還元率の良いイメージ
クレジットカードをお得に使うためには、カードの還元率が重要。どんなに年会費が無料でも、還元率が低いとポイントもなかなか貯まりません。今回は還元率が高くてお得なカード5枚をご紹介します。

貯まるポイントも還元率も、カードによって違う

クレジットカードには、様々なポイントサービスがついています。Tポイントや楽天スーパーポイントなどよく知られたポイントサービスのほかに、永久不滅ポイントといったカード会社独自のものも。

貯まったポイントは現金と同じように支払いに利用したり、商品券やマイルなどに交換して利用することが可能です。

また、還元率もカードによって違います。多くのカードで還元率は0.5%ですが、中には1%以上のカードも。早速、どんなカードがあるのか見てみましょう。

還元率1.2%:年会費無料で高還元率のリクルートカード

年会費無料で還元率1.2%のクレジットカードです。貯まるのはリクルートポイント。リクルートポイントはHotPepperやじゃらん、ポンパレモールといったリクルートの各種サービスで利用できるほか、Ponta提携店舗で利用することもできます。

例えばリクルートカードで毎月5万円、1年間で60万円利用した場合、もらえるポイントは60万円×1.2%で7,200ポイント。1ポイント1円相当なので、7,200円分も貯まることになります。

ただでさえ還元率が高いリクルートカードですが、リクルートのネットサービスを利用すると更にポイントアップ! じゃらんやHotPepperビューティー、クーポンサイトのポンパレなどでは2%加算されて3.2%に。インターネット通販のポンパレモールで利用すると、3%加算されて還元率は4.2%にもなります。

ETCカードも年会費無料。ただし、新規発行手数料としてVISAの場合は1,000円必要です。もちろん、ETCの利用分もポイントの対象になります。家族カードも年会費無料。家族カードで利用した分は本会員のポイントとして合算されます。

リクルートの各種サービスやPontaを利用する人なら持っておきたい1枚ですが、これらのサービスを利用していない人にはあまりメリットはありません。海外旅行保険もついていますが、旅行代金などをリクルートカードで支払った場合にのみ適用される利用付帯です。

リクルートカードについて詳しくはこちら
還元率1.2%! リクルートカードの評価と注意点

還元率1.0%:楽天でポイントアップの楽天カード

楽天カードは年会費無料、還元率は1%です。楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルなど、楽天の各種サービスで利用可能。サークルKなど、楽天ポイント提携店でも利用することができます。

リクルートカードの場合同様、月5万円、年間60万円利用した場合は通常の還元率で6000ポイントもらえます。楽天市場で利用すると還元率は+3倍で4%に。楽天市場のモバイルアプリ利用で更に+1倍というように、組み合わせ次第で最大7倍にもなります。

カードを利用すると「利用速報メール」が届くのも便利。万が一不正利用されてしまった場合でも、すぐ気づくことができますね。

ETCカードは年会費として540円必要。ただし、楽天市場の会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員であれば年会費は免除されます。ETCの利用料金も100円につき1ポイント貯まります。家族カードは年会費無料です。

楽天ユーザーなら持っておきたい楽天カードですが、こちらも海外旅行保険は利用付帯です。

また、カードを作ると、楽天からのメールマガジンが頻繁に届くようになります。配信については自分で設定できますが、ちょっとした手間だったりします。

入会時にポイントがたくさんもらえますが、期間限定ポイントが含まれます。せっかくもらったのに、いつのまにか失効していた・・・なんてことにならないよう、気を付けてくださいね。

楽天カードについて詳しくはこちら
CMでもおなじみの楽天カードってどんなカード

還元率1.0%:Tポイントが貯まるYahoo!JAPANカード

こちらも年会費無料で還元率1%のカードです。このカードで貯まるのはTポイント。街中でも使えるお店を見かけることが多いのではないでしょうか。Yahoo! の各種サービスやソフトバンクなどでも利用できます。

こちらも年間60万円の利用で6000ポイント貯まります。Yahoo! ショッピングやLOHACOで利用すると3倍の3%に。更に、5のつく日はポイント5倍! これらのサービスを利用するなら、持っておきたい1枚です。

また、手続きをすればTSUTAYAのレンタルカードとして利用することも可能。複数のカードをまとめることができるので、お財布の中もスッキリさせられますね。

家族カードは無料ですが、ETCカードは年会費540円が必要。また、このカードには海外旅行保険がついていません。別途、海外旅行保険が自動付帯のカード(エポスカードやJCB EITなど)があれば良いでしょう。

海外旅行保険についてはこちらも参考に
海外旅行保険で最強の「年会費無料クレジットカード」とその注意点

Yahoo! Japanカードについて詳しくはこちら
還元率1.0%! Yahoo! Japanカードってどんなカード?

還元率1.0%:若者限定! 三井住友VISAデビュープラス

25歳以下なら持っておきたいカードが、三井住友VISAデビュープラスカードです。

18歳から25歳限定のカードですが、還元率は通常(0.5%)の2倍の1%。さらに、入会から3か月間は5倍になり、還元率は2.5%に!

年会費も1,250円ですが、初年度は無料。さらに、翌年度以降も年1回のカード利用で無料になります。金額の条件はありません。1回利用すれば少額でも無料になるのは嬉しいですね。実質年会費無料と言えるでしょう。

ETCカードは年会費540円ですが、ETCカードを年に1回でも利用すれば翌年は無料になります。家族カードも年会費が必要ですが、1人目は初年度無料。翌年度以降は年3回の利用で年会費が無料になります。

最短3営業日で発行。26歳以上になれば三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動ランクアップ! 三井住友VISAゴールドカードを狙っているならば、持っておきたいカードです。もちろん、クラシックカードに切り替えることも可能です。

年齢制限があるので、該当しない場合は申し込めないのがデメリット。また、利用枠も最大80万円までと低めです。海外旅行保険もついていません。

貯まったポイントは商品券や様々なポイントサービスと交換することもできるので、年齢が合えば使いたいカードです。

三井住友VISAデビュープラスカードについて詳しくはこちら
初めての一枚にも! 若いあなたにオススメのクレジットカード

還元率1.0%:使い方によっては1回払いも使えるJCB EIT

こちらは年会費無料、還元率1%のリボ払い専用カードです。海外旅行保険が自動付帯なので、利用しなくても持っているだけで十分なカードと言えます。

ETCカードも家族カードも無料ですが、リボ払い専用のカードなので利用するには注意が必要。JCB EITはリボ払いの初回手数料が無料になりますが、2回目以降は有料になります。リボ払いは手数料が高いため、いくら還元率が1%でも結果的に損してしまう可能性大なのです。

これを防ぐには、月々の支払額を限度額の上限いっぱいに設定すること。これにより、実質1回払いのように利用することができます。

還元率が高いほど、カードはお得に利用できる

いかがでしたか?
これまであまり還元率を気にせずカードを作っていたなら、一度、カードを見直してみてください。還元率は高ければ高いほど、ポイントが良く貯まります。

もちろん、ポイントを貯めても使い道がなければ意味がありません。あなたのライフスタイルに合った、お得なカードを見つけてくださいね。