える最低利用期間なし、12ヶ月目以降ならMNP転出手数料も安い最低利用期間なし、12ヶ月目以降ならMNP転出手数料も安い多種多様な料金プランありソフトバンクのiPhone/iPadがそのまま使えるシェア可能な従量制プランあり固定回線とセット利用で月額料金割引!LINEなどSNSがカウントフリー、LINEで気軽に問合せ可能シェアプランがお得!GMOとくとくポイントで実質毎月50円引き毎日5時間まで無制限にデータ通信可能な時間プランあり速度制限なしの25GB定額大容量プランソフトバンクのiPhone/iPadがそのまま使える多数の実店舗あり、全てコミコミの料金プラン多数のオリジナル端末あり!
注意点料金プランが高め通常プランのデータ容量選択肢が少ない高速データ通信の速度制限あり3G通信専用端末では利用不可通常プランは3GBのみ。内容が複雑で2年縛りのあるプラン留守電などのオプションなしチャージ料金が高額高速通信不可昼間の通信速度に対する評価が低い昼間の通信速度に対する評価が低いプランが複雑で選ぶのが難しいデータ専用のみ(SMSも不可)定額プランだと5GB前後の中容量プランなしWi-Fiスポット利用は6GB以上プラン契約者のみSNSを利用しない人には不向き今どき主要格安SIMなのに即日MNPできない音声プランは選択肢が少ない高速通信3日制限の詳細が非公開データ繰り越し不可2年縛りあり大容量プランでもシェア不可
利用回線ドコモドコモドコモauドコモauドコモドコモドコモドコモauドコモソフトバンクドコモドコモドコモドコモドコモドコモドコモソフトバンクソフトバンクドコモ
通常プラン
(月◯GB定額)
6段階
(1/3/5/10/15/20GB)
5段階
(3/6/10/20/30GB)
3段階
(3/6/10GB)
3段階
(3/6/10GB)
5段階
(3.1/5/10/20/30GB)
1段階
(3GB)
9段階
(1/2/3/5/7/8/10/15/20GB)
3段階
(3/7/13GB)
×5段階
(0.5/1/3/5/10GB)
5段階
(0.5/1/3/5/10GB)
3段階
音声付き: 3/5/25GB
データ専用: 1/5/25GB
データ通信のみ
4段階
(1/3/7/30GB)
8段階
(1/2/3/9/20/30/40/50GB)
6段階
(1/3/6/12/20/30GB)
5段階
(1/3/5/7/10GB)
※SNSカウントフリー
音声プラン 11段階
(500MB/1/2/4/6/8/12/20/30/40/50GB)
データプラン10段階
(1/2/4/6/8/12/20/30/40/50GB)
データ/SMS付: 5段階
(1/3/5/7/10GB)
音声付: 3段階
(3/6/12GB)
9段階
(2/3/4/5/6/7/8/9/10GB)
1段階 25GBデータSIM4段階
(1/3/7/30GB)
音声SIM従量5段階
(1/2/3/4/5GB)
×10段階
(1/3/5/8/10/15/20/30/40/50GB)
従量制プラン×××××××××××
(~3GB)
×
(1枚コース: ~10GB
3枚コース: ~15GB)
××××0 SIM
(~5GB)
5段階
(~5GB)
5段階
(~5GB)
×8段階
(~20GB)
2年縛りプラン××××コミコミプラン
(端末限定)
ぴったりプラン(2〜14GB+無料通話60〜180分/月)
おしゃべりプラン(2〜14GB+5分かけ放題)
×××××××××××××××スマホプランS/M/L
(基本使用料+データ通信+10分かけ放題+Yahoo!プレミアム)
スマートコミコミ+
(端末代+データ通信+10分かけ放題)
無制限プラン中速
(速度非公開)
500kbps××200kbps500kbps200kbps×500~600kbps××
速度非公開
××
ただし、従量制プランの低速通信は実質無制限
×××××××××
その他プラン×日単位プラン
(110MB/日、170MB/日)
××××××××スーパートーク(10分かけ放題付)
(1/3/7GB)
×××MUSIC+プラン(3/5/7/10GB)シェア音声プラン
8段階
(4/6/8/12/20/30/40/50GB)
×5時間/日プラン××××
最低利用期間
(音声通話SIM)
12ヶ月
違約金9,800円
6ヶ月
違約金8,000円
(12ヶ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円(12ヶ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円12ヶ月
違約金9,800円
12ヶ月
9,500円
12ヶ月
違約金9,000円
6ヶ月
違約金8,000円
24ヶ月
違約金9,800円
なしなし通話プラス: 6ヶ月、違約金6,000円
通話プラスLTE使い放題2: 12ヶ月、違約金9,500円(6ヶ月以内)、3,500円(7~12ヶ月以内)
12ヶ月
9,500円
12ヶ月
8,000円
12ヶ月
9,800円
12ヶ月
8,000円
12ヶ月
違約金12,000円~0円
サービス開始月から毎月1,000円ずつ減額
5ヶ月
違約金8,000円
なし24ヶ月
2年単位の自動更新制
なし
MNP転出料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円090音声オプション利用の場合
6ヶ月以内のMNP転出で9,800円
2,000円
ただし、利用開始翌月から12ヶ月以内は11,500円
2,000円
ただし、利用開始翌月から12ヶ月以内は11,500円
3,000円3,000円契約開始~3ヶ月以内: 6,000円
4ヶ月以降: 3,000円
3,000円契約開始月~3ヶ月目
6,000円
4ヶ月目以降
3,000円
3,000円3,000円3,000円契約から6ヶ月以内 6,000円
7ヶ月目以降 3,000円
契約当月15,000円
以降毎月1,000円ずつ減額し、13ヶ月目以降は2,000円
データ容量の翌月繰越し×××
定額プランのみ
×××
データ容量のチャージ500MB: 380円
1GB: 600円
500MB: 500円100MB: 200円
(店頭のみ)500MB: 1,500円
(店頭のみ)2GB: 3,000円
100MB: 200円
(店頭のみ)500MB: 1,500円
(店頭のみ)2GB: 3,000円
100MB: 300円
500MB: 550円
1GB: 980円
100MB: 200円
500MB: 500円
100MB: 200円
500MB: 600円
1GB: 1,100円
1GB(繰り越しなし): 480円
500MB: 900円×100MB:150円100MB:150円100MB: 300円
500MB: 500円
1GB: 800円
×1GB: 580円100MB: 300円500MB: 500円
1GB: 1,000円
3GB: 3,000円
1GB: 480円90日間有効
100MB: 190円
500MB: 590円
1GB: 1,090円
100MB: 400円
500MB: 600円
1GB: 1,000円
100MB: 300円
500MB: 1,200円
×500MB: 500円500MB: 500円
データ容量のシェア×最大5枚3/6GBは最大2枚
10GBは最大10枚
3/6GBは最大2枚
10GBは最大10枚
最大5枚
前月の残ったデータ容量を最大5回線でシェア
×最大3枚最大7枚
各自3/7/13GBいずれかのプラン加入必須
×最大5回線最大5回線××最大3枚最大4枚
(6GBプラン以上)
×最大5枚×
対応予定
×××最大4枚×
Wi-Fiスポットの無料利用×82,000箇所×××Wi2 300×BBモバイルポイント×××82,000箇所××83,000箇所
(6GB以上プラン)
××××××
高速通信のon/off××
高速チケットオプション(300円/1GB)購入で可能
×××××
※Turbo Chargeで購入した容量についてのみ可能
××
低速通信のターボ機能××××××××××××××××××
高速通信の3日制限1GBプラン:700MB
3GBプラン:2GB
5GBプラン:3GB
無制限プラン:非公開
無制限無制限3日あたり6GB
※高速・低速問わず3日で6GBを超えると制限
無制限6GB無制限3GB: 650MB/日
7GB: 1,500MB/日
13GB: 2,800MB/日
大容量通信で制限あり
(容量非公開)
無制限無制限無制限無制限無制限無制限無制限無制限1/3GBプラン: 360MB
5/7/10GBプラン: 1GB
制限有(非公開)無制限無制限無制限無制限
低速通信の制限無制限無制限3日あたり366MB3日あたり366MB無制限無制限3日あたり366MB無制限大容量通信で制限あり
(容量非公開)
無制限無制限無制限無制限3日あたり366MB無制限3日あたり366MB無制限無制限3日あたり366MB3日あたり366MB無制限無制限
電話回線のかけ放題10分 820円/月10分 850円/月
3回線かけ放題 850円/月
ダブルかけ放題(上記併用)1,300円/月
誰とでも3分&家族と10分 600円/月
誰とでも10分&家族と30分 830円/月
誰とでも3分&家族と10分 600円/月
誰とでも10分&家族と30分 830円/月
かけ放題 2,380円/月
5分 850円/月
その他プランに含まれる5分 850円/月××5分かけ放題:850円/月
通話定額30:840円/30分
通話定額60:1,680円/60分
5分かけ放題:850円/月
通話定額30:840円/30分
通話定額60:1,680円/60分
3分50回/日 500円/月
60分まで 800円/月
××通話パック60: 650円
3分かけ放題: 650円
10分 880円10分 850円×10分 800円1回あたり3分まで、かつ、1日あたり50回まで 500円無制限 1,000円1分 299円
5分 840円
10分 1,499円
備考●音声SIMは050plusが1回線無料
●OCN光とセットで200円/月割引
●IP電話での国内通話がかけ放題になるオプションあり(1,300円/月)●IP電話で10分かけ放題になるオプションあり(2017年12月まで500円/月)●BIGLOBE接続サービス利用者は、月200円割引
●光☆SIMセット割ならさらに最大300円割引
詳細ページDTI SIMOCNモバイルONEIIJmio
(ドコモ)
IIJmio
(au)
楽天モバイルUQ mobileDMM mobileNifmo(ニフモ)TONEmineo
(ドコモ)
mineo
(au)
U-mobile
(ドコモ)
U-mobile
(ソフトバンク)
エキサイトモバイルBIGLOBE SIMLINEモバイルイオンモバイルとくとくBB SIMNURO mobileb-mobile
(ドコモ)
b-mobile
(ソフトバンク)
Y!mobileFREETEL

1 「データ通信だけ」か「音声通話付き」か?

格安SIM(MVNO)には3種類あります。

格安SIM(MVNO)の3種類
  • データ通信
    ⇒月額基本料が一番安い
  • データ通信+SMS
    ⇒月額基本料がデータ通信+約150円/月
  • データ通信+SMS+音声通話
    ⇒月額基本料がデータ通信+約700円/月

スマホだから必ず音声通話が必要とは限りません。
どのSIMを選ぶかは、価格と必要性のバランスで考えます。

1-1 SMS(ショートメッセージサービス)が必要か

SMSサービスとは、電話番号で送受信するメッセージ(ショートメール)です。
LINEや様々なアプリを利用するときに認証作業で必要になるため、データ通信を普通に利用する人は必要だと考えて下さい。

ガラケーを1台別に持っている場合、ガラケーのSMSが利用できるのでは必要ありません。

1-2 音声通話が必要か

次に音声通話が必要かどうかです。
スマホだったら音声通話が絶対必要かというと、そうではありません。

音声通話の相手が家族や友人だけの人は、IP電話やLINE電話などで十分です。

「音声通話が必要な人」はこの様な人です。

【音声通話が必要な人】
  • ビジネスや重要な要件で電話をする人
  • 地震や災害などの緊急時に少しでもつながりやすい電話が欲しい人
  • 「110」「119」「104」など3桁の緊急ダイヤルや電話サービスを利用する人
  • 一部のフリーダイヤルやナビダイヤルが利用できないと困る人

逆に「音声通話は不要な人」はこの様な人になります。

【音声通話が不要な人】
  • 子供に初めてスマホを持たせる人
  • タブレット用のデータ通信SIMが必要な人
  • 基本的にビジネスや重要な目的などで通話をしない人
  • ガラケーとスマホの2台持ちをする人

データ通信でもIP電話を利用すると普通に電話できます。
緊急電話「110」「119」などは使用できませんが、実際かけた事がある人はほとんどいないのでは。
私もかけたことはありません。

ただしデータ通信は回線が混雑している時間帯(朝の出勤時間、昼休み、夜の帰宅時間)では途切れたり、話しづらくなる場合があります。
家族や友人なら我慢できますが、ビジネスには向いていないと考えましょう。

音声通信の有無で月額基本料の差がおおよそ600円。
1年間だと6,600円、5年間では33,000円の差。
どちらを選ぶか、この後のポイントも含めてよく考えて下さい。

ちなみにガラケーなら、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の通話し放題が月額2,200円で利用できます。

格安SIMでは楽天モバイルが2017年4月から完全かけ放題オプションを月額2,380円でスタートしました。

2 あなたのデータ通信量でお得なプランがあるか?

あなたの毎月のデータ通信量はどのくらいでしょうか?
MM総研の調査によると、スマホ利用者の半数以上は月間データ通信量が3GB以下。

格安SIM(MVNO)では、各社特徴あるプランを提案しています。
あなたのデータ通信容量で一番魅力的なプランを選ぶことが大切です。

データ通信量には大きく4種類のプランがあります。

1ヶ月単位プラン
格安SIM(MVNO)では標準的なプラン。1ヶ月の高速データ通信容量が決まっており、この制限を超えると200kbpsなど低速のデータ通信容量になってしまいます。
注意が必要なのは、3日のデータ通信容量が決っている会社があることです。具体的な数字がある会社とない会社、3日制限自体がないDMM mobileなどの会社もあります。
容量プランは1GB以下から10GBを超えるプランまで各社用意しています。多くの会社で毎月プランは変更できるので、利用しながら変更すると良いでしょう。
余ったデータ容量を翌月に繰り越しが出来るかどうかもポイントです。
1日単位プラン
1日単位で高速データ通信容量の制限があります。OCNモバイルONEがこのタイプのプランを用意しています。余った容量は翌日に繰り越しもできます。高速データ通信が制限されても翌日には回復するので、使いすぎを抑えるには便利です。
従量課金プラン
使ったデータ通信容量にしたがって月額料金が決まるプランです。「エキサイトモバイル」では12段階の最適料金プランがあります。
無制限プラン
無制限プランには2種類あります。
1つは中低速(200〜500kbps)で無制限に使えるプラン。楽天モバイルUQ mobileなどがあります。
もう1つはLTEの高速データ通信が無制限に使えるプラン。DTI SIMU-mobileなどがあります。
高速データ通信の注意点は、無制限プランでも3日制限があること。極端に長時間動画を見たりすると制限される場合があります。

こちらも参考に⇒1ヶ月1Gbってどのくらい? データ通信量でできることの目安とは

3 どのくらい電話を利用するか? その電話の目的は?

3-1 プライベートな電話

あなたが電話を利用する目的は何でしょうか?

プライベートの友人や家族との会話であれば、データ通信を利用したIP電話で十分です。
LINEでつながっている人はLINEの無料通話を利用しましょう。
Skypeも無料通話が可能です。

また普通の電話にかける時もIP電話なら格安で通話できます。
固定電話は3分8円。
携帯でも1分10円程度。
プライベートな電話は格安SIM(MVNO)ではデータ通信を利用すべきでしょう。

3-2 ビジネスなど第3者相手の重要な電話

ビジネスや第3者相手の重要な電話の場合、データ通信では通話品質に不安があり、おすすめできません。

格安SIM(MVNO)で通話品質の高い通話をお得に利用する場合、2つの方法があります。

1つは電話回線を利用した通話アプリを利用すること。
2017年5月時点では、「FREETELでんわ」が最強です。
どの格安SIMと契約しても1分、5分、10分のかけ放題オプションが利用できます。

もう1つは電話回線の通話に対応したプランの格安SIM(MVNO)を選ぶこと。
楽天モバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンクと同じように完全かけ放題オプションが月額2,380円で利用できます。

4 端末も新しく購入するか?

今の端末を利用する場合は注意が必要です。
ドコモのSIMロック端末の場合は、ほとんどの格安SIM(MVNO)が利用できますが、各社の公式サイトで対応端末であることを必ず確認して下さい。
あなたの端末が対応していれば、SIMだけを申し込むことになります。

auのSIMロック端末の場合は、格安SIM(MVNO)の選択肢がUQ mobileかmineo(マイネオ)IIJmioの3社になります。auではSIMロックのままで使える端末も少ないので、必ず公式サイトで確認して下さい。

端末を新しく購入する場合は、各社のキャンペーンを利用するとお得になる場合があります。

キャンペーン情報はこちらを参考に
格安SIM(MVNO)の主なキャンペーン情報まとめ

また端末をセットで購入する場合は、格安SIM(MVNO)によって選択肢が変わります。
こちらも参考に⇒格安スマホの選び方とお得な端末セット

5 端末は1つか2つ? それとも家族全員か?

端末を何台使うか、家族が利用するかどうかも格安SIM(MVNO)を選ぶポイントになります。

1つのプランにSIMカードを追加することで、トータルの月額基本料が安くできる場合があります。

詳しくはこちらも参考に
家族で乗り換える格安SIM(MVNO)のおすすめと選び方

6 子どもや高齢者が利用するか?

子どもや高齢者が利用する場合は、より細かい配慮やサービスが必要です。
そんなユーザーに配慮した格安SIM(MVNO)ではTONE(トーンモバイル)が定番です。

子供の為にアプリのインストールや利用時間を制限できる機能や、位置情報を確認できる機能など、細やかな配慮があります。
また高齢者向けには、スマホの使い方をとことんサポートしてくれたり、遠隔操作で直してくれるサービスが標準だったりします。

TONE(トーンモバイル)の詳細はこちら
TONEの評価、他の格安SIMとの比較を徹底分析

7 価格重視か大手という信頼性重視か

格安SIM(MVNO)で価格を重視する場合、キャンペーンに注目するのが一番効果的です。
格安SIM(MVNO)でも、後発の新しい会社ほど、ユーザー数を増やすためにお得なキャンペーンに力を入れる傾向があります。

一方で信頼性を重視する場合は、大手でユーザー数が多い格安SIM(MVNO)を選ぶことになります。
シェア1位のOCNモバイルONE、シェア2位のIIJmio、通話SIMで強い楽天モバイルなどが有力です。

ただ当サイトで紹介している各社はどこも実績がある主要MVNO。
この中のどの会社を選んでも、信頼性の面では問題無いと思います。

8 Wi-Fiスポットや音楽配信など付帯サービスに興味があるか

格安SIM(MVNO)では、各社の特徴を活かした付帯サービスも多くあります。
いくつか注目すべきサービスを挙げます。

8-1 低速切替機能とバースト機能

格安SIM(MVNO)では、高速データ通信の容量を使い切ると200kbpsなどの低速データ通信になってしまいます。
これを避けるために高速データ通信容量を節約できる機能が「低速切替機能」です。

高速データ通信が残っている状態で低速データ通信に切り替えることで、高速データ通信の容量を減らさずインターネットなどを利用できます。

さらに「バースト機能」があれば低速データ通信を快適に利用できます。
バースト機能は一瞬だけ通信速度が早くなる機能。
インターネットのサイトでは初めの表示が早くなるので、体感するデータ通信速度がはやく感じます。

これらの機能は、IIJmioが先駆けで、DMM mobileも同しシステム系列としてサービスを共有していました。
今はOCNモバイルONEでも使えます。

8-2 Wi-Fiスポット

Wi-Fiスポットが無料で利用できるとデータ通信容量が節約できます。
スタバなど全国82,000箇所が利用できるOCNモバイルONE。
マクドナルドなど全国5200箇所が利用できるNifmoなどがあります。

8-3 音楽配信や映画

U-mobileでは、月額490円で音楽聞き放題の「すまほでUSEN」を、実質無料で利用できるUSEN MUSIC SIMがあります。
またLTE使い放題プランでは、U-NEXTのポイントが毎月もらえるなど、独特のサービスがあります。

8-4 ポイントサービス

ポイントといえば楽天スーパーポイント。

楽天モバイルでは、ユーザーになるだけで楽天市場のポイントがいつでも2倍。
もちろん楽天モバイルの料金でも100円に付き1Pが貯まります。

他にはDMM mobileではDMMポイントが10%還元。
10%還元はかなりお得です。
DMMポイントはDMM関連のサービスで幅広く利用できます。

注意点は有効期間が1ヶ月しかないこと。
普段からDMMのサービスを利用している人は有効に利用できそうです。

9 乗り換えは差額を考えて

格安SIM(MVNO)へ乗り換えることで、一般的には毎月3,000円以上節約できるはず。
今の契約で2年縛りの違約金9,500円がかかったとしても、3ヶ月で元がとれます。

今は即日MNPが各社可能になったので、格安SIM(MVNO)でもMNPで電話が通じなくなる時間もありません。
格安SIM(MVNO)に乗り換えるなら、早いほどお得になります。

こちらも参考に⇒格安SIMに乗り換えるなら要注意! 損しないタイミングはいつ?

【(参考)主要17社のデータSIMプラン比較表】
※表は横にスクロールします。
※表の最上行をクリックすると、各容量毎の金額順に並び替わります。
2017年12月
現在
500MB1GB2GB3GB3.1GB3.3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB12GB13GB15GB20GB30GB40GB50GB無制限
(LTE)
3.7GB
(200kbps)
無制限
(200kbps)
無制限
(500kbps)
無制限
(中速)
OCNモバイルONE1,100円900円
110MB/日
1,380円
170MB/日
1,450円2,300円4,150円6,050円1,800円
IIJmio900円1,520円2,560円
SIM3枚
楽天モバイル900円1,450円2,260円4,050円5,450円525円
DTI SIM600円840円1,220円2,100円3,600円4,850円2,200円
UQ mobile980円1,980円
DMM mobile480円770円850円1,210円1,860円2,190円3,280円3,980円440円
(366MB/3日)
Nifmo(ニフモ)900円1,600円2,800円
TONE1,000円
mineo(マイネオ)700円800円900円1,580円2,520円
U-mobile790円900円1,480円2,480円
エキサイトモバイル670円770円900円2,250円4,750円6,980円9,980円13,800円
BIGLOBEモバイル900円1,450円2,700円4,500円6,750円
LINEモバイル500円1,110円
(SMS)
1,640円
(SMS)
2,300円
(SMS)
2,640円
(SMS)
イオンモバイル480円780円980円1,480円1,980円2,680円3,980円5,380円7,480円10,300円
とくとくBB SIM780円1,320円2,470円
もしもシークス980円1,580円2,180円2,780円3,380円
NURO mobile700円900円1,100円1,300円1,500円1,700円1,900円2,100円2,300円
FREETEL499円900円1,520円2,140円2,470円3,680円4,870円6,980円9,400円11,800円
【(参考)主要17社の音声通話プラン比較表】
※表は横にスクロールします。
※表の最上行をクリックすると、各容量毎の金額順に並び替わります。

2017年12月
現在
500MB1GB2GB3GB3.1GB3.3GB4GB5GB6GB7GB8GB9GB10GB12GB15GB20GB30GB40GB50GB無制限
(LTE)
3.7GB
(200kbps)
無制限
(200kbps)
無制限
(500kbps)
無制限
(中速)
OCNモバイルONE1,800円1,600円
110MB/日
2,080円
170MB/日
2,150円3,000円4,850円6,750円2,500円
IIJmio1,600円2,220円3,260円
SIM3枚
楽天モバイル1,600円2,150円2,960円4,750円6,150円1,250円
DTI SIM1,200円1,490円1,920円2,800円4,300円5,500円2,900円
UQ mobile1,680円2,680円
DMM mobile1,260円1,380円1,500円1,910円2,560円2,680円2,890円3,980円4,680円1,140円
(366MB/3日)
Nifmo(ニフモ)1,600円2,300円3,500円
TONE1,953円
mineo(ドコモ)1,400円1,500円1,600円2,280円3,220円
mineo(au)1,310円1,410円1,510円2,190円3,130円
U-mobile1,580円1,980円2,980円
エキサイトモバイル1,370円1,470円1,600円2,950円5,450円7,680円10,680円14,500円
BIGLOBEモバイル1,400円1,600円2,150円3,400円5,200円7,450円
LINEモバイル1,200円1,690円2,220円2,880円3,220円
イオンモバイル1,130円1,280円1.380円1,580円1,980円2,680円3,280円4,680円6,080円7,980円10,800円
とくとくBB SIM1,480円1,970円3,110円
NURO mobile1,400円1,600円1,800円2,000円2,200円2,400円2,600円2,800円3,000円
FREETEL1,199円1,600円2,220円2,840円3,170円4,380円5,570円7,680円10,100円12,500円

※契約前に必ず各公式サイトでご確認願います。


「よく分からないから使わない」のが一番もったいない!

いかがでしたか?あなたに合う格安SIMはありましたか?

格安SIMの契約数は年々増加しています。それに伴って、これからどんどん新しいサービスやプランが出てくるでしょう。

「よく分からないから今のまま」で無駄なお金を払い続けるのは、もったいないですよね。

格安SIMの分からない点や不安な点は、オンラインで気軽に問合せができます。気になるところがあれば、今すぐ! ホームページを覗いてみてくださいね。