海外旅行イメージ
クレジットカードについている海外旅行保険。年会費が有料のゴールドカードは自動付帯の場合がほとんどですが、年会費無料で自動付帯のカードもあるんです。ここでは海外旅行保険の面からオススメのカードから、海外旅行保険の注意点までご紹介します。

海外旅行保険では項目に注意

クレジットカードに付帯する海外旅行保険には様々な項目があります。

クレジットカードの広告で、海外旅行保険の補償額がよく
「最高〇〇万円まで補償!」
と書いてあります。

多くの場合この金額は傷害死亡・傷害後遺障害の場合に支払われる金額。
海外で事故や火災などに遭って死亡したり、障害が残った場合に支払われるもの。
実はこの死亡や障害って、実際はほとんど起きないって知ってましたか?

本当に大切なのは、この他の項目。

怪我や病気を治療した際の「傷害・疾病治療保険金」
他人に怪我をさせたり、他人のものやホテルの物を壊したりしたときの「賠償責任保険金」
手荷物を盗まれたり、破損した場合の「携行品損害保険金」
そして、入院した場合に家族が現地に駆け付けた際の渡航費などを補償する「救援者費用保険金」といったものです。

海外旅行保険で重要なのは「傷害・疾病治療保険金」

海外旅行保険で請求の多い項目が何だと思いますか?

大手旅行代理店のJTBが2015年7月に発表した「2014年度 海外旅行保険事故データ(2014年4月〜2015年3月)」によると、

  • 1位は「治療・救援費用(45.9%)」
  • 2位は「携行品損害(34.9%)」
  • 3位は「旅行事故緊急費用(16.5%)」

となっています。

つまり、一番重要なのは傷害・疾病治療保険金

最大補償額ではなく、本当に利用する可能性が高い項目の補償内容を重視することが必要なんです。

日本の健康保険もある程度は支給される

例えば海外で盲腸の手術を受けると、国によっては200万円〜300万円かかる場合があります。

この金額がそのまま全額自己負担にはなりません。海外で治療を受けても、診断書など必要な書類を揃えれば日本で加入しているの健康保険の支給を受けることができます。

ただし全額支給されるわけではありません。日本の健康保険で支給されるのは、あくまで日本の標準的な医療費の金額しか支給されません。だから多くの場合、日本の健康保険だけでは不足してしまうのです。
海外の治療費の支給イメージ

そこで、海外旅行保険が必要なのです。

カード複数持ちで補償額を合算する

海外旅行保険で大切な「傷害・疾病治療保険金」ですが、クレジットカードの海外旅行保険では多くて200万円。これだけでは不足する心配があります。

そこでおすすめなのは、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードを複数持ちすること。

一般的にクレジットカードに付帯する海外旅行保険では、疾病・傷害治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用は各カードの補償額が合算されます。

例えば疾病・傷害治療の補償額が200万円のカードを2枚持っているなら、200万円+200万円で400万円まで補償されるというわけです。

しかし、傷害死亡・傷害後遺障害の場合は異なります。これは最も高い保険金額が限度。補償額が最高1,000万円と最高2,000万円のカードを2枚持っている場合、2,000万円が限度となります。

もう1つ注意すべき点として、同じ会社のカードを複数枚持っている場合は、合算できない場合があるということ。カード会社によって異なるため、確認が必要です。

クレジットカードの保険では、全てをカバーできるわけではない

クレジットカードについている保険にはいくつか注意点があります。

この注意点を知らないと、保険を利用したくても利用できない! なんて可能性も。注意点をしっかり把握しておくことが大切です。

1.病気死亡は補償対象外

まず病気による死亡の場合は補償の対象になりません。これは全てのカードに共通すること。事故による死亡と比べると可能性はかなり低いと思いますが、どうしても心配なら他の保険に加入した方が良いでしょう。

2.保険の適用条件に注意する

次に注意したいのは、保険の適用条件。これには「自動付帯」と「利用付帯」の2通りがあります。

自動付帯とは、カードを持っているだけで保険が適用されるもの。一方の利用付帯は、ツアー代金や空港までの移動に使った電車やバスなどの運賃をカードで支払った場合などに適用されるものです。

利用付帯の場合、保険が適用になる利用条件はカードによって異なります。いくら補償内容が充実していても、利用付帯に気付かずそのまま海外へ行ってしまうと、保険金は支払われません。手元にあるカードが自動付帯なのか利用付帯なのか確認しましょう。

3.保険の適用期間は90日間の場合が多い

保険の適用期間も限られていて、ほとんどのカードで1旅行につき90日間となっています。通常の旅行であれば問題ないと思いますが、留学などで90日を超える場合は別の保険に加入することをオススメします。

4.医療費キャッシュレスサービスの有無にも注意

医療費のキャッシュレスサービスについても注意が必要です。

医療費キャッシュレスサービスとは、現地の医療機関を受診した際に現金で支払う必要がないサービスのこと。これがなければ、現地でかかった医療費は自分で立て替えなければなりません。海外での医療費は高額になるため、立て替える必要のないキャッシュレスサービスは重宝しますね。

ただし、サービスのあるカードを持っていてもいきなり病院に行ってキャッシュレスになるわけではありません。事前にカード会社に連絡してキャッシュレス対応の病院を教えてもらい、受診するという流れになります。

年会費無料で海外旅行保険が充実したクレジットカード

以上の注意点もふまえて特にオススメのクレジットカードは、エポスカード、JCB EIT、横浜インビテーションカードの3枚です。

エポスカード

項目 備考
年会費無料
適用条件自動付帯
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療200万円1事故の限度額
疾病治療270万円1疾病の限度額
賠償責任2,000万円1事故の限度額、
免責なし
救援者費用100万円1旅行・保険期間の限度額
携行品損害20万円1旅行・保険期間の限度額、
免責3,000円
キャッシュレスサービスあり

年会費無料ながら傷害治療保険は200万円、疾病治療保険なら270万円まで補償。ゴールドカード並みの補償内容です。

海外で怪我などした場合、エポスカード海外旅行保険事故受付センターへ連絡すると、キャッシュレスに対応した病院を紹介してもらえます。もちろん日本語対応です。

自動付帯のカードなので、持っているだけで保険の適用になります。

横浜インビテーションカード

項目 備考
年会費無料
適用条件自動付帯
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円1年間の限度額
携行品損害20万円1旅行かつ1年間の限度額、免責3,000円
キャッシュレスサービスあり

こちらも年会費無料で、傷害・疾病治療保険が200万円となっています。キャッシュレスサービスにも対応。こちらも自動付帯なので、お財布入れておくだけでOKです。

JCB EIT

項目 備考
年会費無料
適用条件自動付帯
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療100万円1回の事故につき
疾病治療100万円1回の病気につき
賠償責任2,000万円1回の事故につき
救援者費用100万円
携行品損害20万円1旅行中、1年間で100万円限度、
免責3,000円
キャッシュレスサービスあり

傷害・疾病治療保険は100万円と他の二つに比べると少額になりますが、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のリボ払い専用カードです。

怪我などの場合は日本語安心サービスに相談すると、日本人医師や最寄り病院の紹介、キャッシュレス治療の手配をしてくれます。

この3枚のクレジットカードを所有した場合、傷害治療保険は500万円、疾病治療保険なら570万円まで補償額が増えます。

年会費無料で自動付帯なので、実質タダでこれだけの補償がつくのは嬉しいですね。

一方、利用付帯にはなりますが、年会費無料で補償内容が充実しているカードもあります。

楽天カード

項目 備考
年会費無料
適用条件利用付帯
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円
携行品損害20万円免責3,000円
キャッシュレスサービスなし

補償内容は充実していますが、利用付帯であること、キャッシュレスサービスに対応していない点には注意が必要です。

楽天カードについて詳しくはこちら
CMでもおなじみの楽天カードってどんなカード

もう少し補償額を増やしたいのであれば、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがオススメ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

項目 備考
年会費3,000円税抜
適用条件自動付帯
傷害死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
賠償責任3,000円免責1,000円
救援者費用200万円
携行品損害30万円免責3,000円
キャッシュレスサービスあり

年会費は3,000円(税抜、初年度無料)ですが、自動付帯で安心の補償内容です。

カードの保険も活用すれば、保険料を節約できる

このように、クレジットカードについている海外旅行保険も意外と侮れないんです。利用付帯でもツアー代金や空港までのバス代、電車代などをカード払いにすれば、保険が適用されます。

もちろん、カードの保険だけではカバーできない部分もあります。不安な場合は不足分をカバーするために保険会社の保険に加入することをオススメします。

カードの保険も上手に利用しながら保険代を節約して、海外旅行を楽しんでくださいね。