家族のイメージ
夫婦などでクレジットカードを作る場合、個別にカードを作る方法と家族カードを作る方法の2通りがあります。個別カードと家族カードって、一体どちらがいいのでしょうか?今回は家族カードのメリット・デメリットをみてみましょう。

家族カードにはたくさんのメリットがある

家族カードとは、クレジットカードの会員が自分の家族用に発行できるカードのこと。一般的に、本カードより年会費がお得で、利用額は本カード会員に一括して請求される場合がほとんどです。カードの名義は家族それぞれになります。

この家族カードには、たくさんのメリットがあるんですよ。

メリット1.年会費がお得

たとえば、年会費2,000円のクレジットカードがあったとします。夫婦で個別にカードを作ると、年会費は2人分で4,000円になりますよね。

家族カードの場合は本カードよりも年会費が安く、中には無料のものも。仮に、家族カードの年会費が半額なら、二人で3,000円。無料ならば2,000円で済みます。

また、ゴールドカードなど年会費が1万円以上するような場合も、家族カードなら年会費は半額程度のものが多いです。

メリット2.本カードの付帯保険などが適用される

クレジットカードには、様々な保険がついています。これらの保険はあくまでも、本カード会員のみに適用されるもの。しかし、家族カードがあればその保険の範囲を家族まで広げることができるんです。

たとえば、海外旅行保険。補償内容が手厚いものになると年会費もそれなりに高くなりがちなので、個別にカードを持つと年会費もかなり高くなってしまいます。しかし、家族カードなら年会費を抑えながら、保険の適用を受けることができるのです。

旅行に行く機会が多い家族などは、家族カードを作ることをオススメします。

海外旅行保険とクレジットカードについてはこちらも参考に
海外旅行保険で最強の「年会費無料クレジットカード」とその注意点

メリット3.カードを作る際、審査に通ることが多い

クレジットカードを作るときは、申込書の記載内容などをもとに審査が行われます。

クレジットカードは、カード会社が代金を立て替え、後からあなたがカード会社に利用額を支払う仕組み。そのため、あなたにちゃんと返済能力があるのかどうか、どのような資産を保有しているのかなどを審査するのです。

カードによっては審査基準が甘いものもありますが、専業主婦や学生など継続した収入がない人は審査に落ちてしまう場合もあるんです。

ところが、家族カードの場合は別。本カード会員の情報をもとに審査されるんです。滞納などなく、通常の使い方をしていれば通ることがほとんど。なので、通常のカードで審査が通らなくても、家族カードなら通ることが多いのです。

メリット4.請求が一括で、家計の管理がしやすい

カード利用額を支払う場合の口座は、本人名義の口座と指定されている場合がほとんどです。そのため、家族がバラバラにカードを持っていると、請求も引き落としもバラバラに。家計管理も一苦労ですよね。

家族カードの場合、利用金額の請求・引き落としは本カード会員にまとめられます。共働きでない夫婦など収入源が1つしかない家族の場合、お金を移し替えたりする手間が省けるので楽ですね。

メリット5.ポイントが貯まりやすい

家族カードの場合、カード利用によって取得したポイントは本カード会員にまとめて付与されます。家族カードは請求が一括なので、金額も多くなり、結果的にポイントが貯まりやすくなるのです。

また、利用額が多いとポイントアップとなるようなカードも。個別にカードを持っていると利用額も少なくなりがち。家族で使うとポイントアップの機会も増え、よりお得になります。

メリット6.家族にゴールドカード保有者がいれば、メリットは大きい

ゴールドカードなど、いわゆるステータスカードは誰でも持てるものではありません。しかし、海外旅行保険の補償内容やポイントの優遇など、あったらいいなと思うことはありますよね。

家族カードならこういったゴールドカードの特典を、ほぼ同じように受けることができます。そのうえ年会費も半額から無料のものまで! ゴールドカードを個別に持つよりはるかにお得なので、オススメです。

家族カードにはデメリットもある

このようにメリットが多い家族カードですが、もちろん良いことばかりではありません。家族カードのデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

デメリット1.明細がまとめられ、家族に知られてしまう

家族カードは明細がまとめられるため、いつ何にいくら使ったのか、家族に知られてしまいます。知られても構わない人も多いと思いますが、場合によっては知られたくないこともありますよね。

まとめられることで管理はしやすくなりますが、ちょっとした喧嘩のタネになってしまう場合もあります。

デメリット2.限度額はみんなで共有

クレジットカードには限度額が設定されています。本カードの限度額が100万円だった場合、家族カードを持つ全員で100万円となります。

家族カードを持つと利用額も増えるので、限度額が低いカードの場合はすぐに利用できなくなってしまうことも。カードで大きな買い物をする場合などは注意が必要です。

デメリット3.きちんと管理が必要

クレジットカードは利用しても目に見えてお金が減るわけではありません。そのため、きちんと管理しないと、家族の誰かが収入に見合わないような高額な買い物をしてしまう可能性も。

返済が滞ると信用問題にもかかわり、最悪の場合、カードが失効したり住宅ローンなどが組めなくなってしまうこともあります。家族間で月々の利用額を決めるなど、しっかり管理するようにしましょう。

うっかりして口座に金額が足りなかっただけでも、許してもらえません。カード事故扱いになると、あなたの滞納情報が信用情報機関で共有され、全国のクレジット会社や金融機関に知られていまいます。

デメリット4.発行枚数は限られる

家族カードは何枚でも作れるわけではなく、最大枚数が限られています。申し込めるのも、本カード会員と生計を同一にする配偶者、親、18歳以上の子ども(高校生は除く)です。

また、家族カード1枚なら年会費は無料だけど、それ以上は有料という場合も。申し込む前にはよく確認することが必要です。

カードが作りにくい学生や専業主婦がいれば、家族カードはオススメ

このように家族カードにはデメリットもありますが、それ以上にメリットがたくさんあります。

カードによっては家族カードが作れないものもありますが、作れるカードが手元にあれば、是非一度検討してみてください。家族カードの良さを活用して、家族みんなでお得に使ってくださいね。

年会費無料で還元率が高いお得なカード

年会費無料で、家族カードも年会費無料のクレジットカードもあります。

なかでもポイント還元率が高いのはこの3枚

いずれも今なら入会するだけでポイントがもらえます。

また海外旅行保険で最強なクレジットカードはこちらを参考に
海外旅行保険で最強の「年会費無料クレジットカード」とその注意点