車イメージ
車を利用するなら持っておきたいのがETCカード。高速道路などをキャッシュレスで利用でき、クレジットカードのポイントも貯まるという便利なカードです。ここではETCカードがお得に使えるクレジットカードをご紹介します。

ETCカードには年会費がかかるものもある

クレジットカードに年会費があるように、ETCカードにも年会費が存在します。いくら便利に使えても、年会費がかかるのはちょっとなぁ・・・と思う人もいるかもしれませんね。

そんなあなたにオススメなのは、やはりETCカードの年会費が無料のもの。年会費が無料のETCカードって実はたくさんあるんですよ。早速、どんなカードがあるのか見ていきましょう。

完全無料ながら割引があるお得なカードも

まずはクレジットカードもETCカードも、完全に無料のカードから。還元率の高いカードや、特定日の高速道路通行料金が割引になるカードなど、年会費無料ながらお得なカードがたくさんあります。

還元率の高さが魅力のリクルートカード

還元率が1.2%ととても高いのが特徴。貯まったポイントはPontaポイントと交換できるほか、リクルートの各種サービス(じゃらんやHotPepperなど)で利用できます。

年会費は無料で、ETCカードもJCBだと無料。
VISAを選ぶと、ETCカードの新規発行手数料として1,000円必要です。

リクルートカードについて詳しくはこちら
還元率1.2%! リクルートカードの評価と注意点

各種イオンカードもお得

イオンカードは種類がとても多いのですが、いずれも年会費は無料で還元率は0.5%です。

数あるイオンカードの中でも、今回はETCカードが自動付帯で、高速道路などの通行料金が割引になるカードをご紹介します。

イオン首都高カード

ETCカードを利用すると、毎週日曜日の首都高通行料が5%オフになるカードです。さらに、首都高パーキングエリアでの買い物でカードを利用すると、ポイントが5倍になります。

「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」といって、ETCゲートでバーに衝突して車を損傷してしまった場合に、年一回、一律5万円のお見舞金が支払われる制度もあります。

もちろん、イオンカードの特典である「イオンお客様感謝デー(毎月20・30日にイオン系列店舗でカードの利用、提示で5%オフ)」や「イオンお客様わくわくデー(毎月5のつく日にイオン系列店舗でのカード利用でポイント2倍)」といった特典もついています。

イオンTHRU WAYカード

こちらは毎週日曜日の阪神高速料金が5%オフになります。阪神高速パーキングエリアの店舗で利用すると、ポイントは10倍に!

こちらのカードにも「イオンお客様感謝デー」や「イオンお客様わくわくデー」といったイオンカードの特典も、もちろんついています。

イオンNEXCO中日本カード

毎月20・30日のETCを利用した走行で、ポイントが2倍になるカードです。2017年1月31日までは、毎日2倍になるキャンペーンも実施しています。さらに、イオンNEXCO中日本カードでたまったポイントは、ETCの走行分に交換可能! 高速道路をお得に通行できますね。

また、NEXCO中日本エリアのSA・PAで利用すると、ポイントが2倍に。このエリアの高速道路を使う機会が多い人なら、持っておきたい1枚です。

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油と提携しているカードです。入会時、コスモ石油での給油50リットルまで10円引きになる特典付。通常の給油も会員価格になるのでお得です。

「イオンお客様感謝デー」、「イオンお客様わくわくデー」にも対応しています。

エポスカード

還元率は0.5%と普通ですが、分割、リボ払いの場合のみ2倍になります。

補償が充実した海外旅行保険が自動付帯なので、海外に行くことが多い人ならお財布に入れておくだけでもメリットのある1枚です。

JMBローソンPontaカードVISA

ローソンやローソンストア100では還元率2%にもなるカードで、Pontaポイントが貯まります。その他通常の利用だと1,000円につき5ポイントです。

PontaポイントはJALのマイルに交換したり、リクルートの各種サービスでも利用できます。

横浜インビテーションカード(ハマカード)

全国23万件以上の優待サービスがあり、海外旅行保険も自動付帯のカードです。優待サービスはホテルや映画館、居酒屋や美容室、リラクゼーションサロンなど、幅広いジャンルの施設で受けることができます。

ファミマTカード

Tポイントが貯まるクレジットカードです。

通常の還元率は0.5%ですが、毎週火曜・土曜日はファミリーマートでカードを提示すると3倍の1.5%に、カードを利用すると5倍の2.5%に! 1か月間の利用額に応じて翌月のポイントレートが変わる「ファミランク」というサービスも行っています。ファミリーマートを頻繁に利用するなら持っておきたいカードですね。

もちろん、ETC利用でもTポイントが貯まります。

完全無料ではないけれど、条件を満たせば無料で利用できるカードも

最後にもう1つ、車を持っていれば必ず利用するガソリンスタンドと提携しているカードをご紹介します。

ENEOSカード(C・P・S)

こちらはクレジットカードの年会費が1,250円+税。初年度無料で、翌年度以降も金額は問わず、年1回の利用で年会費が無料になります。とても簡単な条件なので、実質年会費無料と言えるカードです。ETCカードの年会費ももちろん無料です。

ENEOSカードは内容によって、3種類のカードに分けられます。いずれのカードにも、ENEOSのロードサービスが付いています。

ENEOSカード C

キャッシュバックタイプのカードです。毎月の利用金額に応じて、ENEOSでのガソリン・軽油が最大7円/L引きになります。

ENEOSカード P

こちらはポイントタイプのカード。一般加盟店での還元率は0.6%ですが、ENEOSだと還元率は3%に! ポイントの有効期限は2年間で、貯まったポイントはENEOSでキャッシュバックできます。

ENEOSカード S

こちらはスタンダードタイプで、ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き、灯油はいつでも1円/L引きになるカードです。ポイントも貯まります。

ETCカードはサブカードにするのがおすすめ

このように、ETCカードがお得に利用できるクレジットカードには、様々な種類があります。

ただし、メインとして利用するには還元率がやや弱いともいえます。

当サイトでは、メインカードは還元率1%以上の年会費無料カードにすることをおすすめしています。
それは、

の3枚のどれか。

ETCなどでお得なカードは、サブカードとして利用するとポイントは効率よく貯まります。